良く中国製の低価格スマホに使用されているMEDIATEKのチップですが、最新のMT6577の情報です。
やっとまともな性能になってきましたね・・・。

モバイル情報-MT6577

スペック等
名称:MT6577
ベース:Cortex-A9 1Ghz (Dual Core)
GPU:PowerVR SGX 531+ (なんかSGX531より性能が良いらしいです。でもWikipedia等に記載無いので、本当かなぁ・・・?)
※SGX540ではなく、SGX531でした。ご指摘ありがとうございました。
対応画面解像度:1280x720 (HD)
動画最大対応解像度:1920x1080 (FHD)
対応カメラ画素数:800万画素
その他:Bluetooth4.0対応、GPS対応、3G/HSPA対応

スペック的にはOMAP4430より少々下回る程度でしょうか?
SGX531ならばスペックはOMAP4430よりも下ですね・・・。
このチップを搭載した端末は今年のQ3(7月-9月)に出るとのことです。
スポンサーサイト
 

何時でるのかわくわくしてましたがいよいよ発表されました。

モバイル情報-MeizuMX_1

スペック(公式サイトからの物です。)
OS:Android 4.0(独自UIのFlyme OS 1.0搭載)
CPU:Exynos4412 (Cortex-A9 quad-core) 1.4Ghz
液晶:4インチ 960x640 292PPI シャープ製のNewASV液晶

ちなみに960x640というのはダブルVGAでqHD(960x540)以上、HD(1280x720)未満です。
またPPI値の比較です。
4.7inch HD液晶→312PPI/4.5inch HD液晶→326PPI/4.3inch HD液晶→341PPI
4.3inch qHD液晶→256PPI/4.1inch QHD液晶→261PPI/3.7inch qHD液晶→297PPI

カメラ:背面800万画素 CMOSセンサー F2.2/前面30万画素
電池容量:1700mAh
RAM:1GB (MEIZU社に確認した所1GBとの回答を頂きました。)
ROM:32GB/64GB
MicroSD:なし
SIM:MicroSIM
Bluetooth:2.1 + EDR
GPS:A-GPS/GPS
WIFI:802.11 b/g/n
対応規格:GSM/GPRS/EDGE/WCDMA/HSPA+
その他:USBHOST対応、3.5mmイヤホンジャック搭載
重さ:139g

CPUの変更とそれに応じた電池容量のアップくらいですね。
しかしクロックは1.4Ghzかぁ・・・。前の1.8Ghzだとよかったのですが。

あとカバーが別途で販売されるのですが、1500円程度するんですよ。
なんか高いような気がするのは気のせいでしょうか・・・?
 

私は購入していないので実際に確認はしていませんが、ネット上に出回っている情報だと、

「PHSの通話は問題ないが、3Gのデータ通信ができない。」

えー・・・・・・ついでにEメールもできないorz
一日外でのネットできないってワケ?初日にテストしなかったんですかね・・・。

※06/29追記
取りあえず解決したようです。
当該の問題があった人にはその分の通信料を日割りで返金するという対応になるようです。
 

以前NOVO7騎士等で話題になったMIPSですが、今回新しいものの情報が出てきました。

JZ4780という物でA9デュアルコアと同じくらいの性能らしい・・・。

名称:JZ4780
ベース:MIPS Xburst
周波数:1.5Ghz (Dual Core)
GPU:SGX540
プロセス:40nm

でもいくら性能が向上してもMIPSなのでアプリの制限があるのが難点。あとは価格ですかね。
このスペックで99$とかだったらすごいですが・・・。

そういえばデモ機はAinolではなくK-touchというメーカーのAT100という端末だったそうです。
もしかしたら最初の搭載機種はこのメーカーから出てくるのでしょうかね。
 

6/20日の定義更新後、Android用のウイルスセキュリティのAvastにて、
一部のアプリがマルウェア判定されています。↓Avastのマーケットリンク
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.avast.android.mobilesecurity

