今やMVNOが各社乱立し、2GBで1000円以下というのも多くなってきています。
色々選択肢が有っていいのですが、じゃあココとココどこが違うの?ってのが有ると思います。

正直色々有るんですが、今回は容量に関してちょっとしたお話をしていこうと思います。

何を話したいかというと、以下の事です。
「同じ容量でも実際は違う」

???何言ってんだコイツってなるかもしれません。

かんたんに言えば同じ2GBでもA社とB社では容量が異なる可能性が有るのです。
そのからくりは「1GB」を「○MB」として計算しているか。

1GB=1000MB
1GB=1024MB


正直これ。各社バラバラなのです。なので、今回は各MVNOが1GBを○MBとして計算しているか。それをまとめて行こうと思います。1MBあたりの単価も記載していきます。(価格に関してはすべて税込です)

正直あんまり単価安くないMVNOは記載してませんのであしからず・・・
あと正確に確認できていないMVNOに関しては掲載していません。

ちなみに大手キャリアは
ドコモ:1GB = 1024MB
au:1GB = 1024MB
Y!mobile(EM LTE) = 1GB = 1024MB
ソフトバンク:サポセンの直通番号分からないから未確認。

①IIJ mio
1GB = 1000MB換算
バンドルクーポン(2GB、4GB、7GB)や追加クーポン(100MB)の実際のデータ量は何Byteですか?
2GB = 972円  【1MB ≒ 0.49円】
4GB = 1,642円 【1MB ≒ 0.41円】
7GB = 2,765円 【1MB ≒ 0.40円】

②OCN モバイル ONE
1GB = 1024MB換算
2GB = 1,188円 【1MB ≒ 0.58円】
4GB = 1,566円 【1MB ≒ 0.38円】
7GBプランは速度が500Kbpsなので除外します。

③BIGLOBE
1GB = 1000MB換算
2GB = 972円  【1MB ≒ 0.49円】
5GB = 1,625円 【1MB ≒ 0.32円】
8GB = 3,065円 【1MB ≒ 0.38円】←あれ・・・???
10GB = 4,093円 【1MB ≒ 0.41円】←あれれれれ?????

④日本通信(Platinum Data SIMだけ)
1GB = 1000MB換算
10GB = 3,218円 【1MB ≒ 0.32円】

⑤U-mobile
1GB = 1024MB換算
1GB = 853円  【1MB ≒ 0.83円】
3GB = 1,598円 【1MB ≒ 0.52円】

8/3日追記(とりあえず換算だけ追加し、容量別単価は後ほど記載します。)

⑥So-net
1GB = 1024MB換算

⑦Nifmo
1GB = 1024MB換算

⑧DMM mobile
1GB = 1000MB換算

⑨mineo
1GB = 1024MB換算

⑩UQmobile
1GB = 1024MB換算

Thanks こばみさん

各社バラバラ・・・正直これ4GBだと92MBにもなって、結構差が大きくなるのでちゃんと記載するべきだと思うんですけどねぇ・・・。

また、記載していないMVNOの1GBが何MBなのかという情報有りましたらお待ちしております!
スポンサーサイト
 

Wi-Fi_ALL.jpg

今現在各社から沢山Wi-Fiルーターが発売されていますが、ありすぎてどれが良いのかと悩んでいる人も多いはず。
という事で簡単に価格、規制、エリア等を比較してみたいと思います。

まずは、今現在モバイルWi-Fiルーターで出ている物をまとめてみます。

●UQ WiMAX(無印)
UQ WiMAX ホーム - 超高速モバイルインターネットWiMAX2+
まず無制限が良い!というのであればもうWiMAXしかありません。他の選択肢は無いです。
しかし、WiMAXでも無印WiMAXとWiMAX2+という2つのサービスを行っています。

基本的には料金は使い放題(制限一切ナシ)3991円(税込)で使用可能です。
エリアに関してはこちらで確認が可能です。

肝心の通信速度ですが、理論値的には下り40Mbpsで上り15Mbpsです。

WiMAX2+は無印WiMAXの上位互換であり、WiMAX2+対応端末で無印WiMAXサービスを使用することも可能です。
料金に関しても通常契約すればどちらも料金は変わらず、一見初代WiMAXを契約する意味は無いように思えます。

