今Huawei P10のメモリ問題が話題になっています。
HUAWEI P10で起こっているメモリ問題ってどういうこと?今買うのはマズい?確認方法は?【Hey,Blog様】

正直UFS2.1とeMMC 5.1では速度の差が大きいので液晶のおみくじよりも深刻な気がするのですが・・・。

そして今さっきこんな情報が。
Huawei quietly removes mention of UFS 2.1 on Mate 9 product page
意訳すると、ファーウェイがMate 9の紹介ページからUFS 2.1の表記を消したよと。

確認してみた。

一応確認してみないとどうしようもありません。

HUAWEI Mate 9 | 強大なスタミナ | 携帯電話 | HUAWEI Japan


4/6日のGoogleのキャッシュページ

0415.png

 

下が今の現行。

0422.png


【ROM】新しいUFS 2.1フラッシュメモリにより、eMMC 5.1と比較し、データ転送速度が100%高速化。


この表記がきれいさっぱり無くなっています。


どうするのこれ。

これ消したということは、すでに大量に販売されているMate 9もUFS2.1ではないモデルがあるってことなんでしょうか?正直いまさらそうでしたごめんなさいと言われても騙されたとしか言いようがないのですが・・・。

スポンサーサイト
 

結構前のHuaweiのブロガーイベントでずっと気になっていた以下のスライド。

IMG_20161126_035720.jpg

「デスクトップPCの処理能力」を発揮
という文面。これデスクトップPCの定義は何なのよ。
と思ってHuaweiの公式アカウントに問い合わせましたが・・・



いやそういうことじゃなくてさ・・・デスクトップPCにもセレロンからCore i7とかまで色々あるでしょうに・・・。
これ以上の良い回答は無さそうなので、自分でどの程度のデスクトップPC並みなのかを調べてみました。

CPU部分の調査

特にモデルの指定が記載されていないため、最廉価モデルの「Core m3-6Y30」で確認してみます。

ベンチマークをみて一番値が近かったのが「Pentium G2030」でした。
2コア2スレッドの比較的廉価モデルですね。定格クロックは3.1GHzです。
m3-pentium.png

正直定格クロックが3.1GHzのG2030と定格クロックが0.9GHzのm3-6Y30では、トップスピードはあまり変わらなくても、常時負荷を掛ける状況ではG2030のがかなり良いと思います。

しかし、今回はそこまで詳しく調べるのも大変なので、ベンチマークだけで判断しようと思います。

GPU部分の調査

次にCPUよりも結構大変なGPUの部分の調査。
正直Pentium G2030のGPUよりもCore m3-6Y30のGPUのが倍程度性能が良いんですよね(とはいえ外付けグラボ的には2010年のエントリーモデル程度の性能なのですが)

正直付けるとしたら「GeForce GT 430」でしょうかね?

SSD部分


以下のサイトのベンチマーク結果を見ると、R/Wが550/250程度な模様。
内臓SSDはM.2 SSDなようですが、R/Wが500/250程度ならSATAでも出るので通常ので比較。
スマホメーカーが本気で作った12型Windowsタブレット「HUAWEI MateBook」は第3の選択肢となるか?

内臓SSDはサンディスクとのことなので、ベンチマーク的に近い(といっても書き込みは結構差がありますが)「SSD PLUS」相当と考えます。

コスト重視のPC自作に狙い目のSanDisk「SSD PLUS」

メモリ

メモリに関してはLRDDR3の4GBな模様。一般的なものですね。


まとめ

なんかしっくりこなかったので調べてみましたが、最終的にもなんかあんまりはっきりした結果にはならなかった気がします。


他にも画面などのこともありますが。あの表示ではCPU+メモリ+SSDだったのでそれでまとめました。


MateBookの「デスクトップPCの処理能力」というのは・・・

Pentium G2030+GeForce GT 430+Sandisk SSD PLUS 240GB+DDR3の4GBメモリ


個人的には上記を搭載したデスクトップPCの処理能力を発揮という風に結論付けます。

(実際は色々違うんでしょうけどね・・・。自己満足な調査なので。)

 

ふとビックカメラ有楽町店へ行くとこんなポップを発見。



この店限定で期間限定のようですが、Ascend G620が13,824円の特価にて販売されていました。ポイントは1%付きます。

定価は19,224円からポイント10%で実質17,302円なのでかなりお買い得です。

色は白黒あるようですが、いつ無くなるかもわからないので安いSIMフリースマホが欲しい方は早めにゲットしておくのをおすすめします~。
 

hw_441303.jpg

Huawei P8liteを発売日翌日に購入して今まで毎日使ってきたので感想を書いていこうと思います。



まずは良い点から。

①とにかく軽い
5インチのスマホとしては131グラムはかなり軽いです。持っていても疲れませんし・・・
正直変に金属ボディとかにして重くなるならプラで軽い方が良いかなって気もします。安いやつですしね。

②ダブルタップでスリープ解除ができる
正直最近のスマホには結構ついてますが、物によっては付いていないものもある中でちゃんと付いているのは好印象です。
【設定】→【モーションコントロール】→【ダブルタップ】で機能の有効化が出来ます。

でもその下にある文字を書いてアプリを起動させるってやつですけど、正直ロック解除してアプリ起動した方が早いのであんまり使う事が無いですね・・・パスロックとかしてない人なら良いのかもしれません。

