そろそろ出そろってきたのでまとめてみました。情報が更新されたら随時追加していきます。
ちなみにCPUの性能的にはA9>A7>A5です。同じクアッドでも全然性能が違うのでご注意を。

①瑞芯微(RockChip)

・RK3188
ベース:Cortex-A9
コア数:4コア
周波数:1.8Ghz(もしかしたら1.6Ghzかもしれません)
プロセス:28nm HKMG
GPU:Mali-400MP4 533Mhz

②晶晨(AMLogic)
・AML8726-M8
ベース:Cortex-A9
コア数:4コア
周波数:2Ghz
GPU:Mail-450 MP6(MP8?)
プロセス:28nm

③全志(Allwinner)
・Allwinner A31
ベース:Cortex-A7
コア数:4コア
周波数:1Ghz
プロセス:40nm
GPU:SGX544MP2 (8コアと言っているサイト等ありますが2コアです。intelのスレッドのような感じですね。)

・Allwinner A31s
ベース:Cortex-A7
コア数:4コア
周波数:1Ghz
プロセス:40nm
GPU:SGX544MP2
※A31との違いは対応画面解像度、対応動画再生解像度など。
A31sというSoCが出てきました。


④炬力(Actions)
・ACT-ATM7029
ベース:Cortex-A5(もしかしたらCortex-A5かもしれない
コア数:4コア
周波数:1.5Ghz(もしかしたら1.2Ghzかもしれない
プロセス:40nm
GPU:GC1000(2コア)/Mali-400←Ramosが発表の時にMaliだって言ってたけど端末出てこない。

GPUはほぼGC1000で確定かと。現にAinolから出てきていますし。
Ramosのサイトは更新されていないし、レビューも出てきてない。はてさて発売されるのか?

・ACT-ATM7025
ベース:Cortex-A5
コア数:4コア
周波数:1.0Ghz(正確には1.1Ghz?
プロセス:40nm
GPU:GC1000(2コア)

ATM7029の廉価版と思われます。CPUのクロック数が1Ghzになっていて、
今のところ搭載機種はAinol Novo7 Venus LiteとRamos W41のみ。

・ACT-ATM7023A
ベース:Cortex-A5
コア数:2コア
周波数:1.1Ghz(シングルコアでの最高周波数が1.1Ghzらしい)
プロセス:不明
GPU:不明

⑤SAMSUNG
・Exynos4412
ベース:Cortex-A9
コア数:4コア
周波数:1.4Ghz/1.6Ghz
プロセス:32nm
GPU:Mali-400MP4 450Mhz

⑥Freescale
・i.MX6 Quad
ベース:Cortex-A9
コア数:4コア
周波数:1.2Ghz(正確には996Mhzらしい)
プロセス:40nm
GPU:GC2000(4コア)

⑦NVIDIA
・Tegra3 T30
ベース:Cortex-A9
コア数:4コア
周波数:1.4Ghz (シングルコア時は1.5Ghz)
プロセス:40nm
GPU:GeForce(12コア) 520Mhz

・Tegra3 T30L
ベース:Cortex-A9
コア数:4コア
周波数1.2Ghz (シングルコア時は1.3Ghz)
プロセス:40nm
GPU:GeForce(12コア) 416Mhz

⑧北京君正集成电路股份 (Ingenic)
・JZ4780
ベース:MIPS Xburst
コア数;2コア
周波数:1.5Ghz←CESでの展示機が1.5Ghzだったようなので、1.5Ghzかと思われます。
GPU:SGX540
プロセス:40nm

ARM勢力がクアッド全盛期にデュアルで出てきたMIPS陣営。本気で安くないと売れないような気がしますが・・・。

⑨联芯科技(LeadCore)
・LC1810
ベース:Cortex-A9
コア数:2コア
周波数:1.2Ghz
GPU:Mali400 400Mhz
対応規格:TD-HSPA+/GSM+GSMの同時待ち受け対応
※TD-HSPA+は下り4.2Mbps/上り2.2Mbps
プロセス:40nm

・LC1813
ベース:Cortex-A7
コア数:4コア
GPU:2コアのGPU
プロセス:40nm

⑩上海盈方微电子股份(infotmic)
・iMAPx15
ベース:Cortex-A5
プロセス:40nm
コア数:2コア
周波数:1.2Ghz
GPU:Mali-400 500Mhz(400Mhz?)



