なにが「たまたまかも」??
しかももうこの検証結果って一か月以上も前の物なんですがねぇ・・・。

短いですがちょっといい加減にイライラしたので記事書きました。
イライラした理由は確実に「たまたまかも」ですね。そんな事書く位なら使わなきゃいいのに。
スポンサーサイト
 

次こそiPhone…品質でつまずいたAndroidスマホとドコモの憂い

上の記事で以下の文面があります。
先日、NTTドコモの春商戦向け発表会でドコモの関係者と立ち話をしていたら、彼がこんな本音を漏らした。

「最近、困ったことに『Androidの品質が悪い』という理由でiPhoneを購入する人が増えているんですよ……」

いやいや、それ自業自得でしょう。

只でさえCPUが非力で重たい頃に、重いUIを載せるメーカー。
そしてそれにGOサインを出してしまったキャリア、そしておまけに重い電池食うアプリを入れるドコモ。

正直Galaxy S(SC-01B)まではまだマシでした。なぜなら海外メーカーだから。
問題はSH-03Cからの国内悲惨端末たち。T-01Cとかの。

で、それらの発売日が2010年の12月です。それの二年縛りが終わるのが去年12月。
今まで重く、バグも多く、イライラするものを2年も使ってきました。

さてそんな人たちがまたAndroidを選ぶでしょうか?最近の端末を触って買う人も居るかもしれません。

でもAndroidなんかに見切りをつけてiPhoneに行く人が多いでしょう。
ソフトバンクやauであればiPhoneがありますので、機種変、もしくは価格重視でMNPするかもしれません。
でもそういう人はまた2年経ったら戻ってくるでしょう。ではドコモは?無いからみんな居なくなります。

で、その原因を作ったのは誰か?ドコモ自身でしょうに。
今までのツケが回ってきただけです。

また、スマホだけではなく、国内メーカーはパソコンでも要らないソフトをたんまり入れる傾向があります。
パソコンなら消せます。でもスマホは標準じゃ消せません。2.3以前は無効にもできませんでした。
パソコンと全く同じことをやってる国内メーカーも問題なんですけどね。

実際国産機がまともに使えるようになったのは、ICS以降だと思います。
要らないアプリを無効にできるようになりましたからね。

まとめ。
自分たちが品質を悪くしてるのに、iPhoneのせいにして逃げるな。
 

ワンセグ。皆さんご存知の携帯向けのテレビですね。

ワンセグ自体は2006年よりサービス開始されており、間もなく7年となります。
今では国内キャリアのほとんどの携帯、スマホ、タブレットに搭載されています。

・・・が。コレ解像度QVGAです。320x240。
開始時点での携帯電話はガラケーのみで、液晶はQVGA(WQVGA)、サイズは3インチ以下で
QVGAでもアナログより鮮明で、ノイズもないと良かったのですが。
※各キャリアの最初のワンセグ搭載機種はW33SA(au)、905SH(SoftBank)、P901iTVで
各キャリアとも最初で最後のアナログ/ワンセグテレビ搭載端末でした。

さて話を今に戻して、今現在はスマホが主流で少なくとも4インチ以上、大きいものは5インチ
解像度も最低でWVGA、物によってはFHDの物もあります。

正直画質がスマホでも限界です。そうなのにタブレットで10.1インチで見れますか?
細かい文字なんてほぼ潰れて見れないと思います。

ちなみに今現在キャリアから出ている端末でフルセグ対応はソフトバンクの202HWのみ。
これは主に契約者数水増し要員のフォトフレームですね。

しかし契約数水増し要員の為か、SIMが入っていないと1/4の大きさになるというのが残念。

あとは問題はB-CASカード。一時期色々話題になりましたが、問題はこれがないと
フルセグが見れないんですね。現に202HWには入っています。

で、問題は大きさ。小さいものだと通常サイズのSIMと同じくらいになってますが、
ICの読み取り機とか必要になり、その分大きくなります。

タブレットであればそのくらいのスペース確保も容易かと思いますが、
スマホではなかなか大変でしょう。もっと小さくorチューナーにプログラム書き込み等で
小型化できればいいかと思います。なのでタブレットだけでもそろそろ搭載してくれませんかね?
 