しかし、以下の点で初代WiMAXはWiMAX2+より優れている点があります。

①契約期間
WiMAX2+は契約期限が2年間となっておりますが、無印WiMAXは契約期限が1年間となっています。
②料金
無印WiMAXはMVNO等で数万円分のポイントや、値引き等で実質価格が安く運用できることが多いです。
(でも後述しますが、WiMAX2+も条件が満たされれば月1800円程度で運用できるのであまり利点が無いかもしれませんが)
③機器追加サービス
WiMAX2+に無くてWiMAXにある物で結構大きいものは、機器追加サービスです。
これは月額200円で1つの契約で複数の端末で使用可能にできるサービスです(MVNOでは対応していない場合あり)
例えばパソコン内蔵のWiMAXを使用しつつ、他のルーターでも使用することもできます(同時に使用することは不可)
④WiMAX2+ルーターの評判が微妙
今現在WiMAX2+対応の機種がHWD14という機種のみだけなのですが、これがあんまり評価が良くありません。
なので、自宅がWiMAX2+エリア外等の時は、逆に無印WiMAX端末の方が安定して通信できる可能性が有ります。

また、UQのサイトでエリア確認等の15日間無料貸し出しサービスを行っています。

Try WiMAXレンタル

●UQ WiMAX2+(KDDI)
前述した無印WiMAX2+の後続サービスがWiMAX2+です。

他社がLTEサービスで7GBや10GB制限を行っている中、唯一総量制限が無いサービスとなっています。

また名称がUQ WiMAXとなっていますが、UQの親会社のKDDIでも同じ端末を販売しており、
もし購入するのであれば条件を満たせばKDDI版の方が安く運用できることが多いと思います。

まずWiMAX2+に対応している端末ですが、今現在HWD14のみとなっています。(5/8日に新機種発表されるんでしょうか・・・?)
UQ版→ Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14
KDDI版→Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14

料金に関しては通常に契約すればWiMAXと同じく3991円(税込)で使用可能です。
通信速度はWiMAX2+エリアでは下り110Mbps/上り10Mbps、WiMAXエリアでは下り40Mbps/上り15Mbps、
追加1005円で使用可能なLTEエリアの速度は下り最大150Mbps(75Mbps)、上り最大25Mbpsとなっています。
※LTEを使用可能なエキストラオプションを使用すると、月7GB制限が行われます。

エリアに関してはWiMAX2+は首都圏などではあまりエリアは多くないですが、LTEを使用するとほぼ全国で使用可能です。
エリアマップはこちらから確認可能です。

また、UQのサイトでエリア確認等の15日間無料貸し出しサービスを行っています。
Try WiMAXレンタル

③NTT docomo Xi
NTT docomoが行っているXiサービスもデータ通信サービスを展開しています。
でも正直ドコモの契約が無い場合だと結構高くなります。ドコモの契約が無いと正直あまりお勧めできませんが・・・

今現在ドコモの最新機種及びドコモの全エリアで使用可能な機種はL-02FとHW-01Fが有ります。
Wi-Fi STATION L-02F | 製品 | NTTドコモ
Wi-Fi STATION HW-01F | 製品 | NTTドコモ

この2機種では今現在ドコモがサービスしている全エリアで使用可能なため、対応エリアは非常に広いです。
サービスエリアに関してはこちらからご確認ください。

通信速度に関しては、下り最大150Mbps/上り最大50Mbpsとなっております。
※エリアによっては下り112Mbps/上り37.5Mbps、下り75Mbps/上り25Mbpsエリアもあります

料金に関しては、通常に契約し、7GBプランにした場合は6681円となっており、正直あまり安くありません。
しかしコレはあくまで普通に契約した場合であり、色々すればかなり安く運用することが可能です。
その内容に関しては後ほどまとめてご紹介します。


④EMOBILE(SoftBank)
まずEMOBILEとSoftBankに関しては機種も同等な上、価格も同じ、エリアも同じなのでまとめて紹介します。

EMOBILEでは4GとLTEという2つのサービスを行っています。

4GとLTEの違いですが、以前まとめているため下記をご確認ください。
EMOBILEを契約する際は「4G」契約と「LTE」契約にご注意を!

