最近欲しい端末もなかなか無いのですが、Meizu MX6が出たのでMX5の置き換えしようということで購入。
正直搭載SoCがHelio x20で1999元は高いような気もしますが…



まず外装です。箱が今までの平べったいのではなく、iPhoneみたいな高さのあるものになりました。てか上面がそれっぽい。。






こちらが中身と付属品です。ACアダプター(MTK PE対応)、USB Type-Cケーブル、そしてSIMピンです。



では本体を見ていきましょう。まずは上…多分ここだけ見たらiPhoneだとしか思わなそうですね…。 そして下は指紋センサー兼ホームボタンとなります。また、このボタンは押し込むとホームボタンですが、タップすると戻るキーになります。

国内だとFREETELのREIみたいな感じです。たしかこの機能はMX5から搭載されてた気がします。





上部には何もなし、右側面には電源と音量、左側面にはSIMトレー(デュアルスロット)、下面にはUSBポートとスピーカーがあります。



そしてこちらが背面のカメラ。画素数は確か13MPくらいだったはずですが、なんかP9とかS7edgeより綺麗だということ。
誰か同じもの撮って比較してみたいですw
では次回は内部的なレビューします~。
スポンサーサイト
 

banner.jpg

MEIZUのスマホってバンド的に日本で使えるものでは同じ型番でも2種類あるって知ってました?
末尾が「M」の物と、末尾が「U」の物。ちょっと2種類手に入れる機会が有ったので、日本で使うにはどっちでもいいのですが、何が違うのか確かめてみました。

まずこれ「M」と「U」の違いですが、「M」が「公开版」で移动と联通のLTEと3Gに対応していて、「U」が「联通版」で联通のLTEと3Gに対応しているというのが公式的見解になっています。

日本で使える3G、LTEに関してはどちらも対応は同じなので、日本で使う分にはどっちを買っても使えるバンドは変わりありません。

①外箱
P50925-101923.jpg

P50925-102021.jpg

表面と、開けた所では特になんか違いは有りません。

P50925-102057.jpg

P50925-102105.jpg

P50925-102131.jpg

こちらが裏ですが、裏の表記に一部差異が有ります。上が「M」で、下が「U」なのですが、一部対応周波数の表記が異なっているのが分かると思います。

②内部的な違いは?
では外箱は見たので次は中の情報を確認していこうと思います。まずはengineermodeで対応しているバンドを確認します。

S50925-093754.jpg

まずはFDDモードでの対応確認ですが、見ての通りMもUも対応しているバンドは全く同じです。箱の差異は何だったんでしょうか。

S50925-093839.jpg

次にTDモードの対応確認です・・・がこれも全く同じですね。

③まとめ
正直今回確認した限りでは違いが分かりませんでした。一応初期に入れられているFWは違いますが、どちらも変えることもできますし、多分違いはないんじゃないでしょうか・・・?
 

おいMX5とMX4の比較レビューの続きはまだかよ・・・とか、
おいM2 Mini自体のレビューが先なんじゃねーのかよ・・・とか

そういうご意見が非常にあるかと思いますが、取り急ぎさっさと記事にできるものだったので記事にしました。
まあ表題通りなのですが、今回キャンペーンでmineoを契約し、今月だけSMSなしのIIJとSMSありのmineoという組み合わせで所持しているのでお互いに検証してみました。

①まず認識するの?
まず肝心なのは認識するかどうか、SMSなしでもありでも問題なく認識します。以前はSMSなしのSIMでは全くデータ接続できませんでしたが、Flyme 4.5以降でしょうか?ベースバンドが変わったのか繋がるようになっています。

そしてMeizu M2 miniはデュアルスロットですが、両方にSIMを差し込んでも認識します。同時の待ち受けは出来ないので、設定から切り替える必要がありますが・・・(約10秒くらいで切り替わります。auとかソフトバンクSIMでも確認したいところ)

SIM1(SMSなしのSIMで接続)

S50909-003437.jpg

SIM2(SMSありのSIMで接続)
S50909-004509.jpg

②じゃあ安いSMSなしのSIMで良いよね?
まあ正直全く使えないという訳ではないので、少しでも安くしたいのであればSMSなしので良いかもしれませんが、今回SMSありのSIMを差し込んで分かったことが有ります。それは4Gへ上がる速度の差。

