FC2ブログ

うどんを食べに年に何回も香川県に行っている自分ですが、もっといろんな人に香川県に行ってもらいたいので、気軽に行ける旅行ルートを考えてみました。
(が、しかし結構自分の行っているところが偏っているので参考になるかは不明です)

なおうどんをたくさん食べましょう。うどんをたくさん食べましょう(大事なことなので)

香川県への行き方

まず行かなくては話が始まらないのですが、どうやって行くか。そこから旅の始まりだったりします。
自分が関東住みなので、関東から行くという前提で話をしていきたいと思います。

なお自分は18きっぷでよく行くのですが、関東とかからだとかなり鬼畜なスケジュールになるので初心者にはおすすめしません。

逆に大阪などの人は18きっぷでも行きやすいかもしれませんね。


サンライズ瀬戸で行く

定期で運行している最後の寝台特急のサンライズですが、瀬戸に関しては高松行きとなっています。
PNS77D4Dq7vOK-yy50Ne83T1tnQJTs-tqCN0crqy83EpX92IB.jpg _ODs_UA18-mSR4I0o_r8flSEHP9CZw-6CFuFeRhyTecpX92IB.jpg r2fVZvczcphNfAVZJ15Ph_PNn2ft1coE8X_piUInlOIpX92IB.jpg
正直東京から高松まで寝台シングルで行くと22,110円とかなり金額は掛かってしまいますが、最後の定期寝台特急なのでせっかくであれば乗っていくのも手だと思います。
(いつか乗ろうなんて考えていると北斗星のように廃止されて悲しい目に遭うかもしれません)

なお、寝台ではなくノビノビ座席という雑魚寝のような席で行くと、15,070円で行けます。

ジェットスターで行く

1roF2pu9eTOi6rynmXfOYHtGaroV0lq0qI42GcxeD14pX92IB.jpg
成田空港から格安航空のジェットスターが高松まで運航しています。土日でもタイミングが良ければ往復12,000円程度で行くことも可能です。

セールなどの時の場合は、往復1万円以下という値段で行くこともできることもあります。まあLCCは全てはタイミングです。

ツアーで行く

先に上げたジェットスターも、タイミングが悪いと片道で1万円程度取られることがあります。
そんな時は、逆に航空券込みのツアーで行くというのも手かもしれません。

軽く調べたところ、土日でも往復JAL飛行機+ホテル込みで25,000円程度から有りました。
サンライズとのセットのツアーもある(その分高いですが)も有るのでそれを使うのも手です。


また、行きはサンライズ、帰りはジェットスターなど組み合わせていくのも良いと思います。

旅行行程

今回は土日に一泊二日という気軽に行けそうな日程で考えます。

交通手段は公共交通手段を使用します。

飛行機で行く場合

高松空港にてだしを飲んでスタート
飛行機で高松に行く場合は高松空港に行くのですが、空港内にうどんだしが飲める蛇口があります(無料)

数量限定なので飲むなら到着時のほうが良いと思います。
c_P0DjU6MVsDc0nu2czwIASVQ8f9u7Ts-r0PXpMoYwEpX92IB.jpg
結構わかりづらい所にあるので注意。 5xHEj9PVOhmdWsgc_uKz-cXYOCEX6x1HBwzIMxeCRtIpX92IB.jpg
美味しいだしです。
tnNSf3VNgocz5S_EU5KsJvoAYZ9IUaJsEZuy7JP50hopX92IB.jpg

ことでんバスで高松市内へ

空港から市内まではバスで移動します。
yuw6YIr6kTm0KEwe_V9xOKtjSQPWNU8z6CXEt9rXwNspX92IB.jpg
ちなみに交通系電子マネーはIruCaしか使えませんが、券売機ではWAON(とあと何か)が使えました。

