HUAWEIの次期フラッグシップと見られるD3はK3V3を搭載する模様です。

また、金属製のボディとなるようです。

それ以前にいつになったらK3V3は発表されるのでしょうか??

Source:C科技(Weibo)
スポンサーサイト
 

MeizuがTD-LTE搭載のスマートフォンを発売予定のようです。
また、SoCはMediaTek製のようで、8コアの物なようですが、
MT6592はLTE非対応なので、違うものを搭載するのでしょうか?

また、MediaTekからは年末頃にLTE対応のものが出るとの噂です。

続報に期待ですね。

個人的にはFDD-LTEにも対応して欲しいところですが。

Source:魅族搭载联发科八核 将推TD-LTE 4G新机
 









まず外形の画像からです。
バッテリーは3000mAhを搭載する模様で、
あとはSIMは2枚、MicroSDも使用可能なのがわかります。







次にスペック等の情報です。下記にまとめました。
名称:HUAWEI G750-T00
OS:Android 4.2.2
SoC:MT6592 1.7Ghz
内蔵メモリー:8GB
RAM:2GB
画面:1280x720(5.5インチ?)
カメラ:背面1300万画素、前面500万画素



またこちらがEmotion 2.0のテーマのようです。

Source:叶开D2(Weibo)
 

やっと。。。。やっとXiaomi Mi3が到着しました。

本当はもっともっと早く手に入るはずだったのですが、
買った先の業者が最初違う物送ってきて何だかんだで届くまでひと月程度掛かりましたorz

そんなこんなでなんとなんと今日アスキーに書かれてしまったという悲惨な出来事。
なので外見レビューに関しては以下をご覧ください。(暗くて上手く撮れなかったからというのは内緒)
アップル、サムスン、ソニモバも恐れるシャオミの最新スマホ『Mi3』レビュー

では今回は取りあえず皆さんが気になるであろう下記の点に関してのレビューというか解説です。
①Google Play入るの?
まず単刀直入に答えを言ってしまうと入ります。しかし元の状態では入っていません。

Screenshot_2013-11-27-20-59-12.png

なのでまずは独自マーケットを開き、
「Google Play」と検索してトップに出てくる「谷歌応用下載器」をインストールします。

Screenshot_2013-11-27-20-59-55.png

Screenshot_2013-11-27-20-59-37.png

そしてこのアプリでGoogle Playをインストールすると、
他の必要な物も同時にインストールされるのでそちらもインストールします。
※この後でGoogle Playがうまく起動しないときは、一度アンインストールして再度インストールしてください。

②root権限取れるの?

これももちろん?取れます。しかしsetting内をいくら見回してもありません。じゃあどこにあるか。
ホーム画面上に「permission」というアプリがあり、そちらに入っています。

Screenshot_2013-11-27-20-53-21.png

端末のみで取れるので簡単ですね。これで有効にしたらSuperUser等のソフトでsuの更新をお勧めします。

あとroot取った場合には(というか取らなくても)
NANDメモリー上にMIUIのzipファイルを「update.zip」とリネームして置いておいてください。

こうすることによってリカバリーから焼くことができ、もしもの際に復元可能です。

取りあえず気になる点だけ急ぎで書いてしまいました。
というかROMに関してはMIUIなので色々な端末で試せるのであまりやる意味を見いだせないのですが・・・

ちなみに直販価格は1999元ですが、
日本に住んでいるとなかなか難しいと思うので買う際は+10kを覚悟しておいた方が良さそうです。
 

Ascend P6の後継機種のP6Sが来月18日にリリースされる模様です。

主な変更点としては、
SoCがK3V2 Proとなっており、クロック数が1.5Ghz→1.6Ghzに、プロセスが40nm→28nmとなっています。
また、GPUがGC4000からMali-450となっています。

カメラに関しては背面800万画素、前面500万画素を搭載しています。

また、厚さが若干増加するようで、6.18mm→6.48mmになり、その分バッテリーが大きくなるとの事。

Ascend P6Sは日本でもGL11Sとしてイー・モバイルから発売予定です。

Source:C科技(Weibo)
 