●以下コメント(随時追加予定)
5/26
①色々追加していなかったので追加しました。追加は下記に記載。
ATM7023A/LC1810/LC1813/iMAPx15

②ATM7025のベースが間違えていたので修正
修正前「Cortex-A9」→修正後「Cortex-A5」

5/12
AML8726-M8を追加しました。取りあえず発表時には良いけど実際出てきたら・・・
ってならない様に祈っています。

3/23
A31sを追加。まあ7インチタブレットでは1280x800のが主流だし、問題ないんだろうな。

2/6
A31に関しての表記修正しました。しかしATM7029はAntutuの結果も相応になってしまいましたね。

2/3
ATM7029はA9ですらないかもしれません。

2/1
RockChipだけは信じていたんですけどね・・・。頼むから間違いであってほしいです。
※追記
CubeのU30GT2も1.6Ghzだったので間違いではなさそうですね。ちょっとガッカリです。
また、ATM7025は逆に実際の方が周波数高いという結果に。てかみんな公称と違うじゃん・・・

1/26
ATM7029は1.2Ghzの可能性有りですね。そりゃAntutuも低いわけだよ・・・。

1/15
ATM7029の惜しい感が半端ない。CPUが良くてもGPUが弱いから、RK3066とあまりAntutu変わらないし。
ATM7029はCPUが4コアでGPUは2コア。RK3066はCPUが2コアでGPUが4コア。4+2も2+4も同じ6だからね。
まあ単純に比べて良いものじゃないだろうけど。あとGC1000ってデュアルコアじゃないの?
なんか4コアGPUって書いている所があるけども、公式資料もDual Coreって書いてあるような・・・。

あとはMIPSはもっと早く出てきてほしかった。
スポンサーサイト
 

こんな記事にできてしまうほどみんな違っていますorz

①瑞芯微(RockChip) RK3188
公称1.8Ghz→実際1.6Ghz
まさかRockChipまでも・・・?RK3188は1.6Ghzかもしれない

②全志(Allwinner) Allwinner A31
これはCPUの周波数ではないですが・・・。GPUのコア数ですね。
公称8コア→実際2コア
ちなみに周波数は1Ghzとなっています。AllWinner A31は1Ghz駆動?

③炬力(Actions) ATM7029
公称1.5Ghz→実際1.2Ghz
ACT-ATM7029は1.2Ghz駆動なのかもしれない

ってかまずA9ですらないのではないか説↓
ACT-ATM7029はCortex-A5のクアッドかも?

④炬力(Actions) ATM7025
公称1Ghz→実際1.1Ghz
ACT-ATM7025は1.0Ghzではなく1.1Ghz駆動?
これはちょっと不思議ですね。1.1Ghz駆動なら1.2Ghzと表記しそうなものなのに。

⑤Freescale i.MX6 Quad
公称1.2Ghz→実際996Mhz

みんな揃って何かしら違いますね・・・。でもなんで正確な数値出さないんでしょうね。
 

前MT6589との比較しましたが、今回はRK3188との比較です。
不等号でも示していますが、性能の良い方が太字になっています。

商品名:A31/RK3188
ベース:A31(Cortex-A7) < RK3188(Cortex-A9)
CPUコア数:A31(Quad) = RK3188(Quad)
CPUクロック数:A31(1Ghz) < RK3188(1.8Ghz)
GPU:A31(SGX544MP2) > RK3188(Mali-400MP4)
対応動画解像度:A31(2160p) > RK3188(1080p)
プロセス:A31(40nm) < RK3188(28nm)