今回は各社のCMを見て、意見を言っていこうかと思います。

①NTT DoCoMo
まずはドコモから。ドコモに関しては以前記事を書いているので、そちらをご覧ください。
最近やってるXiのCM・・・
あと上記記事を書いた時にはありませんでしたが、前の記事でも書いた詐欺エリア問題。
速度は百歩譲るとして、これだけは許せませんね。

②SoftBank
多分これが最新のCMでしょう。

はい。ELT→LTEとしてるCMですね。
まずこれ二つ意見があります。まずはELTをLTEとしていること。
本人は了承しているのでしょうけども、ファンはどう思ってるのでしょうかね?

もう一つは、これはあくまで「4G LTE」のCMです。Android向けは「4G」と別サービスです。

※「4G」と「4G LTE」はエリアも速度も、対応機種も違います。
↑ここ重要。あくまでこのCMはiPhone5で使用されている「4G LTE」のCMであって、
Androidで使用されている「4G」のCMではない。ここ注意です。

ソフトバンク的には4G≒4G LTEですので勘違いしないように。
では軽く比較してみましょう。「4G/.4G LTE」として見てください。

対応端末:4GAndroid機、ULTRA WiFi 4G/iPhone5
通信規格:AXGP(TD-LTE)/FDD-LTE
使用周波数:2.5Ghz/2.1Ghz ※数値の小さい方が建物等の奥まで届く。
最大通信速度(下り):110Mbps/75Mbps ※110Mbps対応は102HWのみ
最大通信速度(上り):10Mbps/25Mbps
最大通信速度対応エリア:全域/一部
エリア展開↓※ちなみに簡単に言えばエリアに関しては4G<4G LTE
今年度末政令指定都市人口カバー率100%予定/今年度末全国実人口カバー率91%予定

まあこんな感じでしょうか。同じキャリアなのにカバー率の
比率が違うのはどういうことなんやら。まあ数値を低く見せたくないんでしょう。
下記の三つならどれがよく見えるかって話です。※スマホだと見づらいかもしれません。

政令指定都市人口カバー率※1100% 実人口カバー率※296%  人口カバー率※375% 
※1)政令指定都市人口カバー率は、全国政令指定都市の市役所および特別区(東京23区)の区役所が所在する地点における通信が可能か否かをもとに算出しています。
※2)全国を500m四方単位に区分けしたメッシュのうち、当社サービスエリアに該当するメッシュに含まれる人口の総人口に対する割合です。
※3)「人口カバー率」は、市町村の役場が所在する地点における通信が可能か否かを基に算出しています。

これ見てピンと来た人も居るかもしれません。これAndroidでの各社のLTEのカバー率です。
左からソフトバンク、au、ドコモとなっていますが、一見ソフトバンクがよく見えますが、
小さな文字で色々書いてありますね。よくパンフレットでもある表記です。
ちなみにエリア的には「au>ドコモ>ソフトバンク」です。あくまでAndroidでは。

段々ソフトバンクの話から変わってきてるので戻しますが、
要は田舎も飛ばしてる「4G LTE」の肩書を利用して、「4G」も同じだと誤認させたいのでは?
あくまで「4G LTE」のCMです。「4G LTE」を使えるiPhone5以外のスマホ。あるんでしょうか?

③au by KDDI
最新はこれでしょうか?

すみません。よく意味わかりません。このCM。なんかイベントのCMみたいですけど・・・。

ってことでこっちのCMでお話したいと思います。

まあとにかく早いってのを言いたいこのCM。エリアに関しては触れてませんね。
(iPhoneの件もあるからなんでしょうか・・・?)エリアに関して言っていたら意見もありますが
言っていないのでとりあえず意見無しですね。

あとこちらでも一応。auの「4G LTE」はiPhoneとAndroidではエリアが違います
基本はAndroid>iPhoneです。Androidで入ってもiPhoneでは入らない可能性もあります。

ちなみに周波数はAndroidが800Mhz/1.5GhzでiPhoneが2.1Ghzです。
Android重視のau、iPhone重視のソフトバンクって感じですね。

④EMOBILE
最新のCMはこれになっています。

まずこのCM。会社に戻ってデータ(メール)を送るという設定になっています。
よく考えてください。めっちゃはやい対象は上り回線でしょうか?

