ちょっとUCカードで、カードが偽造(要するにカード情報が盗まれた場合)の補償の記載がないということがわかり、色々調べてみています。

基本的にカード発行会社で見てます(名前は違っても同じDC発行だったりします)

三菱UFJニコス(全ブランドにて偽造補償有り)

□MUFJカード:偽造補償有り

MUFGカード個人会員規約

>第17条(カードの盗難、紛失時、偽造カードを使用された場合の責任の区分)

>項目4:偽造カードの使用に係るカードの利用代金は、本会員の負担とはなりません。


□DCカード:偽造補償有り

DC個人会員規約

>第14条(カードの紛失、盗難事故の場合の責任と免責、再発行、偽造等)

>項目3:偽造カードの使用に係るカードの利用代金は、会員の負担とはなりません。


□NICOSカード:偽造補償有り

NICOSカード会員規約
>第12条(カードの盗難・紛失・偽造等)

>項目5:偽造カードの使用に係るカード利用代金については、本人会員は支払いの責を負わないものとします。


JCBカード(偽造補償有り)

JCB会員規約
>第41条 (偽造カードが使用された場合の責任の区分)

>項目1:偽造カード(第2条第1項に基づき両社が発行し当社が会員本人に貸与するカード以外のカードその他これに類似するものをいう。)の使用に係るカード利用代金については、本会員の負担となりません。


AMEX(盗難・紛失時のみ?)

会員規約

>第6条(カードの紛失・盗難、不正使用)
>項目2:基本カード会員は、承諾したと否とにかかわらず会員本人以外の者によるカードの利用またはカード情報の使用(本条において「不正使用」といいます。)から生じたカード利用代金等をすべて支払うものとします。
>項目3:前項の規定にかかわらず、カードの紛失、盗難などについて本条第1項の届出がなされた場合においては、その届出を当社が受け取った日から遡って60日目以降に生じたカードの不正使用については、基本カード会員は、支払責任を負わないものとします。

ダイナースクラブ(偽造補償有り)
ダイナースクラブカード/SuMi TRUST CLUB カード会員規約
>第19条(カードの紛失、盗難、偽造およびカード再発行
>項目3:偽造カードの使用に係るカード利用代金については、会員は支払いの責を負わないものとします。
スポンサーサイト
 

東京メトロのクレジットカードの「東京メトロ To Me CARD」

PASMOとクレジットカードが一体になっていて、PASMOのオートチャージや、定期券をクレジットカードの背面に印刷し、定期券としても使用することが出来るクレジットカードです。

が、クレジットカード自体の使用の還元率は低い(0.5%)ため、交通系ICのオートチャージを目的としたクレジットカードではビューカード(Suicaチャージで1.5%還元)のほうがおススメです。

しかし、これはあくまで「東京メトロ以外」を使用するときの話。
このTo Me CARDは東京メトロのクレジットカードのため、東京メトロの乗車でクレジットカードのポイントとは別に「メトロポイントPlus」という乗車ポイントのサービスがあります。

メトロポイントPlusって?

メトロポイントPlus。要は乗車ポイントです。

これはクレジットカードの種類により変わり、付与ポイントは以下の通りです。
ゴールドカード:平日20ポイント、休日40ポイント
Prime:平日10ポイント、休日20ポイント
ソラチカカード:平日5ポイント、休日15ポイント
一般カード:平日2ポイント、休日6ポイント

この付与ポイントに関しては、1乗車ごとに付与されるため、165円区間でも、308円区間でも同一のポイント付与です。
貯めたポイント1ポイント=1円でPASMOにチャージが出来ます。

また、ソラチカカードの場合90%でANAマイルに交換できるため、土日の場合最高165円で13.5マイルに交換でき、マイルで8%近い還元は非常に魅力的です。

貯まる条件

このメトロポイントPlusの乗車ポイントですが、「改札機で入出場した際に、東京メトロ線を使用していると判断された際」に付与されます。

なので、実際に東京メトロ線に乗ったのに付与されない場合と、乗ってないのに付与される場合もあります。

付与される条件を確認してみました。

東京メトロ線で入出場・・・ポイント付与◎
これに関しては問題なくポイントが付与されます。
例:日比谷線 秋葉原 入場 → 日比谷線 中目黒 出場

また、JR常磐緩行線との併用になっている「北千住⇔綾瀬」間ですが、「北千住⇔綾瀬」のみを乗車した場合は、東京メトロ線を乗車したことになり、ポイントが付与されます。
しかし、それ以降まで乗車した場合、全線JR線を乗車したことになり、ポイント付与はされません。

東京メトロ線を経由して入出場・・・ポイント付与◎
これに関してはどういうことかというと、直通先同士で入出場した場合です。
例:東武東上線 川越 入場 → 東急東横線 横浜 出場(東京メトロ副都心線経由)

基本的に、改札で入出場した場合に付与され、例えば一部区間で回数券などを使用して窓口で清算した場合は、ポイント付与されません。
例:副都心線 池袋 入場 → 東急東横線 横浜 出場(東横線区間を回数券を使用するため、窓口で東京メトロ分の運賃の精算を実施)