またSoftBankで行われているサービスは規制等含め、EMOBILEの4Gサービスと全く同じです。


では一通りサービスを紹介してきましたが、表でまとめてみたいと思います。

料金(税込)契約期間総量制限
UQ WiMAX3991円1年制限なし
UQ WiMAX2+3991円
エキストラオプション(EX)
使用時は+1005円
2年制限なし
EX使用時は7GB/月
NTT docomo Xi6681円(7GBプラン)2年7GB/月
EMOBILE(SoftBank)3991円2年4G契約:7GB/月
LTE契約:10GB/月


今までの掲載内容はあくまで何も割引サービス等が付いていない場合です。
これからは各社の割引サービスを適用させた場合を確認していこうと思います。

●UQ WiMAX2+
これは最大限安くするためには2つの条件を満たしていないといけません。
2つの条件とは以下の2つです。ちなみにUQ版では無理なのでKDDI(au)版を買いましょう。
①HWD14を新規一括0円で購入する。
②auでフラット契約しているスマートフォンがある。


まず①の条件を満たせばHWD14に適応される毎月割1180円が通信費から引かれることになり、
3991円-1170円=2821円で運用が可能です。

①の条件を満たすだけでも安いですが、②の条件が有ると、auスマートバリュー mineが適応され、
この価格からさらに1008円が割引され、3991円-(1170円+1008円)=1813円で運用が可能です。

●NTT docomo Xi
こちらも最大限安くするためには2つの条件を満たしていないといけません。
ドコモでは3GBプランと7GBプランが有りますが、7GBプランでの解説です。
①L-02Fを新規一括0円で購入する。
②docomoでフラット契約しているスマートフォンかパケホダブル契約しているガラケーが有る。


まず①の条件を満たすと、L-02Fに適応される月々サポート972円、新生活Xiルーター割が両方通信費から引かれることとなり、
6681円-(972円+1080円)=4629円で運用が可能です。
※新生活Xiルーター割は新規一括0円で契約しなくても適応されます。

そして②の条件です。②の条件を満たすと「+Xi割」が適応され、さらに1909円値引きされます。
6681円-1909円-(972+1080円)=2720円で運用が可能です。

※新生活Xiルーター割は今月14日まで、+Xi割は8/31日までのキャンペーンとなっています。

●EMOBILE(SoftBank)
こちらは4G契約(SoftBank)とLTE契約で最安値が異なっています。

まず4G契約を最大限安くするためには2つの条件を満たしていなければなりません。
①GL10Pを新規一括0円で契約する
②SoftBank及びEMOBILEでフラット契約しているスマートフォンが有る


①の条件を満たすと、GL10Pに適応される毎月割の1750円が通信費から引かれ、
3991円-1750円=2241円で運用が可能です。

そして②の条件を満たすとWi-Fiセット割が適応され、さらに1008円が値引きされて、
3991円-1750円-1008円=1233円で運用が可能です。

次にLTE契約を最大限安くするためには1つの条件を満たしていなければなりません。
①GL06Pを新規一括0円契約する。

まあこれだけです。これでGL06Pに適応される毎月割1439円が通信費から割り引かれ、
3991円-1439円=2552円で運用が可能です。

では各社の割引サービス等をすべて合計したものも合わせて各社の料金をまとめた表が以下です。
WiMAXに関してはMVNOで安くなるため、色々異なるため今回は載せていません。

通信費用まとめ標準料金同社契約無最安値
UQ WiMAX2+
エキストラオプション
使用時は+1008円
3991円2821円1813円
NTT docomo Xi6681円4629円2720円
EMOBILE(SoftBank)3991円(4G)
3991円(LTE)
2241円(4G)
2552円(LTE)
1233円(4G)
2552円(LTE)

NTT docomoに関しては、5/14日を過ぎるとこの最安値での契約は不可能になります。

では次に規制に関してのまとめです。

通信規制まとめ総量制限その他規制備考
UQ WiMAX2+WiMAX/2+:無制限
LTE使用時:7GB/月
※LTE使用時も
WiMAXは無制限
2015年4月以降
3日/1GBを超えた場合
総量制限時:128Kbps
NTT docomo Xi7GB/月3日/1GBを超えた場合総量制限時:128Kbps
EMOBILE(SoftBank)7GB/月(4G)
10GB/月(LTE)
3日/1GBを超えた場合(4G)
1日/366MBを超えた場合(LTE)
総量制限時:128Kbps

各社3日/1GB制限を行っていますが、EMOBILE(SoftBank)の4G契約はかなり酷いと酷評なのでご注意を。
EMOBILEを契約する際は「4G」契約と「LTE」契約にご注意を!