Thl社のMT6592搭載のW11Ⅱの画像が公式サイトにて公開されていました。

また、判明しているスペックに関しては以下の通りです。
名称:Thl W11Ⅱ(ThL美猴王2代)
画面:5インチ 1920x1080
CPU:MT6592 1.7Ghz
カメラ:前後1300万画素 F2.0
RAM:2GB
内蔵メモリ:32GB
その他:NFC対応、OTG対応

さていくらになるのかが心配ですが正式発表に期待です。

でもThlのロゴは個人的に以前のが好きだったのですが・・・

Source:真八核自拍神器惊艳再起 ThL美猴王2代真机全曝光
 

Xiaomi Mi3については今現在TD版しか発売されていませんが、
ようやくW-CDMA版が発売されるようです。

TD版との違いは
①名前の通りW-CDMA対応
②CPUがTegra4ではなく、MSM8974AB搭載
③無線LANがac対応。

スペックに関しては以下の通りです。
名称:Xiaomi Mi3 (W-CDMA)
SoC:MSM8974AB 2.3Ghz
画面:5インチ 1920x1080 IPS液晶
内蔵メモリ:16GB/64GB
RAM:2GB
無線LAN:IEEE802.11 ac/n/g/b
Bluetooth:v4.0
その他:NFC対応、OTG対応

価格:1999元(16GB)/2499元(64GB)

Source:小米3联通版12月19日开卖 搭配小米路由
 



来年初めに出ると言われているAllwinnerのA80ですが、
どうやらS800を超えるレベルのものになるとのことです。

追加情報で、GPUにMali-T6xx、Mali-T7xxかPowerVRのG6000を搭載するそうです。
また、Antutuベンチマークでは40000点超の今現在最強な値になるとのこと・・・
そしてプロセスは20nmも可能なのではないかとの事です。

なんか聞いてるだけだと凄そうですがさてホントにこんなので出るんでしょうか?
逆に心配になってきます。

今現在出ている情報は下記のとおりです。
名称:A80
ベース:Cortex-A15+Cortex-A7 (big.LITTLE)
コア数:4コア+4コア (A15+A7)
周波数:最高2Ghz
GPU: Mali-T6xx、Mali-T7xxかPowerVRのG6000
プロセス:28nm(20nmも可能?)

Source:国产八核处理器再曝光:A15架构秒杀骁龙800
 

噂されていた通り本日に正式発表されました。

スペックに関してはほぼ出ていた情報と変わりなさそうですね。

名称:MT6592
ベース:Cortex-A7
コア数:8コア
周波数:1.7Ghz~2Ghz
対応動画解像度:1080p 60fps
対応画面解像度:1080p
GPU:Mali-450 MP4 700Mhz
プロセス:28nm
 

中国の動画サイトYoukuにて、
MT6592搭載と見られるMX69Proという端末のベンチマークの映像が公開されていました。



ベンチマークの詳細が出ていないのが残念ですが、HTC Oneより高スコアを叩き出しています。

MT6592は明日発表予定で、すでにあちこちのメーカーから搭載端末の発表予定がなされています。

Source:性能强悍!真八核MT6592安兔兔跑分实测
 

Meizu MX3の香港版(国際版)にFlyme 3.1 (Android 4.2.1)がリリースされました。

●ダウンロード
香港版Meizu MX3用 Flyme 3.1 約264MB
MD5: a7b0b7e761f4e5f7a08512069c7d471a
SHA1: 7f3a342d9bb8c097d26a688d01d69df927cd3e14
http://firmware.meizu.com/Firmware/Flyme/MX3/3.1/intl/12976/9c7d471a/update.zip
http://download.meizu.com/Firmware/Flyme/MX3/3.1/intl/12976/9c7d471a/update.zip


●アップデート方法
①「update.bin/update.zip」ファイルをNAND直下に置く
②Vol+を押しながら起動
③アップデート完了後Flyme 3.1になっていればアップデート成功

Source:更多魅族產品及軟體下載
 

先日小米红米手机2(Xiaomi Red Ice2)がMT6592を搭載して登場するとの話が出ていましたが、
どうやらMT6588を搭載した紅米1S(Xiaomi Red Ice 1S)も出る模様です。

