全国のローソンで「ソフトバンクWi-Fiスポット」が利用可能に
はあ。またですか。

あれですよ。ローソンは既にauのWiFiがあるんですね。で、すでに
LAWSON_Wi-Fi
au_Wi-Fi
Wi2
のようなSSIDがローソン一店舗につき一セットあるわけですよ。

で。今回ソフトバンクのWiFiも入ることになりました。SSIDは
0001Softbank/0002Softbank/SWS1day/(FON)※未確認ですが、多分あるのではないかと思います。

さらにさらに。ドコモもWiFiをローソンでやっているようです。
なんでローソン一店舗で、こんなにSSID多いんですか?
LAWSON_Wi-Fi
au_Wi-Fi
Wi2
0001Softbank
0002Softbank
SWS1day
(FON)
docomo

もうね。いい加減にしてほしいですよ。ローソンの近くに住んでいる人なんて、
モロWiFiが混線すると思います。こんなにあったらチャンネルが無くなりますよ。確実に。

また。WiFiのバックボーンも各社そろって携帯回線。(一部固定回線もありますが)
Xi/ULTRASPEED(AXGPのもあり)/WIMAX
結局、混んでるトラフィックを比較的空いている回線に回したいだけなんですよね。
※WIMAXはもうあんまり空いていないような気もしますが。

他にもこの節電節電言ってる時代に、このWiFi数。いったいどんだけ電気食うんでしょうか?
それはね。他社ユーザーには自社WiFiを使わせたくないのは分かりますよ。
でもね。三社で共同会社立ち上げて、トラフィックに合わせて、ADSLやら光やらを配備していった方が
良いと思うんですけどね。

結局、携帯回線がバックボーンなので、スポットが増える=使う人が増える=回線が遅くなる
あんまり意味ないと思うんですけどね。いずれ、大多数のスマホが高速通信に対応すると思うんですよ。

数人が使うWiFiと自分だけしか使ってない携帯。
元が同じ携帯回線なら、速度がどうなるかはわかりますよね。
どう考えても、WiFiの方が速度が遅くなるって本末転倒な事態が起きちゃうんです。
(まあ、WiFi使ってくれた方が一回線を分けてくれるからキャリア的には良いのかもしれませんが。)

だからと言って、もうものすごい数のWiFiスポットを固定回線に置き換えるのもコストがすごいので、早々やらないでしょう。

何時か意味がなくなると思うんですけどね・・・この携帯回線バックボーンのWiFiさんたちは。
規制回避くらいにしか使い道が無くなるんじゃないかって思います。

そうなると、WiFiの混線っていう弊害しか残らないんですよ。それでタイトルに戻ります。

一体どこまでキャリア各社はWiFiの混線をさせたいのでしょうか?


スポンサーサイト
 

※このアップデートはMeizu MX用ではありません。ご注意ください。

モバイル情報

ダウンロード 約95.6MB
http://firmware.meizu.com/Firmware/Flyme/1.1_9222/M9/update.bin
http://download.meizu.com/Firmware/Flyme/1.1_9222/M9/update.bin

MD5:7f8c70177705da38d5a50097c001d216
SHA1:c640251daf6ed64b02efdf0a6c9352f56280ff42


・アップデート方法
①.binファイルをSD直下に置く
②Vol+を押しながら起動
③完了後、Flyme1.1になっていればアップデート成功。
 

随時更新します。

小米M2
モバイル情報


モバイル情報


・スペック
商品名:小米M2
OS:Android 4.1ベースのMIUI
CPU:APQ8064 Krait 1.5Ghz
液晶:4.3インチ 1280x720 342PPI
※シャープとジャパンディスプレイから供給
ROM:16GB
RAM:2GB
背面カメラ:800万画素 裏面照射型CMOS F値は2.0 広角27mm/前面カメラ:200万画素
動画撮影:1080p 30fps/720p 90fps
無線関連:WIFI b/g/n Bluetooth 4.0(HID対応) DC-HSDPA対応
バッテリー容量:2000mAh(オプションで3000mAhあり)
大きさ:126mmx62mmx10.2mm
重さ:145g

・ベンチマーク
Antutu:14085
Quadrant:7787

・価格/発売日
1999元/10月 
 

※初代MX専用のアップデートです
また、これは中国版のFWなので、香港版を持っている方はアップデートしないでください。

ダウンロード 約113MB
 http://download.meizu.com/Firmware/Flyme/1.0.5-8580/MX/user/update.bin
http://firmware.meizu.com/Firmware/Flyme/1.0.5-8580/MX/user/update.bin

MD5:393 dee0655a69f82a41f7ff3cf7d50ef
SHA1:80835 b1c8bc32389f0268618ab5548a5364635a1