高松駅までは750円です。
ymcK2eMJsthbCJSKkBHm_i_3Nf3TcY9og2CQzaojmUgpX92IB.jpg

高松駅から市内散策をしてみよう

サンライズで到着すると朝の7時半頃。飛行機だと早い便で9時過ぎ、ゆっくりだと昼頃でしょうか。

朝ごはんにしても昼ごはんにしてもうどんが食べたくなると思います。

レンタサイクルで快適に市内散策

高松駅でレンタサイクルを借りることができます。
レンタサイクルを借りれば快適に市内散策出来るので是非ともおすすめします。

■高いんじゃないの→6時間100円、24時間まで200円の破格です
■受付何時からなの→朝7時からなのでサンライズで行っても大丈夫です。
■自転車無くならないの→大量にあったので大丈夫かと…

SqwZ-e1B97bkI5JPY9emfDuIUJGSHZNM8Mn8NfdMV5ApX92IB.jpg
なお借りる際には身分証明書が必要です。あと借りる理由にうどん店回りみたいなのがあります。

ごはんにうどんを食べましょう(1回目)

レンタサイクルを借りたら早速うどんを食べに行きましょう。朝早くても大丈夫。香川県のうどん屋さんは6時や7時からやってる店がたくさんあります。

個人的には変に店の下調べは必要ないと思います。適当に入った店でも大抵おいしいです。

基本のかけうどんなら200円もあれば食べられます。

あとはたくさん食べたい人は、個人的には1玉ずつ多くの店舗を回ることをオススメします。
店によってだしやうどんが違うので、バリエーションを楽しめますよ。

ちなみに高松の商店街にははなまるうどんもあったりします。現地のうどんを食べてからはなまるうどんを食べると味の差がよく分かって逆に良いかもしれません(?)

こんぴらさんに行こう

うどんで腹ごしらえをしたら次にこんぴらさんに行ってみましょう。

こんぴらさんは高松ではなく琴平という所にあります。
行くにはJRで行くか、ことでんで行くかになりますが、個人的にはことでんのがオススメします。乗り換えもありませんし、琴平の駅もJRよりこんぴらさんに近いです。

ことでんは高松駅ではありません
実はJRとことでんは同じく高松に駅がありますが、場所が離れていて、ことでんの駅は「高松築港駅」となってます。
C0PPiURn1l69HyRmYmwzSvE2g49_UOa8ok5oBOnoPmcpX92IB.jpg
駅自体は歩いて10分掛からない程度です。

IruCaを買おう
ことでんでは最近になって全国のICカードが使えるようになり、SuicaやPASMOも使えるようになりました。

しかし、実はことでんの独自ICカードも存在しています。
それがこのIruCa。ことちゃんが書いてあります。
kotoden_iruca.jpg
値段はデポジット500円+チャージ1500円で合計2000円です。

個人的には買うことをオススメします。その理由は

①運賃が5%引きになる
実はこのIruCaで乗ると運賃が5%引きになります。
高松築港から琴電琴平まで590円で、往復だと1180円。5%割引で60円程度安くなります。

②また香川に来たら使える
これはプリペイドカードではなくSuicaなどと同じくチャージして繰り返し使えるので、また香川に来たら使うことができます。

ちなみにバスだと10%割引になるので、空港往復で140円程度安くなります。

③お土産にもなる
基本的にIruCaは香川に来ないと買えないので、良いお土産になります。また、フリーIruCaは誰でも使えるので香川に行く人に貸してあげるのも良いかも。

④ことちゃんがかわいい
⑤ことちゃんがかわいい

なんか最後二つ有る気がしますが気にしないでください。
なおことちゃんのLINEスタンプもあります。みんなでことことしましょう^^

ちなみにデポジット1500円ですが、高松築港→琴電琴平往復で1120円で残りは379円。コンビニとかで飲み物とか買えばすぐに無くなると思います。

こんぴらさんに登ろう

高松築港から琴電琴平までは1時間程度で到着します。

ちなみに琴電琴平からこんぴらさんの参道の途中にセブンイレブンがあるので、飲み物とかはここで確保しておくと良いです。
(でも確か途中に100円自販機も有った気もする)