東京メトロに乗車していないのにポイント付与対象
IC乗車券の場合、「改札を出ない場合の最安運賃」が引き落とされることになっています。
そのため、一部区間では東京メトロ線に乗車しない場合でも、東京メトロ線に乗車したとみなされてポイントが付与されます。
例:JR線 北千住 入場 → JR線 中野 出場(JR線運賃より東京メトロ線運賃の方が安価なため、東京メトロ線を経由したものとして精算されます。)

東京メトロ線に乗車したのにポイント付与されない

逆に東京メトロ線に乗車したのに、東京メトロ線に乗車したとみなされずにポイントが付与されない場合があります。

それは、朝夕のみ行われている東京メトロ東西線の津田沼までの直通電車を使用した場合です。

規約により、西船橋の中間改札を通さずに東京メトロ線から直通で乗車した場合、全線JR線を使用したとみなされます。

その為、東京メトロ線を乗車したとみなされず、ポイント付与されません。

例:JR線 高円寺 入場 →(東西線経由・西船橋直通)→ JR線 船橋 出場


まとめ

最近ソラチカカード作ったので気になったので調べてみた個人的なメモみたいになっちゃいましたが、基本的に普通に乗ってる限りは気にしなくていいと思います。

でも、回数券などとの併用の際はお気をつけて。

 

秋葉原の各店舗でのクレジットカードや電子マネーの利用可否だとかまとめてみません?

EXCELとか作ってみたのでGoogleアカウントがある人は書いてくれると嬉しいです。
秋葉原 クレジットカード・電子マネー決済


 

結構身近にも居るんですが、クレジットカードを多分作れるであろう属性なのに作らない人。
なんで?と聞くと色々理由を言われるのですが、個人的にその理由に対する意見を書いてみようと思います。

使い過ぎそうで怖い

これ多くの人から言われます。お金の管理があんまり出来ないから、使いすぎるのが怖いと。だから自分は現金orデビットカードを使っています。という人。


正直人により使い過ぎの程度は違うと思いますが、そういった使い過ぎを防ぐために、クレジットカードには限度額というものがあります。


最低だと10万円程度になるかと思いますが、枠が10万円というのは、基本的には口座引き落としで使用した額を返済するまで解放されません


なので、枠10万円であれば例えば今月に5万円使ったら、翌月は支払日まで基本的に(繰り上げ返済とかすれば別ですが)5万円しか使えません。この程度の金額であれば、「使いすぎ」にはならないと思います。


そもそも将来的にもお金の管理が出来ないと色々困ると思うので、ある意味管理の勉強にもなるのでは・・・


不正利用が怖い

もし失くしたら・・・とか不正利用されたら・・・とかいう人。

個人的には財布を無くしたとして現金とカードならカードのほうがよっぽど安全な気がするのですが気のせいでしょうか?


現金であればその現金の効能をなくすことは不可能ですが、カードなら停止を直ぐ行うことで、タダのプラスチックの板にすることが可能です。


また、不正利用が怖いという人。基本的によほどの過失が無ければ、不正利用されたものは保障されると思います。


リボとかに勝手になってて高額な利息が請求されたりしてという話を聞く。

ええ勝手に・・・なることなんてないと思うんですが。

リボに勝手になってるとかいうのって以下のような事例だと思うんですよね。

①最初からリボ専用(ファミマTとか)

②キャンペーンで後からリボみたいのに登録したことすら忘れている


要は「よく注意事項を読む」ということを怠ってるだけだと思うので、気にしないほうがいいと思います。


作れるなら作っておくに越したことは無い。

個人的にはこの意見です。今作れるなら1枚でもいいので作って、定期的に使用しておくのが将来的にも色々良いと思います。


例えば話題の格安スマホ(MVNO)などへの乗り換えをしようとしても基本的にクレジットカードが使用できないと契約できないところが多いです。(OCNなどの例外はありますが)

また、その時になって急いでクレジットカードを作ろうとしても、多くは申し込みから審査、到着までタイムラグがあり、使いたいときに使うことができないという事態にもなりかねます。


取りあえず発行できる属性の人であれば1枚でも発行して使ってみましょう。

特に金銭管理が上手くできないと思っている人。将来のためにも低限度額のカードで金銭管理ちゃんとできるようにしておいたほうがいいと思いますよ・・・


 

outlet_401hw.png

Y!mobileのアウトレットで401HWがお安く出ています。
何故か広告の一括購入価格が間違っていて、実際には一括9,720円のようです。

プランは5GB使える「Pocket Wi-FiプランSS」で、キャンペーンでずっと7GB使えます。
そしてすでにY!mobileの回線があれば複数割引で540円引きで使用可能です。

そして肝心の維持費なのですが、これ2年間は月額割引が効くのですが、3年目は無くなってしまい一気に値段が上がります。なので、2年目の更新前に解約してしまう想定で計算してみました。

新規手数料:3,240円
一括購入価格:9,720円
月額料金:928*24=22,272円
解約金:10,260円

合計:45,492円
これを24で割ると1895.5円ですね。

昼の時間でも遅くならないMNO回線が2年間実質1900円程度で使用できるのであれば結構良いのではないのでしょうか?

安いデータ回線が欲しい方は参考にどうぞ。