どうやら、Adlantis社の広告の一部のファイルがマルウェア判定されているらしく・・・。

ちなみにMoghav-A[Trj]と判定されていますが、このマルウェアはsdcard/DCIM/Camera内の
画像ファイルを改ざんする物のようです。・・・が。

詳しくはシマンテックのサイト参照↓
http://www.symantec.com/connect/blogs/androidmoghava

マルウェア判定されたもの入っててもなーにも問題起きてません。
しかも・・・SDカードの書き込み権限すらないアプリもマルウェア判定されているので
多分・・・ってかほぼ確実に誤検知かと思います。

でも不安な方はAvastの発表があるまでアンインストールしておくことをおススメします。

※6/22日追記
6/21版定義にてマルウェア判定されないことが確認できました。
やっぱり誤検知だったみたいです。
 

SmartQから出ているT20ですが、この度Ubuntuが出ました。
結構動きは良さそうですね。↓動作動画


そういえば以前SmartQではAndroid&Ubuntu&WindowsCEというトリプルOSの端末が出ていました。
次回のWin8ではARMもサポートされるので、今度はAndroid 4.0+Ubuntu 12.04+Win8
という物も出てくるかもしれませんね。そうしたら本当に一台でなんでもできる万能端末になりそうです。

Ubuntuに関してはWindowsと違い結構ARM対応の端末も多いので不自由はしないかと思います。
あとWin8がARM対応になれば、Linux用のWindowsアプリケーションエミュレーターのWineも
使用することができると思います。取りあえず今現在はT20のみですが、今後発売される商品には
同じようなものが搭載されるかと思います。続端末に期待ですね。

続端末で出ているのはGPS+BT対応の7インチのK7というもの・・・。
まだCPUがOMAPで、GPS+BTということしか出てきていませんがもしかしたら・・・?
でも・・・高いのかなぁ。2万円程度だと良いのですが、3万円程度してしまうと
中々手が出にくいのが現状です。不良だった場合に送り返すのも一苦労なので・・・。

あと問題はSmartQはFWが盛んなものは良く出るんですが、その他の物はほっとんどFWでないんです・・・orz
 

最近WILLCOMから発表されたDIGNO DUALことWK04Kですが、

ウリは「通話定額+高速通信」な訳です。・・・まあ残念機種判定ですけど・・・
で、ふと通話定額+高速通信で一個思い浮かんだものが有りました。
EMOBILEのGS03です。なのでちょっと比較してみようと思いました

①まず価格面。(商品代金も含めたものに変更しました。)※6/16
WX04K→基本使用料980円+WEB接続料315円+3Gパケット定額5460円+機種代分割500円=7255円
※キャンペーンで誰とでも定額が無料になっています(多分ずっとキャンペーンやりそうだけど)
GS03→スマートプラン4580円+通話定額1400円+EMNET315円+アシスト(2000円)-1515円=6780円

価格面ではGS03のほうが安くなっています。

②エリアに関してはWX04K>GS03です。
WX04K→通話(PHS+SB3Gエリア)+データ(SB3Gエリア) ※900Mhz非対応
GS03→通話及びデータすべてEM3Gエリア

③次は定額の範囲。ユーザー数等考えWX04K>GS03ですね。
WX04K→070への発信24時間無制限無料/その他には月500回まで10分まで無料
※PHSのため高速移動時の通話には弱い弱点有り
GS03→EMOBILEへの発信は24時間無制限無料/その他には月300回まで10分まで無料