こんぴらさんの本殿?まで登るのは自分はもう慣れてしまったので30分掛からない程度で登ってしまいますが、初めての人は登り1時間、本殿滞在30分、下り1時間程度を見ておいたほうが良いと思います。
iLnzknuwQD0YUBgwRA3KEAC-II6IOB7wx6v6wzrAscMpX92IB.jpg uGy6--kIIatJkd-c6s2ia05lPN7FpB03z5vVO15CUpwpX92IB.jpg
下りは買い物とかしたらもう少し長くなるかもしれませんね。

幸せの黄色いお守り
こんぴらさんに登ったら、有名な幸せの黄色いお守りがあります。ひとつ800円です。
ちょっと写真が見当たらなかったです(´・ω・`)

天気が良ければ瀬戸内海が
こんぴらさんは高いところにあるので天気が良ければ瀬戸大橋とかが一望出来ます。
osgruxbvUt9ZBX-tfv8_ZsqPFbvcuIONPdKxGVyDKmkpX92IB.jpg wQedEB9FwMsTgSCtOILF5__0ml24bQUJSHvLNC3XA-spX92IB.jpg
こればっかりは運になっちゃいますね。自分もまだ凄いキレイな状態は見たことがないです。

長くなってしまったので一旦切りたいと思います。

スポンサーサイト



 

おい。旅行の記事さぼりすぎなんだよ。と言われてしまいそうですが、やっと書きます。

ことちゃん ひやく号へ乗りに。

ことでん琴平線には、ことちゃんひやく号という電車が走っています。
これはことちゃんとかことみちゃんがラッピングされている電車で、土日にはぬいぐるみが置いてあります。

時刻表を調べて真っ暗な無人駅へ。
YDC01wIimoUf4Ev3GdoTn7D4dUWXO4-CCMudgUi0_vQpX92IB.jpg
きた~!高松築港行きです。
Z1XQJGKzKXm21t93aVP7h6tggmQh3RJRhcuDT4hat2kpX92IB.jpg
・・・が、結構混雑していてぬいぐるみの撮影などが出来ず。

撮れないなら折り返しに乗ればいいじゃない!

なんか聞き覚えのあるフレーズです。うどんを食べればいいじゃない的な。
tH_U3zt3_Tcg5WS-S6XQOznxlHxvj4zPuLraJX-SUOQpX92IB.jpg 8y_NP7zHlGLPP7cLyuvIGMm2sw_nDBpPC55Gb0C-ixIpX92IB.jpg
今回使っているのはフリー切符なので、折り返しに乗ろうと問題ありません。

乗っていたことちゃん・・・デカい
vqBOzkuLkCgILcHN4VFSLegUVbbgMNVP1VkslQbsQMYpX92IB.jpg
このみちゃんも居る・・・デカい
gg8LCfnQASQr37yBOBkfpYfltS8yRWfNzhCMVZN5AjMpX92IB.jpg
ぱんにゃを乗せてみました
TOkBRjSeH-pXEzkRmhdCdI4AsujleyIp7WWweUQzqMopX92IB.jpg
vmAziR1dTbsVbKW9ufF6UIMy4zn2ECdW1kHg7AWK9KcpX92IB.jpg
こう見ると大きさがよくわかりますね。

一気に帰宅する

毎度お馴染みの快速マリンライナーです。
5K1fBOring22KcEM-aAb6NH2Ydvhm10o0dq5Q5SCO3gpX92IB.jpg
一気に帰ります。
wiBVnlOcjO7sV-5Y_3R0n7vN7i6aG8qURT6DmaFhVHEpX92IB.jpg OdbWDXrmHUBM1aRCaXE5cZB3qrSsjPZcB8F1tk_-TBspX92IB.jpg 9Edo3SZfKsmoYG9bF4gsfLQgMfpC7_Nv2yiVCaHCRZ0pX92IB.jpg XrE5wJeMVJ7SP185OgSfYeBheHR3uMV8DGMZ5LUTN9kpX92IB.jpg x6cElrjB_qCbjYGmkbOvqquXfivIDognM9NbqJgJzqMpX92IB.jpg
最終日は帰宅だけで終わるのが定番です。
次の旅行の記事・・・早めに書きますね。
(見てる人居るのかな)
 