まさかあんな遅くなって、3Gとほぼ変わらない下り回線の事言ってませんよね?
上りなら確実に3Gより早いですので問題ありませんが。

送るならアップロードですからね。このCMの売り文句はあくまで「上り回線
CM中でも、「データ送信完了」と出てますし。「受信」してませんよね?
なのであのCMを見て、下りが遅いと文句を言うのは筋違いですね。

という事でこのCMは上り速度の事を言っているってことで問題ないでしょうか?
以前のCMでは下り速度の事を言っていたようなので・・・。

⑤WILLCOM
最近CM見ませんね。一応CMギャラリーでショッカーに掛けるってのがありますが・・・。
これテレビでやってるんでしょうか?見たことありません。てかCMがネタに走ってるような・・・。

正直もう売りがほぼない感じですね。「PHS」という規格だけですし。ある意味売りは。
最初は良かった通話料無料。今はスマホのアプリがあるので要らなくなり。
それ以前に1450円程度あれば今では同キャリア同士では無料になりますし。

他キャリアへの通話10分まで無料で980円。これもスマホのアプリで、
アプリ間ならキャリア問いませんしね。しかもアプリは無料です。

なんかもうアンテナをAXGP共通にして、完了したら無くなりそうで怖いですね。
アンテナの場所という資源しかあまり価値のないような。

あとは二台目三台目無料でソフトバンクグループの契約者水増し要員とか。

全てはスマホによって「定額話し放題」というのがあんまり価値の無くなった事が原因でしょうね。
メール定額も今スマホの人であればほとんどパケット定額でしょうし。

 

今現在全部のキャリアから(WILLCOM除く)から出ているLTEですが、
正直まともなキャリアがないような気がするんですが。一つずつ紹介していきます。

①NTT DoCoMo
まずドコモから。正直遅いのは加入数の問題があるので百歩譲って許すとして。
問題は最近から始まった「詐欺エリア」問題。

何が詐欺か。エリアマップでエリア内なのにエリアじゃないんですよ。
ちょっと前までのエリアマップではエリアでなかった場所までエリアになったのは良いのですが、
「実際にはエリアではない」所までエリアに入れているという現実。

エリアマップを見て、検討したりするものなので、これは大問題かと。
エリアマップは過小表記くらいで丁度良いんです。

確実につながる場所」だけエリアマップにしてください。

②SoftBank
次に前々から言ってるソフトバンクです。ソフトバンクの問題は、
LTEなのに今でも動画規制を行っている」という事。緩和はされたようですが、
まだされているようです。無制限の裏にはこの様な規制があったりするって話です。

動画見れなきゃ7GBなんて逆に行きませんよ。スマホでLinuxのISOとか落としたりしないでしょうし。

あ、あとこれ。7GB制限の4G(Android)回線でもやってたりするんですよねー。
7GB規制されてる上に、動画規制。動画規制するなら7GB撤廃するべきですね。
まーあのiPhone優遇しまくってるソフトバンクがやりそうにもありませんが。

そういえば最近のCM。「4G LTE」のCMであって「4G」のCMではないと思うのですが、
「あのスマホでも」さて。「4G LTE」対応なのはiPhone5しかないと思うんですがね。
「あのスマホ」ってなんなんでしょうか?「4G LTE」対応のね。

あと4Gのデータ契約が7GB制限になったようですよ。
でも1.5Ghz帯とAXGPではEMOBILEよりエリア狭いと思うんですけどね。「速度だけ」は出ますが。

③au by KDDI
auに関してはこちらも前々から言ってますが、2.1Ghz帯の問題。
市町村を並べただけ」の「エリアマップ」という名のただの「エリア表
掲示されている市の端から端、全域使えるんでしょうか?
まあ誰も検証なんてしないでしょうから、あのまま放置されそうですけれどもね。

ちなみに800Mhz/1.5Ghz使用のAndroidのLTE。こちらに関しては文句なしです。

④EMOBILE
ドコモではしょうがないと言いましたが。こっちは加入者全部(LTE以外含め)400万人で
ドコモのXi(LTE)契約者の半分なのにあの速度はなんなんですか?
mpwの計測結果統計を見ると精々10Mbpsが限度って感じです。
正直3Gのe-mobile.ne.jpとあまり変わらないのが現状ですね・・・。

正直18.75Mbpsの基地局は今では無くなっているのでしょうか?調べてほしいですよね。
まあ、価格が3,880円ってのがあまり強く言えない理由ですけども。


・・・というわけで全部個人的な意見です。
今LTE対応端末を買うならAndroidなら今のところ問題のないauがおススメです。
iPhoneは・・・規制あってもいいならソフトバンク、嫌なのであれば、
何らかの形でLTEのエリア内というのを確認した上で、auのiPhone5を購入を勧めます。

でも一つ言えること。今はAndroidならau一択です。でもあくまで、「今は」なのでご注意を。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。