WiMAX2+に関しては、エキストラオプションを使用しない場合は総量制限はありません。
エキストラオプションを使用し、7GB通信した場合でも、無印WiMAX(ノーリミットモード)では通信規制はされません。

では次にエリアをまとめてみます・・・が、正直各社基準が違うので公平な比較はできないです。
また、場所によってエリア内でも通信が不可能な場所等も有るので、一概には言えないのが現状です。

エリアまとめ3GエリアWiMAXエリアLTEエリア(4G、WX2+、Xi)
UQ WiMAX2+非対応人口カバー率:94%①WiMAX2+
人口カバー率:未公開
②au 4G LTE
実人口カバー率:99%
※1
NTT docomo Xi人口カバー率:100%
※FOMA全エリア対応
非対応2014年度内
人口カバー率:98%予定
※2
EMOBILE(SoftBank)①EMOBILE 3G(4G/LTE)
人口カバー率:95%
②ULTRA SPEED(4G)
人口カバー率:未公開
※SoftBankの2.1GHzと
900MHzには非対応です。
※3
非対応①EMOBILE 4G(4G)
全国政令都市
人口カバー率:100%
②EMOBILE LTE(4G/LTE)
全政令都市及び
全県庁所在地

人口カバー率:99%
※4
※5

※1
「人口カバー率」と「実人口カバー率」は基準が異なりますので、単純な比較は出来ません。
※2
2014年5月現在の結果が発見できなかったため、予定の結果となっています。ご了承ください。
※3
SoftBankのiPhoneや、Androidスマートフォン、EMOBILEのGL07SやNexus5などとはエリアが異なります
※4
「人口カバー率」と「全国政令都市人口カバー率」、「全政令都市及び全県庁所在地人口カバー率」は基準が異なりますので、単純な比較は出来ません。
※5
SoftBankのiPhone及びhybrid4GLTE端末、EMOBILEのNexus 5とはエリアが異なります

※1や※4に関してですが、なんでこんな分かりずらい表記をするのかと言ったら、

単純に数値をデカくして良く見せようとしてるだけです。

各社「人口カバー率」に統一してもらいたいところですね・・・

次にあまり意味がないと思っている最高速度一覧。
何故あまり意味がないのかと言えば、あくまで最高であり、結局使う所でその速度が出なければ意味もないので・・・

最高速度まとめ3GエリアWiMAXエリアLTEエリア(4G、WX2+、Xi)
UQ WiMAX2+非対応下り:40Mbps
上り:15Mbps
①WiMAX2+
下り:110Mbps
上り:10Mbps
②au 4G LTE
下り:150Mbps
上り:25Mbps(15Mbps)
※1
NTT docomo Xi下り:14.4Mbps
上り:5.7Mbps
非対応下り:150Mbps
上り:50Mbps
※2
EMOBILE(SoftBank)①EMOBILE 3G(4G/LTE)
下り:21Mbps
上り:5.7Mbps
②ULTRA SPEED(4G)
下り:42Mbps
上り:5.7Mbps
非対応①EMOBILE 4G(4G)
下り:110Mbps
上り:10Mbps
②EMOBILE LTE(4G/LTE)
下り:75Mbps
上り:25Mbps
※3

※1
正確には周波数帯によって速度が変わります。
Band1:下り最大150Mbps/上り最大15Mbps
Band11:下り75Mbps/上り25Mbps
Band18(俗にいう800Mhz):下り75Mbps/上り25Mbps

※2
正確には周波数帯によって速度が変わります。
Band1:下り最大75Mbps/上り最大25Mbps
Band3:下り150Mbps/上り50Mbps
Band19:下り最大112.5Mbps/上り最大37.5Mbps
Band21:下り最大112.5Mbps/上り最大37.5Mbps