2018080301.jpg

18きっぷシーズンに臨時で走っている臨時快速ムーンライトながらですが、
そもそも臨時便な上、特に金、土などは人気が集中し、指定券の確保が出来ない場合があります。

でも、どうしてもその日のながらに乗りたい。そんなこともあると思います。
そんな時のために、知っておくといい情報をいくつか書いていきます。

定期的に空席状況を確認する。

これは基本ですね。発売直後には完売している場合でも、後からキャンセルなどで空きが出る可能性があります。
毎日定期的にえきねっとや指定席券売機にて確認する、というのはまず行ってみましょう。

当日まで確保できなかった場合

定期的に空席状況を確認したとしても、タイミングもあるので確保できない場合もあります。
でもまだ諦めるには早いです。結構当日にもキャンセルが入ることがあります。

小田原駅の指定席券売機で最後の賭けをしてみる。

これはもうホントに賭けなのですが、小田原駅ではムーンライトながらの時期には
通常の営業時間よりも長く使用することが出来ます。(確か24時15分頃まで)

発車時刻が過ぎた後でも何故かキャンセルが出ることがあり、最後のキャンセル分を入手することが出来るかもしれません。
(えきねっと張り付きも良いですが、えきねっと分は23時以降発券できないので要注意です)

そこで最後の悪あがきをしてみるのも良いかもしれません。

結局取れなかった場合

小田原駅でも取れなかったら、もう諦めるしかありません。
少しでも先に進みたい場合は、23時53分発沼津行きに乗って沼津まで行ってください。
小田原から行くより少し早く行動することが出来ます。

ヤフオクなどでの入手
取れなかった指定券、ヤフオクなどで出ている場合があります。
でも正直そういう所で出すための転売ヤーのせいで欲しい指定券が取れなくなっているのも現状です。

そしてさらに問題なのが、満席なのに結局乗らない人が多くてガラガラだったりします。
ヤフオクなどでの転売が売れ無くなれば、そういう悲しいことが減らせると思うので、出来れば買わないでほしいところ。

指定券を持たずに飛び込み乗車
毎回居るんですよね。指定券持たずに飛び込み乗車。
自分が見ていた限りは追い出されているようなことは無いですが、本来は次の停車駅で追い出されても文句は言えません。

正直満席なのにガラガラという状況があるのも問題なのですが、止めてほしいことですね。
 

うどんを食べよう

瓦町に戻ってきたので次はうどんですうどん!

エコぽんた

とりあえずレンタサイクルを借りて近場のうどん屋さんに。エコぽんたってお店です。屋根にソーラーパネルがあります。

hA83iUBiVfYTyRGhVdW7zGPULGZWG5FpsjpSqBPOKOYpX92IB.jpg

うどん。美味しかったけど出汁が少しぬるくて残念。
SyUNli5jx13gSNefl6N8O7zNTXQiCzDm9bLzbTAkYvEpX92IB.jpg

あさひ

食べ終わったら次にイオンの近くのあさひって店へ。
ここはわかめ乗せ放題でした

v7_54LDMHQeIV26eMvlpOJpt5PeofRwKDZ7Eft1JJjgpX92IB.jpg CrJ9qAoq04yCPnofoiCEXZ3xSa4Ilkfd3uzBu-tMZWUpX92IB.jpg

うどん。
わかめたくさん乗せられて出汁も麺もおいしい。また来たいです。
Oh1BWxELS8i22gG-sTzpBtPw8S2xOx1g7VYkgOwXxFUpX92IB.jpg

こんぴらや

そして…まだ食うんかい。
次に向かったのは瓦町近くのこんぴらってお店。
ここ朝早くいけばちくわ天が無料になるのですが今日は遅かったみたい

UhEFhDVg14ZgEe7OAsiC2XotXjZ5PuuiBjPtzLy7xI0pX92IB.jpg UxkYMIIY-MuVs5sqM3cBiCAmHcV2KyaYRvFy2_P75IIpX92IB.jpg
n5ONMSZ-PcJPll38NPPknwW1IQqjTTaaeoHPwAzOR1wpX92IB.jpg

