最近フォロワーさんからMT6580機を頂いたのですが、初期化だとかカスタムリカバリを焼くためにFlashToolで焼いていたら案の定IMEIが綺麗さっぱり消え去ってしまいました。

MediaTek機自体は過去に色々買っているのですが、最近はMeizuの物が多く、FlashToolで焼くことが無かったので情報を調べていなかったのですが、そこでハマりました。

過去に買ったMTKのSoC・・・。
MT6572
MT6580
MT6589
MT6592
MT6595
Helio X10
Helio X20

このうち、MT6580を除くMT65xx系と、それ以降のHelio(MT67xx系)で仕様が異なり、以前のIMEI書き戻しツール(MTK Droid Toolや、MTK Uncle Tool)でIMEIの復元が不可能になっていました。

MT6580は名前的にはMT65xx系に思えますが、2015年製のSoCで、内部的にはMT65xxの方法が使用できませんでした(スペック的にはMT6582によく似てるんですけどね)

正直SIMを挿す予定も無かったので、実害は無いのですが
気になるので復元方法を探してみることに。

最初に見つけたのが、Engineering Modeからの復元方法。
GSRPからIMEIを書き込めるとの情報がありました・・・が。そんな項目はなく。

次に「Connectivity」タブの「CDS Information」という項目からの方法。
これも期待したのですが、該当の項目がありませんでした。

ということで色々パソコンを使う方法含め調べていく中でやっと見つけたのがDownloadモードから書き込む方法。FlashToolで焼く時と同じですね。

ROMを焼いたらIMEIが消えた。

Screenshot_20160101-210031.png

正直MediaTekの端末だと良くあるのが実情。こんな感じにIMEIが消え去り、通信が出来なくなってしまいます。

Downloadモードからの復元方法

まずは以下から書き換えツールをダウンロードしてください。
SN_Writer_Tool_v1.1632.00.rar

DownloadモードはVolの↑もしくは↓を押しながら電源を入れ、USBを接続すると認識します。

復元ツールの実行
中に入っている「SN Writer.exe」を実行してください。起動すると以下のような画面が表示されます。
2016021701.png

「Target Type」に関しては、CDMA2000非対応の端末の場合は「Smart Phone NO C2K」を選択してください。

モデムファイルの読み込み

上の画像の「System Config」を開くと、以下のような画面が表示されます。IMEIの復元の際には、以下の画像と同じように選択してください。

2016021703.png


ここでハマったのが下のDBの選択。これなんだと探しました。

そして色々調べて見つけた答えが、FlashToolで焼くときに使用するROMの中のファイルでした。


「BPLGUInfoCustomAppSrcP_MT6580_S00_MOLY_WR8_W1449_MD_WG_MP_V57_P5_1_wg_n」

→MD1_DB

「APDB_MT6580_S01_alps-mp-m0.mp1_W16.31」

→AP_DB


上記のようなファイルが、ROMの中に入っていると思います。それらを選択して「Save」してください。


IMEIの書き込み

設定が完了したら、「Start」を選択してください。

2016021704.png


すると、以下のようにIMEIの入力画面が表示されます。ここに本体などを見てIMEIを書き写して、「OK」をクリックします。


2016021705.png


OKをクリック後、問題がなければIMEIの書き込みが行われます。再起動し、確認してみてください。

スポンサーサイト
 

最近日本でもMediaTekのLTE対応機がどんどん出てきていてとても嬉しい限りです。
理由としてMediaTekの端末はメーカー問わずバンド固定、接続バンドの確認ができます。
今回はその方法を紹介していこうと思います。

EngineerModeへの行き方


MediaTekの端末でバンド固定や接続バンド確認をするためにはEngineerModeという専用のモードに入らなくてはなりません。
入り方はいたって簡単。
ダイヤラで

*#*#3646633#*#*

と入力すると多くの端末はEngineerModeに推移すると思います。

もし推移しない場合は、QuickShortcutMaker(ショートカットツール)というアプリでEngineerModeを探して起動してください。

S51119-231140.jpg

EngineerMode対応状況


FREETEL 雅
Acer Liquid Z530 (アクティビティから行く必要あり)
UPQ A01
Meizu MX4
Meizu MX5
Meizu M2 Mini

バンド固定方法


EngineerModeに入ったら、一番左の「Telephony」という画面にある「Band Mode」を開きます。

S51119-231204.jpg

Band Modeに入ったら、対応してる周波数、バンドにチェックが入っているので、固定したいバンドのみにチェックを入れてください。
また、Band1とBand19のみ、Band3とBand19のみなど、複数に固定することも可能です。



また、ここで対応してる周波数も確認できます。例えば、WCDMA-800にチェックが入っていない場合はFOMAプラスエリア非対応です。

接続バンド確認(LTE)


MediaTekの端末では元々3Gの接続バンドは見れていましたが、LTEは後から対応したので別の個所に確認メニューが出来ています。

先ほどのEngineerModeを開いた時のTelephonyに戻り、今度は「LTE Infomation」を開いてください。

S51119-231204_2.jpg

そしたら一番下の「EL1」にチェックを入れ、右上の…をタップして「Check Infomation」をタップしてください。
※端末によって「Check Infomation」が表示されず、空白のボタンが出る場合が有ります。

S51119-231227.jpg

他にも色々メニュー有りますが、正直よくわかっていません・・・。誰か教えてほしいです。
開くとこんな感じで沢山表示されますが、代表的な物だけ記載しておきました。

S51119-231233.jpg

接続バンド確認(3G)