まとめていうと、以下の通りになります。
とにかく動画の再生性能が重要→Allwinner A31
スペック重視→RK3188
A31はRK3066程度のCPU性能しかなさそうですので。

逆にそこまで動画に凝らない人であればRK3188一択ではないでしょうか?
A31は動画再生性能"だけ"は良いですが、他は残念すぎるので・・・。
RK3188でもRK3066を見る限り、ある程度の動画は問題なく見れるかと思いますので。
 

一個前の記事で、ちょっと触れましたが、まとめてみました。
不等号でも記していますが、良い方を太文字で表しています。

名称:A31/MT6589
ベース:A31(Cortex-A7) = MT6589(CortexA7)
CPUコア数:A31(4Core) = MT6589(4Core)
CPUクロック数:A31(1Ghz) < MT6589(1.2Ghz)
GPU:A31(SGX544MP2) > MT6589(SGX544MP)
対応動画解像度:A31(2160p) > MT6589(1080p)
プロセス:A31(40nm) < MT6589(28nm)

他にも載せてほしいものあればコメント欄にてお願いいたします。
結論的には、CPU性能も良く、省電力だがGPU控えめなMT6589と
CPU性能は低く、そこまで省電力じゃないけど、GPUは良く、動画再生機能は敵なしのA31

でもA31に関してはRK3066よりCPU性能低いかもしれません・・・。
動画再生に特化しない人にとってはあまりおススメできませんね。


 

取りあえず今現在新商品として出ている物に使用されているCPUをまとめてみました。
自分の知っている範囲なのでかなり抜けている可能性があります。
かなり大ざっぱなまとめなので、詳しくは書いていません。また個人的な意見が多いのでご了承ください。

また中華タブレットに使用されているSocに関しては後日掲載します。
間違っている所等有りましたらコメントでご指摘お願いいたします。

①Qualcomm
・MSM8225 (S4 Play) Dual+Adreno 203 1Ghz-1.2Ghz
低価格帯スマホ向けのSoc。有名なものだとDesireXに搭載されている。
意外とサクサク動くようだが、動画の再生解像度は低め。あと、699元という超低価格な端末も出ている。

・MSM8960 (S4 Plus) Dual Krait+Adreno 225 1.5Ghz-1.7Ghz
もう国内キャリアの冬モデルでは最低でも搭載というレベルに来ており、
実使用でも通常の使用であれば殆ど問題は無いスペックで、国内のスマホの大多数になると思います。

・MSM8960 Pro (S4 Pro) Dual Krait+Adreno 320 1.5Ghz-1.7Ghz
今現在はソフトバンクから出ている201HWのみ搭載。MSM8960+Adreno 320?

11/10日訂正 201HWはMSM8960でした。誤記申し訳ありませんでした。

・APQ8064 (S4 Pro) Quad Krait+Adreno 320 1.5Ghz-1.7Ghz
今回の国内冬モデルではハイスペック端末に搭載されているSoc。KraitはQualcomm曰くA15相当らしいが
Exynos4412の1.6Ghzの物やTegra3+にAntutuで負けているのを見ると、ちょっと残念だったりする。
あとはここでは忘れてならない小米M2にも搭載されている。

②TI
・OMAP4470 (Dual Core) Cortex-A9+(Cortex-M3x2)+SGX544 1.3Ghz-1.8Ghz
以前のOMAP4460が結構日本の物にも搭載されていたのに対し、こっちは日本で正式に出ている端末では
搭載されている物は今の所ありません。ベンチ的にはAntutuで7000程度(MSM8960と同等)出るようで、
一般使用ならば問題はほとんどないと思われます。
(多分日本で使用されないのはLTE対応してないからだと。)
海外ではKindleや中国のSmartQ社のタブレット等に使用されています。