・アップデート方法
①.binファイルをNAND直下に置く
②Vol+を押しながら起動

 

MT6577の端末が出だして、やっと格安スマホにも、デュアルコアの時代か。
と思った矢先にもう、次のチップが今年末に発表&2013年Q1には量産開始との情報が出てきました。

取りあえず今現在出ている情報です。
まず、ハイスペック版のMT6588です。MT6577からの差異を書いていきます。
(MT6577→MT6588)
・CPU
Cortex-A9 Dual 1Ghz → Cortex-A7 Quad 1.xGhz
・プロセス
40nm→28nm
・カメラ対応画素数
800万画素→1300万画素(1200万画素?)
・動画最大対応解像度(撮影&視聴)
720p→1080p
・GPU
SGX531→SGX544
・対応画面解像度
qHD(でもHD端末出てるような)→WXGA
・対応通信形式
HSPA 7.2Mbps/5.7Mbps→HSPA+ 42Mbps/11Mbps、TDSCDMA 2.8Mbps/2.2Mbps

次に、廉価版のMT6583です。
(MT6577→MT6583)
・CPU
Cortex-A9 Dual 1Ghz → Cortex-A7 Dual 1.xGhz
・プロセス
40nm→28nm
・カメラ対応画素数
800万画素→800万画素
・動画最大対応解像度(撮影&視聴)
720p→720p
・GPU
SGX531→SGX544
・対応画面解像度
qHD(でもHD端末出てるような)→FWVGA
・対応通信形式
HSPA 7.2Mbps/5.7Mbps→HSPA+ 21Mbps/5.7Mbps、TDSCDMA 2.8Mbps/2.2Mbps

ついにクアッドまで来ましたか。MT6575の頃の使え無さそう感がどんどん消えてゆきます。
省電力のCortex-A7を使用しているので、電池の持ちにも期待が出来そうですね。
このスペックの端末が$200以下の端末になるとは・・・。時代の進化は怖いものですね。
 

今回小米M2の物と思われるベンチマークの画面のリークが出てきました。

モバイル情報

モバイル情報

数値は13592ととても高い値を示しています。
他のAPQ8064搭載の端末でも同等の数値なのでAQP8064搭載は確定だと思われます。

また、パッケージも公開されています。再生紙を使用しているようですね。

モバイル情報

モバイル情報

モバイル情報
 

小米M2ではなく、M1のグレードアップ版が出てきました。

モバイル情報

↑がその機体のようです。前面カメラ搭載(画素数は不明)

追記↓端末情報画面のリークもされました。

モバイル情報

1.7Ghzのデュアルコア使用で、台湾版/香港版のHTC One Sと同じ
MSM8260の1.7Ghzが使用されるという事です。
追記。もしかしたらMSM8260Aかも知れません。
 

要するに、WILLCOMとして出すために、型番変えただけなんですよね。コレ。

しかしプランを見ると、これはもうソフトバンクのスマホとセットで買った人で、
データ満額まで使ってる人は一番がっかり来るプランですね・・・。

取りあえずWILLCOMさんにはWX05Kの後続の折り畳み携帯を早く出してほしいです。
今のWX05Kではスペック的に古すぎて、中々今の端末から変える気力が起きないので・・・。
 

今現在MNP(ナンバーポータビリティ)での移行に大きなキャッシュバックが掛かり、
凄い所では4万~というのもあります。

でも・・・逆に長く契約している人にはあんまりいいことが無いんです。
だって、長く契約するより、2年ごとにMNPでキャリアコロコロ変えてった方が得なんですから。

ユーザーにとっては得かもしれませんが、長期契約者に何も見返りが無いんですよね。
また、MNPではないですが、新規契約者のみの物。前WILLCOMでやってたどん引きとか。
今までのプランSユーザーより、3年で12,000円も違ってしまう。

でもこれはまだ12,000円程度なのでまだいいですよ。MNPの4万とか5万ってなんですか?
長期契約者にもその分キャンペーンを行って欲しいですよね。

新規契約者を増やしたいのは分かりますよ。それは。でもちょっとやりすぎなんじゃないかって思います。

以上私の個人的な意見でした。
 

中国本土版に遅れ、香港版もリリースされました。

初代MX(M030)はサポートされません。

ダウンロード 約115MB
http://download.meizu.com/Firmware/Flyme/1.0.3-7929/MX/HK/update.zip

MD5:23fdfed24d8cefa5d1f95a90b002addd
SHA1:
dda7309390cbc4010447423313f7f4cc253bd8e4


・アップデート方法
①.binファイルをNAND直下に置く
②Vol+を押しながら起動