ここのうどんはひやかけだとちょっとうーんでしたがあつかけなら美味しかったです。
うどんも満足したので高松築港に向かいます。

大正生まれのレトロ電車に乗って琴平へ

行った日は1月7日で月一のレトロ電車運転日。

大正生まれの吊り掛け電車です。
久しぶりに吊り掛け駆動の電車に乗れるのでとても楽しみ。

3K2bvjw1TLNgaYah2jH5xV-3d6DUqOB8MRkpv3q6EKUpX92IB.jpg OZpwXsmZ96OKzvUd-Dy5wjqHEToil46XQiGpuOckx7spX92IB.jpg 
b8tJFL3PWrpacdo55NyW2M1fiqZ-a7eOtYWoM6RP91wpX92IB.jpg

後ろに連結されていた23系が一番古い車両だったはず。
なんと内装が木!

O8gq5iLym7BZ-PPD4ihhKG1FnMyGiFs-1FEnm_TxB24pX92IB.jpg 5g0ghXG7KdKIPwKm5DK7HXpq4-X5mSm3l5pGoW1CVfIpX92IB.jpg deNjpvyxyxhUVEsO1Hzl_TB4BojLArsNeF6V1kUzCx4pX92IB.jpg

乗車記念で冊子がもらえました。
すっごい揺れながら終点の琴電琴平に到着。

pczsLgnh91V2JanWqvN68WTUPLq4iml2Z39Ny69hdegpX92IB.jpg kLi2VPEbqmz4dy7BS4vbf6Tdm0o6KIiO24U8Pe15FmIpX92IB.jpg 2oZh8F0SXeTHTDpA52NcELYAgJ5WcQAnwbEkZSYJRaopX92IB.jpg f1Jx21JIuk556ZVQxMUDdDeFZCGucG4fd5tt_IS3Y-QpX92IB.jpg

こんぴらさんに登って厄払い

ここからはこんぴらさんにまた登ります。700段位だったかな?

ujT6ik0hfXX-GF3ZrASme7O7L23pZ8tnXKOXzbXv7SopX92IB.jpg

正月だったので結構混んでました。
実は今年前厄だったので、それも兼ねてきてたりします。

正月早々の連休で関東から香川まで来て厄払いする人ってどれくらいいるんだろう…

 fJ51bNsEtvXQ1yIiodnkrLR8B_mAL-hsb2u8mUb6-z8pX92IB.jpg kcI5fWrVarXxqkYJRR_kBVIFTjvuPQISnh4mJbjBwR4pX92IB.jpg

厄払いを終えて奥社を見に行くと…行けなくなってる模様。
その代わり天狗守りが一番上まで行かずにも買えてラッキーでした。(ま、前に奥社まで行ったから良いよね!)
t529ltSIVO_IlCfgylpAYeoimgl3rVAM8kOaFhvzdgQpX92IB.jpg
TpyMzCdsywS7_GkzVl0hoMc7Uq8hUT8tvo55i5HueicpX92IB.jpg

一通り見てきてから参道のお土産屋さんでうどんを購入。ここ小松屋ってお店で楽天にもあるんですが、ここにしかないものも有るので…

色々勧められてふと財布を見たら祈祷とお守りで使い果たして100円もなく。
下ろしに行かないと買えないと言ったらカード使えるから大丈夫とのこと。ってことで購入。
(やっぱりクレカ対応してたほうがこういう時にも買えるから便利よ)

参道降りきって、ふと前にブラタモリで見た廃線跡が無いかなと捜索するも見つけられずに断念。

ジャンボうどんに挑戦・・・

そういえば琴電琴平駅の近くにジャンボうどんをやってる店があり、行ってみました。
一度聞いたら正月だからやってないと言われ、店を出ると後ろから「やりたいんだろー?作ってやるよ」との声が。