③Samsung
・Exynos4412 1.4Ghz (Quad Core) Cortex-A9+Mali-400MP4 1.4Ghz
最初のGalaxy SⅢやMeizu MX Quad、また最近ではRamos等がタブレットでも使用しています。
性能的にはかなり良いようで、Tegra3以上、APQ8064に迫る性能です。また消費電力も小さくなっています

・Exynos4412 1.6Ghz (Quad Core) Cortex-A9+Mali-400MP4 1.6Ghz
前述の物を1.6Ghzにクロックアップした物です。ベンチマークではAPQ8064を上回る高スペックです。
日本国内ではドコモ冬モデルのGalaxy SⅢαとGalaxy Note2に搭載されます。
今現在のAntutuベンチマークではトップのスペックを誇っています。

④NVIDIA

・Tegra3 T30 (Quad Core+SleepCore) Cortex-A9+GeForce(12コア) 1.4Ghz(シングルコア時最大1.5Ghz)
一番最初に登場したTegra3です。最初のQuadコアの物でした。最初はスペックはピカイチでしたが
今では競合会社の物に対抗し後述のTegra3+を発売しています。
日本では主に富士通、ASUS端末に搭載されていました。

・Tegra3 T30L (Quad Core+SleepCore) Cortex-A9+GeForce(12コア) 1.2Ghz(シングルコア時最大1.3Ghz)
有名なものだとNexus7に搭載されている物です。CPUとGPU(520→416)のクロック数が低くなっています。
また、メモリの対応等も変わっています。以前書いたKaiがこれに当たるのでしょうか?
しかし安価なNexus7に搭載されるのは分かりますが、XperiaTabletはTegra3+を搭載して欲しかったです。

・Tegra3 T33 (Quad Core+SleepCore) Cortex-A9+GeForce(12コア) 1.6Ghz(シングルコア時最大1.7Ghz)
Tegra3+と言われるものですね。T30との違いは主にクロック数の増加と高解像度対応だけだと思います。
(メモリの対応関係も多少変化していますが)APQ8064やExynos4412の対抗商品でしょうね。
日本ではドコモの冬モデルのF-05E、海外ではHTC OneX+等が搭載しています。

⑤MediaTek

・MT6573 (Single Core) ARM11 650Mhz
W-CDMA対応。言うならばそれだけです。今から買うには低スペック過ぎです。

・MT6575 (Single Core) Cortex-A9+SGX351 1Ghz
ちょっと前までは主流だった物です。そこそこ動きますが、下のMT6577とあんまり価格変わらないので
今から買うならば余程安い等の理由が無ければあまり選ぶ理由は無いと思います。

・MT6577 (Dual Core) Cortex-A9+SGX531 1Ghz
今低価格スマホでは一番主流になっている物です。GPUが古いの以外は結構いいものだと思います。
しかし、ちょっと待てるのであれば下のMT6588まで待った方が良いとは思いますが・・・。
でもそれを言い出したら次はMT6599が控えているので、欲しいときに買うのが一番ですけどね・・・。

・MT6588 (Quad Core) Cortex-A7+SGX544 1.xGhz
今後の主流になると思われるSocです。待てるのであればおススメです。
GPUもようやくSGX531からSGX544になり、Cortex-A7、28nmプロセスで省電力になっていると思います。
まだベンチ等が出ていないのがちょっと不安ですが・・・。本当に今月に出るのでしょうか?

⑥HUAWEI
・K3V2 (Quad Core) Cortex-A9+GC4000 1.4Ghz
今の所HUAWEIのAscend D1 Quadにしか搭載されていなかったような気がします。
GPUが16コアらしいですが、今現在で16コアも居るのかどうなのか・・・。
あとはEMOBILEからGT01が出る予定でしたが、延期になってから続報が来てませんね・・・
ベンチ的には他の物とあまり変わらないようです。