正直LTEよりややこしいです。まずは先ほどと同じようにTelephonyに戻り、今度は下の方の「NetworkInfo」をタップしてください。

S51119-231254.jpg

色々表示されるので、下の方の「3GCsceEMServCellSStatuslnd」にチェックを入れ、右上の…をタップして「Check Infomation」をタップしてください。
※端末によって「Check Infomation」が表示されず、空白のボタンが出る場合が有ります。

S51119-231303.jpg

開くとまた色々なのが出てきますが、Bandの所に接続中のバンドが表示されます(今はLTE接続の為表示されていません)

S51119-231312.jpg

このとてもいい機能。潰されなきゃいいですが・・・(SoCの方のベースに入ってるので基本的にほとんど入っていますが)
 

最近日本でもMediaTekのLTE対応機がどんどん出てきていてとても嬉しい限りです。
理由としてMediaTekの端末はメーカー問わずバンド固定、接続バンドの確認ができます。
今回はその方法を紹介していこうと思います。

EngineerModeへの行き方


MediaTekの端末でバンド固定や接続バンド確認をするためにはEngineerModeという専用のモードに入らなくてはなりません。
入り方はいたって簡単。
ダイヤラで

*#*#3646633#*#*

と入力すると多くの端末はEngineerModeに推移すると思います。

もし推移しない場合は、QuickShortcutMaker(ショートカットツール)というアプリでEngineerModeを探して起動してください。

S51119-231140.jpg

EngineerMode対応状況


FREETEL 雅
Acer Liquid Z530 (アクティビティから行く必要あり)
UPQ A01
Meizu MX4
Meizu MX5
Meizu M2 Mini

バンド固定方法


EngineerModeに入ったら、一番左の「Telephony」という画面にある「Band Mode」を開きます。

S51119-231204.jpg

Band Modeに入ったら、対応してる周波数、バンドにチェックが入っているので、固定したいバンドのみにチェックを入れてください。
また、Band1とBand19のみ、Band3とBand19のみなど、複数に固定することも可能です。



また、ここで対応してる周波数も確認できます。例えば、WCDMA-800にチェックが入っていない場合はFOMAプラスエリア非対応です。

接続バンド確認(LTE)


MediaTekの端末では元々3Gの接続バンドは見れていましたが、LTEは後から対応したので別の個所に確認メニューが出来ています。

先ほどのEngineerModeを開いた時のTelephonyに戻り、今度は「LTE Infomation」を開いてください。

S51119-231204_2.jpg

そしたら一番下の「EL1」にチェックを入れ、右上の…をタップして「Check Infomation」をタップしてください。
※端末によって「Check Infomation」が表示されず、空白のボタンが出る場合が有ります。

S51119-231227.jpg

他にも色々メニュー有りますが、正直よくわかっていません・・・。誰か教えてほしいです。
開くとこんな感じで沢山表示されますが、代表的な物だけ記載しておきました。

S51119-231233.jpg

接続バンド確認(3G)


正直LTEよりややこしいです。まずは先ほどと同じようにTelephonyに戻り、今度は下の方の「NetworkInfo」をタップしてください。

S51119-231254.jpg

色々表示されるので、下の方の「3GCsceEMServCellSStatuslnd」にチェックを入れ、右上の…をタップして「Check Infomation」をタップしてください。
※端末によって「Check Infomation」が表示されず、空白のボタンが出る場合が有ります。

S51119-231303.jpg

開くとまた色々なのが出てきますが、Bandの所に接続中のバンドが表示されます(今はLTE接続の為表示されていません)

S51119-231312.jpg

このとてもいい機能。潰されなきゃいいですが・・・(SoCの方のベースに入ってるので基本的にほとんど入っていますが)
 

なんかTD-SCDMA対応してるのにバンド表示されないって話をされて確認したら見つけた機能。

TD-SCDMAとW-CDMA版で分かれているMeizu MX4でも切り替え可能でした(が、実網を掴めていないのでホントに使えるかは不明)

取り敢えずメモ代わりにやり方を書いていきます。

まずは、何でも良いのでEngineerModeを起動させます。



そしたら一番下の「World Phone」を選択してください。



開くとこんな画面が表示されます。
多分「Auto Switch」になってると思うので、これを「TDD CSFB Modem」にして「Set」をタップ。

すると10秒くらい待たされるので待ちましょう。

そして終わってから「BandMode」を選択するとこんな画面に



China Unicom版のMeizu MX4なのにTD-SCDMAの設定がでています。

ちなみに何も設定しないとこんな感じ。W-CDMAの設定がでます。



中国行って確認したいですねこれ。

追記
MT6732のElephone P6000にはない模様。MT6595だけ?
 

オクタコアの次はエニアコア(10コア)ですか。。。

そしてさらにはドデカコア(12コア)。

ドデカコア。ギャグみたいですがそうみたいです。

他社がbig.LITTLEでオクタコアを実装していく中A7のオクタコアで作ったMediaTekならあり得なくもない気がしますが。

(Cortex-A57とCortex-A53のbig.LITTLEはまだまだ問題ある感じですし・・・)

今のところ、Cortex-A53のクアッド、オクタコアが出ているので、単純に考えるとCortex-A53の10、12コアでしょうか?

でも12コアとかAndroid対応してるのでしょうかね・・・。

Source:消息称联发科正研发10-12核处理器