また、スリープをホームスライドで出来るようにすると、スリープがボタン不要になるので、劣化対策にもなるかと思います。
※要サードパーティアプリ(Screen Off and Lockとか)

あとは細かい所ですが、これPINとか正しいの入れると自動的にロック解除されます。「OK」とか押さなくてもいいのはちょっとしたことですが便利ですね。

③スピーカーの音量が結構大きい
これ結構予想外でしたが、思った以上にスピーカーの音量が大きかったです。
音質に関しても割れて聞き堪えないってほどではないですし。(Meizu MX4のが最大の音量的にも音質的にも良いですけどね・・・)

あと、通話の音量も結構大きく、相手の声も聞きやすかったです。マイクに関しても以前のG6では結構相手に聞き返されることもあったのですが、P8liteになってからはそういう事も無くなりました。

④カメラの起動が楽、そしてそのままでも結構綺麗に撮れる
起動が楽ってのは、ロック画面で下からスライドさせるとカメラ起動できるんですね。ロックの解除って手間がいらないので素早くカメラの起動ができます。こういう細かい気配りがあるのが良いですね。

Screenshot_2015-08-07-10-26-02.png




と。ここまで良い所書いていきましたが、次は悪い所。

①センサー少なすぎでしょ・・・そしてGPSの補足遅いよ・・・
CPU-Zってアプリで、入っているセンサーが確認できます。

どうぞ。

Screenshot_2015-08-07-10-27-07.png
↑Huawei P8lite

すくなっ!!!!!

そして比較用のMeizu MX4です。
S50807-103431.jpg
↑Meizu MX4

P8liteこれジャイロセンサー入ってないんですよね。なのでそういうの多用するアプリとかだと若干遅く感じるかも知れません。
そしてA-GPS機能してるはずなのですが、mopera U刺さってるF-05FよりもかなりGPSの補足遅いです。

②文字化け多すぎて非常に困る
正直コレかなり困ってます。LINEとかTwitterでの記号とかの文字化けが酷くて・・・
特にiPhoneから顔文字とか、絵文字とか送られてくるとかなり文字化けしてて何コレ?と聞き直すハメになってます。

日本のiPhoneユーザーはかなり多いんですから結構致命傷なのでは・・・?

ちなみにどんな感じなのかは下の画像で確認してください。例えばGoogle日本語入力で「郵便」と打って変換するとわかります。
まずこれが正しい表示(Meizu MX4で「郵便」を変換した際の表示)
S50807-104426.jpg

そしてこれがP8liteで「郵便」を変換した際の表示

Screenshot_2015-08-07-10-44-38.png

どうです?2つの郵便記号が表示されてませんよね?これが結構いっぱいあって非常に困ってます。
Huaweiの公式Twitterに連絡したんですがまだ回答が・・・(早く~!!)

というか完全中国向けMeizu MX4で表示できてるのに、日本向けP8liteで表示できないって何なんでしょうかねぇ。OSも同じAndroid 5.0ですよ・・・?

③050系のIP電話でモバイルネットワークを使用した際に相手に声が届かない

これもかなり困ってる。050Plusだと問題ないとかいう話も出ていますが、FusionIP、ブラステルだとダメな感じ。
050Plusだと問題ないって事は、G.729なら問題ないって事なんでしょうかね?これも公式回答待ちですね。

そしてモバイルネットワークじゃなくて、Wi-Fiを使用すれば問題なく相手に声が届きます。またLINE、Viber等は問題ないようです。
Ascend G6では問題なく使えていた組み合わせなので、買い替えたら使えなくなって非常に困ってます・・・

④アプリ履歴からのメモリ解放できるまでにラグが有る。
ナビバーの「□」ボタンを押すとアプリ履歴画面になるんですけど、メモリ使用量がすぐに表示されずに1秒くらい待たされ、その間にはアプリ消去が出来ないのが結構イライラします。(honor 6だとかmate7だとすぐ出来るんですけどね)

Screenshot_2015-06-21-14-05-44.png




という事で良い点と悪い点を並べてみました。では次に、使っていく中でこうした方が良いとか書いていきます。(追記してきます)

①省電力モード・・・動作に結構差が有る割に電池持ち変わらないからパフォーマンスモードにしておくといい。
②APN・・・IIJのデータSIMで使用していますが、他のAPNを削除しなくても通信ができないなどの不具合は出ていません。

ん?パズドラとかスクフェスはどうなのって?やってないからわかりません^^
 

P8liteですが、結構便利な機能が隠されてます。今回はそのうちの2つを紹介します。

①ダブルタップでスリープ解除機能
最近のスマホには何かしら電源ボタンを押さなくても起動できる方法が有りますが、P8liteにも画面をダブルタップでスリープを解除する機能が有ります。

初期状態では有効になっていないので、【設定】→【モーションコントロール】の"ダブルタップ"をONにします。そうすると、画面ダブルタップでスリープの解除が可能になります。

Screenshot_2015-07-07-22-12-46.png


②直前のアプリに戻る機能
これに関しては初期状態から有効になっています。そして方法も簡単でアプリ履歴(□)を長押しするだけです。
すると、直前のアプリに戻ることが出来るので、ブラウジング中にメールを確認してまたブラウジングに戻るなんて時には便利です。

他にも色々見つけたら紹介していこうと思います!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。