上の画像でも出ていますが、SMSなしの物はH(3G)、SMSありの物は4Gになっていますよね。これSMS有りのは切り替え後すぐに4Gに接続されるのですが、SMSなしの物はかなりの時間置いておかないと4Gに切り替わってくれません。4Gに固定しても圏外表示になってしまいます。

S50909-005225.jpg


セルスタンバイ自体は大体6%位なので、SMSなしでもあんまり気にすることはないと思いますが、4Gに中々上がらないというのを気にする人ならSMS有りを、別に気にしないって人ならSMSなしを選ぶといいと思います。

また、SMSなしの物でも一度4Gに上がれば基本的にはずっと4Gに繋がっていますので最初だけって感じですね。

他の人のブログでもMVNOの検証をしていますが、M2 miniじゃなくMX5だからなのか、ちょっと挙動が異なっているようです。
Meizu端末を購入する際に気を付けること(MVNO編)  【ReaMEIZUさん】
 

遅くなりました。やっと書く時間が出来たので書いてみたいと思います。

取りあえず今回はMeizu MX4との比較として、簡単な外観比較と、写真の撮り比べをしてみました!

DSCF3064.jpg

左がMX4で右がMX5です。MX4のが横幅が広く、MX5のが横幅が狭くなってますが長さが長くなっています。
持った感じですが、MX4のが2グラム軽い(MX4:147g/MX5:149g)なのですが、薄くなっているからかMX5のが軽く感じます。

そしてMX4 Proを間に置いたらこんな感じになります。
※フォロワーの雪華(@setsu_may)さんにお借りしました。

DSCF3066.jpg

MX4 Proがやはり一番大きいですね。(そして重い・・・)また、これを見てわかるかと思いますが、MX4 ProとMX5はホームボタンが物理ボタンになっていて、そこが指紋センサーになっています。

以前MX4 Proも持っていましたが、MX4 Proの指紋認証は正直あまり精度が良くなく、使う気にあまりなりませんでした。
しかし、MX5の指紋センサーは非常に精度が良く、普段使いに非常に便利に使用できています。(登録に結構時間かかりますが・・・)

また、ホームボタンが戻るボタンも兼ねており、タップで戻る、押すとホーム扱いになります。(正直SmartTouchばっかり使うのであまり使いませんが・・・)


ではお次に画面の比較です。(でも正直カメラで撮影しているので明確に判断できない気もしますが・・・

DSCF3069.jpg

実際に見比べた感じ、さすが有機ELといったところで、発色はMX5のが断然いいです。白っぽくもないですし・・・

DSCF3070.jpg
DSCF3071.jpg

上がMX5で、下がMX4になっています。横から見た際にもMX4は若干色が変わる(白っぽくなる)が、MX5ではそれほど気になりません。

そしてかなり差が有ったのが色温度調節機能。

DSCF3068.jpg

自分は基本的に暖色にしているのですが、MX4で一番暖色にすると黄色というより赤くなってしまってます。ですが、MX5では問題なく暖色になっています。

では最後にMX4とMX5で同じ唐揚げをオートモードで撮影した写真を載せておきます。

↓MX5
P50726-204811.jpg

↓MX4
P50726-204847.jpg

↓参考 FinePix F900EXR
DSCF3073.jpg

個人的にはMX4のが美味しそうに撮れてる気がします。でも実際の物に近いのはMX5でしたね。そしてFinePix F900EXRのが一番実際の色に似ています。

では今回はこの程度で~。次回はソフトウェア的な比較をしていこうと思います。
 

Flyme 4.5からAndroid 5.xになり、Xposedがそのまま入れられなくなりました。

端末エミュレータなどからも入れられるのですが、今回簡単に入れられるアプリを見つけたので紹介します。

「魅化UI」というアプリなのですが、Google Playにはないので、公式のAppCenterで「魅化UI」と検索してください。





まず、Xposedの導入方法です。

S50627-102037.jpg

囲われているところを選択します。

S50627-102105.jpg


この画面になったら下の下載を選択し、ダウンロードが完了したら開く…それだけです。



すると自動的に再起動が掛かるので、起動完了まで待っていてください。
※ブート中に何度も再起動掛かりますが、異常ではありません。

起動完了後、Xposedを開くとこんな感じで導入完了していると思います。





またこのアプリですが、他にもアンテナバーのデザインを変えたり、フォントを変えられたりと色々便利なので、MEIZUユーザーは入れておいて損はないと思います。









あともともとサクサクなのであまり使うことがないとも思いますが、MX4 Proの解像度をFHD+に切り替える機能もあります。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。