MT6588は4コアで周波数が最高1.7Ghz、GPUがMali450なのはMT6592と同一ですが、
クロック数がMT6592の700Mhzから600Mhzに落とされています。

こちらも続報に期待ですね。

Source:红米2真八核明年 小米或推MT6588红米1S
 

016.jpg

MT6592を搭載するとみられるHonor4の画像がリークしていました。
下の部分は見えていませんが、個人的には好きなデザインですね。

また、小米紅米(Xiaomi RedIce)の対抗の様なので、低価格の物となると思われます。

Source:华为MT6592八核手机曝光 或为荣耀4
 

Huawei社の徐昕泉氏のWeiboにて、honor4は真八核を搭載するとの発言がありました。

今現在確認されているものはMT6592のみのため、それを搭載する可能性が高いです。

(独自のものという可能性もなくはないですが。)

また、双3Gということも書いてあり、3Gのダブル待受もできるのでしょうか?

Source:华为荣耀4代曝光:竟配八核处理器!
 



上の画像が公式のWeiboにて公開されていました。
画像に書いてあることからして、M802搭載のタブレットが発売予定のようです。

AMLogic M802に関しては以下をご覧ください。
クアッドコアのAML8726-M8(M802)を発表!

正直発表されたのは結構前なんですよね。

今年中に発売されるのでしょうか??

Source:Weibo(昂达公式)
 

Xiaomiの低価格スマートフォンのRed Iceですが、今年末に後継機Red Ice2が発表されるとの情報です。

また、スペックに関しても情報が出ており、MT6592を搭載し、5.5インチFHD液晶に2GBRAMを搭載するとのことです。
また、カメラに関しては1300万画素のカメラを搭載する模様です。

続報に期待です。

红米2代曝光:5.5寸屏/MT6592真八核
 

正式な発表ではありませんが、一部の人向けにMT6592のスペックを公開したようです。

また、搭載端末の動作動画も公開されています。

今回発表されたスペック等
名称:MT6592
ベース:Cortex-A7
コア数:8コア
周波数:1.7Ghz~2Ghz
対応動画解像度:1080p 60fps
対応画面解像度:1080p
GPU:Mali-450 MP4 700Mhz
プロセス:28nm

また動作動画も一部ですが掲載されています。


Source:联发科披露MT6592八核主控更多细节
 

Meizu MX3にFlyme 3.1 (Android 4.2.1)がリリースされました。
今現在は中国版のみのリリースとなっています。

●ダウンロード
中国版 Meizu MX3用 Flyme 3.1 約293MB
MD5: e98b0be0bede7d2028abb0fa222c2b26
SHA1: 018e7e6c51ddd05fa572e952f56df38132b0a13e
http://firmware.meizu.com/Firmware/Flyme/MX3/3.1/cn/12976/222c2b26/update.bin
http://download.meizu.com/Firmware/Flyme/MX3/3.1/cn/12976/222c2b26/update.bin



●アップデート方法
①「update.bin/update.zip」ファイルをNAND直下に置く
②Vol+を押しながら起動
③アップデート完了後Flyme 3.1になっていればアップデート成功

Source:MX3 国内版固件(Flyme OS 3.1)
 

中国Meizuの公式フォーラムにてこのような画像が公開されていました。





どうやらMeizu MX3の後続機はYX1となるようで、さらに大きさが大きくなるようです。

全体の横幅は3.8mm長くなり、液晶の左右は2.1mm、上下は各4mm、10mm短くなっているようです。

しかしまだMX3が発売されたばかりというのもあり、
個人的にはこのまま出るとはまだ思えないですが・・・。

とりあえず今のところは続報待ちですね。

Source:J· wong透露下一代产品信息,有图有字有真相
 







SmartQの次期フラッグシップモデルモデルと見られるTen5の画像が公式Weiboにて公開されました。

結構薄く出来ているようですね。

スペック等は公開されていませんが、1299元となるようです。

液晶に関しては2048x1536になるのはほぼ確定と思われます。
また、CPUに関しては以前Exynos5410を使用と書いていたのでその可能性が高いです。
その後スペックも公開されExynos5250を採用するとの事でした。


Source:智器Marketing(Weibo)