④高速データ通信に関して。ULTRASPEEDのエリアとBS、動画規制等考えGS03>WX04K

⑤スペックに関して。スペックに関してはGS03の方が性能は良いですね。
OS(現時点)→GS03(4.0) > WX04K(2.3)
CPU→GS03(OMAP4460 1.5Ghz) > WX04K(R-Mobile APE5R 1.2GHz)
RAM→GS03(1GB) = WX04K(1GB)
ROM→GS03(4GB) > WX04K(2GB)
液晶サイズ→GS03(4.3inch) > WX04K(4.0inch)
液晶解像度→GS03(qHD) > WX04K(WVGA)
※解像度に関してはGS03はペンタイルなので一概には言えませんが・・・
カメラ(背面/前面)→GS03(800万画素/130万画素) > WX04K(500万画素/30万画素)
WiFi→GS03(b/g/n) = WX04K(b/g/n)
Bluetooth→GS03(3.0) > WX04K(Ver2.1+EDR)

⑥ガラパゴス機能。ガラパゴス機能に関しては圧倒的にWX04の方が有利です。
WX04K→赤外線通信、ワンセグ対応、防水機能
GS03→なし

とりあえず、周りにWILLCOM通話相手がいる、EMエリアではないのであればWX04K。
それ以外のだとGS03の方が安くなりそうです。データ通信に関してもEMOBILEの方が良さそうですし・・・
 

EMOBILE新商品発表会。30分も経たずに終了。業界最速・・・でしたw
とりあえずめぼしいものはこれくらいですかね?(ファーウェイ製のタブレット出てるけど)
というかスティックの150Mbps対応無いの?これちゃんとモデム動作するの??
※モデム動作出来るようです。資料に書いて有りました。

あとは150MbpsのFDD-LTEの実証設備の検証が行われていました。
コレ。検証動画を見ると下りはすごいですが、上りがG4回線並み・・・。

※これは屋内の施設内での計測結果です。まだEMは20M持っていないので・・・

ではGL04Pの紹介に入ります。発売時期は7月だそうです。
$モバイル情報

商品名:GL04P
対応周波数:1.8Ghz(LTE)/1.7Ghz,2.1Ghz(DC-HSDPA,W-CDMA)
最大下り通信速度:150Mbps(LTE)/42Mbps(3G)
※LTEに関しては端末自体は150Mbps対応しているが、現在は最大75Mbpsまで対応。
最大上り通信速度:50Mbps(LTE)/5.7Mbps(3G)
※LTEに関しては端末自体は50Mbps対応しているが、現在は最大25Mbpsまで対応。
無線LAN:IEEE802.11b/g/n(nは300Mbpsまで対応)
重さ:140g
同時接続:10台
バッテリー容量/連続通信時間:3000mAh/9時間(LTE)
MicroSD:SDHCの32GBまで対応


 

今回も安いメディアを購入してきました。
買ってきたのはコチラ↓
モバイル情報モバイル情報

Gigastone 8GB Class4 289円@あきばおー零1F あきばおー通販サイトより安い特価でした。
Transcend 4GB Class4 199円@あきばおー零1F これも通販より安いです。
※価格情報は6/2日現在の情報です。変わっている可能性が有ります。ご了承ください。

Gigastone 8GB Class4のベンチ↓最近ありがちな読みは良いのに書きが残念なカードです・・・
ランダムは良いんですけどね・・・。
--------------------------------------------------
CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
--------------------------------------------------

Sequential Read : 20.184 MB/s
Sequential Write : 5.283 MB/s
Random Read 512KB : 19.481 MB/s
Random Write 512KB : 1.483 MB/s
Random Read 4KB : 4.510 MB/s
Random Write 4KB : 1.371 MB/s

次はTranscend 4GB Class4のベンチ↓
ちょっと残念な結果です・・・。Gigastoneの物の方がよさそうですね。
4GBだったらアキバ特区の物の方が良さそうです。
--------------------------------------------------
CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
--------------------------------------------------

Sequential Read : 19.897 MB/s
Sequential Write : 7.000 MB/s
Random Read 512KB : 19.078 MB/s
Random Write 512KB : 1.094 MB/s
Random Read 4KB : 3.704 MB/s
Random Write 4KB : 0.359 MB/s