※3
一部下り37.5Mbps/上り12.5Mbpsエリア有り

取りあえずまとめてみました。
質問等ありましたら、コメント欄及びTwitter(個人アカウント)のリプにお願いします。
多分返信はTwitterの方が早いかと思います。。。

間違い等もご連絡いただけると幸いです。

 

やっとauのLTEのWiFiルーターの情報が出たのでまとめてみます。
とりあえず最新の端末のみの掲載となります。価格は通信費です。

①NTT DoCoMo L-03E 2013年1月発売予定
通信規格:FDD-LTE(Xi)2.1Ghz,1.5Ghz,800Mhz/3G(FOMA)2.1Ghz,1.7Ghz,800Mhz
通信速度:FDD-LTE(Xi)下り100Mbps、上り50Mbps/3G(FOMA)下り14Mbps、上り5.7Mbps
※正確にはLTEは下り112Mbpsです。
バッテリー容量:3600mAh(スマホ等の充電も可能)
バッテリー持続時間:FDD-LTE(Xi)約8時間/3G(FOMA)約11時間
重さ:145g

価格:5,985円+プロバイダ料金525円=6,510円
※+Xi割を使用した場合は3,980円+525円=4,505円(25か月間のみ)

通信制限:7GBまで。超えた場合は月末まで128Kbps。2GBごとに2625円で解除可能。

②SoftBank 102HW 発売中
通信規格:TD-LTE(AXGP)2.5Ghz/3G(ULTRASPEED)1.5Ghz
通信速度:TD-LTE(AXGP)下り110Mbps、上り10Mbps/3G(ULTRASPEED)上り42Mbps、下り5.7Mbps
バッテリー容量:3000mAh
バッテリー持続時間:TD-LTE(AXGP)約8.5時間/3G(ULTRASPEED)約7.5時間
重さ:135g

価格:4,410円(76Mbpsまで対応の102zは3,880円です)
そういえば102HWに関しては5GB以上使う場合は標準の方が安かったりします。
標準価格は5.985円+525円=6,510円なのに対し、
このプランで5GB以上高速通信をする場合は4,410円+2625円=7,035円となります。

通信制限:5GBまで、超えた場合は月末まで128Kbps。2GBごとに2625円で解除可能。
(あと公式には書いてませんが、18時以降の動画規制もあると思われます)

③au by KDDI Wi-Fi WALKER LTE 11/02日発売
通信規格:FDD-LTE(4G LTE)1.5Ghz,800Mhz/3G(WHS)2.1Ghz,800Mhz
通信速度:FDD-LTE(4G LTE)下り75Mbps、上り25Mbps/3G(WHS)下り9.2Mbps、上り5.5Mbps
バッテリー容量:3000mAh
バッテリー持続時間:FDD-LTE(4G LTE)約9時間/3G(WHS)約12.5時間
重さ:136g

価格:5,985円+LTE NET for DATA525円=6,510円

通信制限:7GBまで。超えた場合は月末まで128Kbps。2GBごとに2625円で解除可能。

④EMOBILE GL04P 発売中
通信規格:FDD-LTE(EMOBILE LTE)1.8Ghz(1.7Ghz band3)/3G(G4)1.7Ghz
通信速度:FDD-LTE(EMOBILE LTE)下り75Mbps、上り25Mbps)/3G(G4)下り42Mbps、上り5.7Mbps
バッテリー容量:3000mAh
バッテリー持続時間:FDD-LTE(EMOBILE LTE)約9時間/3G(G4)約9時間
重さ:140g

価格:3,880円

通信制限:2014年5月までは無し。それ以降は10GBまで。

⑤UQ WIMAX WM3600R 発売中
通信規格:IEEE 802.16e-2005(WIMAX)2.5Ghz
通信速度:下り40Mbps、上り15.4Mbps
バッテリー容量:2500mAh
バッテリー持続時間:約10時間
重さ:110g

価格:3,880円(他と違い、1年縛りです)