せっかくなのでチャレンジしてきました(お前朝にうどん3杯食ってるやろ…)

出てきたのがこれ。これ。麺だけで約1kgくらいあるようで。

GxqzPuPuX9DoZWBrSFA1-18xIZgrA0kBeetGL7DCgiEpX92IB.jpg

そして…敢えなくチャレンジ失敗。まあ1000円なら…。

つづき:2018年1月-ことでんとこんぴらさん-4

 

ことでんと八栗ケーブル

おはようございます。ちゃんと朝起きられました。

最初はまず瓦町から志度線で琴電志度を目指します。

 Iiwfxze-W-x04lU1cUs7ejfmLsGT6uISEAhDYgkkPtQpX92IB.jpg wLw0Xj6DPexBsfJppiFWeAPAAYGVPqaPl6ehk1NT2vYpX92IB.jpg 

かわいい小振りな車両にことちゃんとかことみちゃんとかが居ますことこと。

evMaeRWuvOao_V9Ny4Q_vjvawsaVdBu-QqgBkC7IcukpX92IB.jpg

今回はことでんの一日券を購入しています。全部乗り通すなら格安ですね。そして一日券にもことちゃんが居ます。

9smZFIgp3N1xJ79AgXx7KCZMkxQRB_VGQ6eJP_lCaqQpX92IB.jpg

海の近くを走りながら琴電志度まで走ります。

49u7jb011Sgu619pmw49VeLMRVL8Vol8DXd3plfDXEYpX92IB.jpg doSWFfWeFL7J_6-RhTnJ8Tq1ttK4is7RdWpIYm90WIspX92IB.jpg

ここからは同じ電車で折り返し、途中の八栗駅へ。
この近くに八栗ケーブルって路線があって、四国完乗には欠かせない路線です。

Zc4XKN93Uvla6h5BFIJRgWz7VvzDHfjdF5Bxbly7xl0pX92IB.jpg

八栗ケーブル

八栗駅から歩いて15分くらいいくと八栗ケーブルの駅が見えます。が、この路線上り下りで運賃が異なり、下りのが安いということで山の上まで行くことに。

I2H8i77hyUJ0FgBz2X0GRBG5A8107dpnwT4R2aSZ1s0pX92IB.jpg

行くことに…

nhLXLmoE7YumEU3SKMJ76Lpn8dWROP91c-bTUjGtQ7QpX92IB.jpg

行くことに…

 s2zNYvHC-DOVcIXWsy3vrz10Dn8IjC2GdeUMPm0lgpEpX92IB.jpg

とにかく急な坂が続くのでかなりの労力を使ってしまいました。

そしてやっと到着。近くの八栗寺には目もくれず八栗山上から乗車。

7zuwFFgdegXpj5Ys3qBXC_vhxIUvzTNpqlGir9VcxHQpX92IB.jpg

およそ4分程度乗車し、先ほどの駅に戻ってきました。

CJ8XOvmK2Sa6OiwYcjDFOyRb6pd-AU5bSrPftbzc9vkpX92IB.jpg _Rq-mRLUErDzEUGEv7dGliHKMoPXSNoiHYdvyNRrAF4pX92IB.jpg qBneXi0iI6NzVvl_4xx3AbOxaEchh1sMcfIDCL4vz58pX92IB.jpg ayCtt69zv9oqP1Su5kvAaFkThoq4WES707znVishazApX92IB.jpg

瓦町に帰還

ここからまた八栗まで戻って瓦町へ帰還です。

2Pli-DyvL-pzlIdSM2ABRYJszeJ_QKtPIInRcgWAoMUpX92IB.jpg feH0KVlHOWER0bceOefFziKmPQMFvYV_mPJBQrqsYKEpX92IB.jpg _3Ks5hiWXmYdgcxANs4RuzznR4v1XOEj__oZEo3-tnspX92IB.jpg

つづき:2018年1月-ことでんとこんぴらさん-3