通信制限:無し。



LTEではEMOBILEの安さが目立ってますね。2014年5月まで10GB制限が無いのも良い所です。
しかし、今後SoftBankのiPhone5ユーザーが流れてくることを考えると、今から2年契約は心配です。

auは法人向けですが、個人契約も可能です。しかし、今の所割引等は無く、結構高くなっています。
端末に関してはW-CDMAや、GSMにも対応となっています。

SoftBankのは正直あまり良いとは思えませんね。制限があるうえ、地下の対応状況も不明ですし。
AXGPスマホでテザリングを解放したのですから、2.1Ghzだけでも入れてほしかったですね。
(まあ夏時点ではテザリングの件は無かったですが・・・。)
乱立して他社ユーザーには恩恵のない、邪魔なWiFiスポットが使えるのは利点ですかね。
まあできるだけスポット使ってくれって話でこの価格設定なのかと思います。(1日定額490円ですし。)

ドコモの物はスペックは魅力的なのですが、発売日が結構先なのが悔やまれますね。
また、ドコモユーザーであれば+Xi割で安く抑えられるのは良いポイントです。
Xiエリア外でもFOMAエリアで使用可能なのでエリアの心配は一番少ないでしょう。

UQ WIMAXはやはり制限なし、無制限というのが利点ですね。
将来WIMAX2をやったとしても、無制限というのを続けていって欲しいです。
また、Tryサービス等で、エリア確認もできるので良心的と思います。

それで、今現在私が一番おススメなのはどれか。
SoftBankがイー・アクセスを買収発表しなければEMOBILE LTE一択だったのですが、
買収発表して、iPhoneのユーザーの流れを考えるとかなーりおススメできなくなりました。
只でさえ計測しても初期より速度かなり落ちてるのにも関わらず、iPhoneが入ってきたら・・・。


 



 

久しぶりにYoutubeの視聴実験を行ってみました。取りあえず結果だけ書いていきます。
計測は都内で20時頃行っています。また、場所等によっても変わる可能性のあることをご了承ください。

①NTT DoCoMo
・Xi
HD画質でも安定して視聴可。そこまで行くのもサクサク行けました。
スピードテストは下り9Mbps程度でした
・FOMA
HQ画質でも安定して視聴可。Xi並みではないですが、ページ閲覧もサクサク可能でした。
スピードテストは下り3Mbps程度でした。

②SoftBank
・AXGP
なかなか始まらない。いい加減に始まらないので途中で切りました。
スピードテストは下り23Mbps出ていました。

・UltraSpeed (1.5Ghz)
AXGPと同じく始まらない。
スピードテストは下り10Mbps程度

・iPhone HSPA+ (2.1Ghz)
AXGPやUltraSpeedに比べるとちょっとはマシに再生できますが、
止まってばっかりで見てられませんでした。

・iPhone 4G LTE
HSPA+とほぼ同じ。気持ちちょっと読み込み早いかな?

全てにおいてブラウジングはサクサクでした。

③au by KDDI
・3G WHS
回線遅すぎて止まってばっかり。そこまで行くまでもちょっとストレス

・4G LTE
安定した視聴可能。そこまで行くのも安定していました。

・WIMAX
HD動画も途切れることなく再生可能でした。
スピードテストは下り12Mbps程度でした。


今回3G、LTE共に見れたのはDoCoMoのみという結果になりました。
auは動画以前に速度が出ていませんね。ブラウジングもストレス掛かりました。
(出てれば問題なく見れるんですけどね。)

Softbankはもう話すこともないでしょう。確実に動画の規制をしています
というかこの時間でSoftBankで見れた試しがないんですけど。
 

前回郊外にて速度測定を行いましたが、今回は秋葉原にてドコモXi、EMOBILEなども含めて速度測定致しました。
計測時間はお昼前後です。

まずはNTT DoCoMo Xi及びFOMA ハイスピードの計測。※計測端末 SC-06D
①NTT DoCoMo FOMAハイスピード 14Mbps/5.7Mbps
Ping:145ms/Down:2574Kbps/Up:383Kbps
以前の計測より落ちてますね。上りは変わらないのでFOMAの上りはこんなもん??

②NTTDoCoMo Xi(LTE) 37.5Mbps/15Mbps ※スポットではないため。
Ping:43ms/Down:17160Kbps/Up:3224Kbps
やっぱりXiなので下りは良いですね。でも上りはもう少し頑張ってほしかった。

次はSoftBankの計測です。通信速度上限ごとに測定してきました。
①SoftBank ULTRASPEED DC-HSDPA 42Mbps/5.7Mbps ※計測機種 106SH
Ping:95ms/Down:22911Kbps/Up:910Kbps
下り速度はダントツで一番です。上りも問題ない速度だと思います。

②SoftBank ULTRASPEED HSPA+ 21Mbps/5.7Mbps ※計測機種 104SH
Ping:83ms/Down:9757Kbps/Up:2225Kbps
下り速度はこちらは最大21Mbpsなので、文句は無い速度だと思います。
また、上りに関してはこちらの方が速度が出るという結果になりました。

③SoftBank 3Gハイスピード HSDPA 14.4Mbps/5.7Mbps ※計測機種 107SH
Ping:72ms/Down:6594Kbps/Up:2658Kbps
この端末はULTRASPEED非対応端末ですが、この程度でれば通常利用では問題ないと思われます。
Pingに関してはこの端末が一番いい結果になりました。

④SoftBank 3Gハイスピード HSDPA 7.2Mbps/5.7Mbps ※計測機種 003P
Ping:101ms/Down:4538Kbps/Up:2709Kbps
7.2Mbps上限にしては良く出ている方だと思います。
でも気になるのは上り速度が下り上限が落ちていくと上がっていく・・・。誤差だと思いますが。

※今回計測できませんでしたが、上りが2.0Mbps及び384Kbpsの端末もあるようなので、
計測できる機会が有りましたら追記致します。

次はau by KDDIの端末の計測。
①au by KDDI +WIMAX 40Mbps/10Mbps ※計測機種 ISW16SH
Ping:89ms/Down:4497Kbps/Up:1317Kbps
・・・ソフトバンクの7.2Mbpsに負けるWIMAXって・・・。ちょっと残念。

②au by KDDI WIN HIGH SPEED 9.2Mbps/5.5Mbps ※計測機種 ISW16SH
Ping:182ms/Down:6602Kbps/Up:969Kbps
3Gの方が早いってどういうこと!?WIMAXの意味ないじゃん!!
WIMAXはせめて10Mbps程度は出てほしかったorz

③au by KDDI 3.1/1.8Mbps ※計測機種 IS12M
Ping:83ms/Down:2109Kbps/Up:883Kbps
HIGH SPEEDは3本束ねているので、3/1程度の速度ですね。上りはこれくらいが限度??

お次はEMOBILEです。HSPA+の端末とHSDPAの端末です。
①EMOBILE HSPA+ 21Mbps/5.7Mbps ※計測機種 GS03
Ping:54ms/Down:8473Kbps/Up:1437Kbps
SoftBankのULTRASPEEDに一歩及ばず・・・。でもEMOBILEはping値はホント良いですね。
3Gにしては上出来です。

②EMOBILE HSDPA 14.4Mbps/5.7Mbps ※計測機種 GS01
Ping:66ms/Down:4710Kbps/Up:1489Kbps
これもSoftBankに負けてる・・・ってかドコモはダントツで・・・遅いですorz

まとめ。下り速度の比較
SB(42Mbps)>DoCoMo(Xi37.5Mbps)>SB(21Mbps)>EMOBILE(21Mbps)>au(9.2Mbps)>SB(14.4Mbps)>EMOBILE(14.4Mbps)>SB(7.2Mbps)>au(WIMAX 40Mbps)>DoCoMo(14.4Mbps)>au(3.1Mbps)

上り速度の比較
DoCoMo(Xi 15Mbps)>SB(5.7Mbps)>EMOBILE(5.7Mbps)>au(5.5Mbps)>au(3.1Mbps)>DoCoMo(5.7Mbps)

Ping値の比較
DoCoMo(Xi)>EMOBILE(HSPA+)>EMOBILE(HSDPA)>SB(HSDPA)>au(3.1Mbps)=SB(HSPA+)>au(+WIMAX)>SB(DC-HSDPA)>DoCoMo(HSDPA)>au(WIN HIGH SPEED)

また、今後、混雑するといわれる夜9時以降の速度測定も行います。


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。