Meizu MX3にFlyme 3.6.4A(体験版)がリリースされました。こちらはKitKat版のOSになっています。

Meizu MX3用 Flyme 3.6.4A 442MB
MD5: a44211d7dd60c0ed5497eb5b73beb429
http://firmware.meizu.com/Firmware/Flyme/MX3/3.6.4/cn/20140527101754/73beb429/update.bin
http://download.meizu.com/Firmware/Flyme/MX3/3.6.4/cn/20140527101754/73beb429/update.bin

※アップデート方法
(1)NAND直下にupdate.binファイルを置く
(2)Vol+ボタンを押しながら起動する。
(3)アップデートが完了し、再起動後、設定→システム情報で確認してバージョンアップできていれば完了。

Source: MX3 Flyme OS 3.6.4 体验固件(国内版)
スポンサーサイト
 

Meizu MX3にFlyme 3.6.3A(体験版)がリリースされました。こちらはKitKat版のOSになっています。

Meizu MX3用 Flyme 3.6.3A 441MB
MD5:ecc3a69eac5011d52fcadf5387cc49a1
http://firmware.meizu.com/Firmware/Flyme/MX3/3.6.3/cn/20140520120050/87cc49a1/update.bin
http://download.meizu.com/Firmware/Flyme/MX3/3.6.3/cn/20140520120050/87cc49a1/update.bin

※アップデート方法
(1)NAND直下にupdate.binファイルを置く
(2)Vol+ボタンを押しながら起動する。
(3)アップデートが完了し、再起動後、設定→システム情報で確認してバージョンアップできていれば完了。

Source: MX3 Flyme OS 3.6.3 体验固件(国内版)
 

123913o5vtcntyt5ujt1tc.jpg

MeizuのCEOのJ.Wong氏が、MX4のCPUについて言及しており、どうやらExynos 5430を搭載する模様です。
正直Meizuは今までずっとExynosのCPUを使用しており、自分も期待していたので嬉しい限りです。

しかし、今回MX4は複数のバージョンが発売されると噂されており、どのモデルが搭載するのかが気になりますが・・・。
後はLTEモデムにIntelの物が使用されると非常に嬉しいのですが・・・

取りあえず続報に期待ですね。

Source: 魅族MX4配Exynos 5430八核CPU 与高配S5同款
 

Meizu MXにFlyme 2.5.3(体験版)がリリースされました。今現在は中国版のみのリリースになっています。

Meizu MX用 Flyme 2.5.3 170MB
MD5:2fb619a4480db25c439b792cb9584fc7
http://firmware.meizu.com/Firmware/Flyme/MX/2.5.3/cn/12331/b9584fc7/update.bin
http://download.meizu.com/Firmware/Flyme/MX/2.5.3/cn/12331/b9584fc7/update.bin

※アップデート方法
(1)NAND直下にupdate.binファイルを置く
(2)Vol+ボタンを押しながら起動する。
(3)アップデートが完了し、再起動後、設定→システム情報で確認してバージョンアップできていれば完了。

Source: MX Flyme 2.5.3 体验固件 (国内版)
 

Meizu MX2にFlyme 3.5.6(体験版)がリリースされました。今現在は中国版のみのリリースになっています。

Meizu MX2用 Flyme 3.5.6 318MB
MD5:c4656eb264b7df46ebd65d2db03ea406
http://firmware.meizu.com/Firmware/Flyme/MX2/3.5.6/cn/19281/b03ea406/update.bin
http://download.meizu.com/Firmware/Flyme/MX2/3.5.6/cn/19281/b03ea406/update.bin

※アップデート方法
(1)NAND直下にupdate.binファイルを置く
(2)Vol+ボタンを押しながら起動する。
(3)アップデートが完了し、再起動後、設定→システム情報で確認してバージョンアップできていれば完了。

Source: MX2 Flyme OS 3.5.6 体验固件(国内版)
 



Meizuの公式フォーラムで、MeizuCEOのJ.Wong氏がMX4には指紋認証機能があると話していました。
CEOの発言なのでほぼ確定で搭載されるものと思われます。

Meizu MX4に関しては2K液晶搭載のPro版、FHD液晶搭載の標準版、5インチ程度のMini版があるとされており、
各2999元、2499元、1999元になると噂されています。

Source:J.Wong自曝MX4:给力功能终于来了
 

135634t2fdtld2czic8bpz.jpg

Meizu MX3にFlyme 3.6.2A(体験版)がリリースされました。こちらはKitKat版のOSになっています。

Meizu MX3用 Flyme 3.6.2A 441MB
MD5:7c553572de46a87512b17a378ae377f2
http://firmware.meizu.com/Firmware/Flyme/MX3/3.6.2/cn/20140513102704/8ae377f2/update.bin
http://download.meizu.com/Firmware/Flyme/MX3/3.6.2/cn/20140513102704/8ae377f2/update.bin

※アップデート方法
(1)NAND直下にupdate.binファイルを置く
(2)Vol+ボタンを押しながら起動する。
(3)アップデートが完了し、再起動後、設定→システム情報で確認してバージョンアップできていれば完了。

Source: MX3 Flyme OS 3.6.2 体验固件(国内版)

 

c087c063gw1egb9djv1k8j20jg1aon49.jpg

MeizuがFlyme OSを毎週更新すると発表しました。MIUIと同じような感じですね。
また、Meizu MX2のAndroid 4.4へのアップデートは来月中旬に行われるようです。

そういえば一番最後に書いてあるMeizu MXへの体験版のアップデートも期待して待ちましょうか・・・。

Source:Flyme-微博
 

Meizu MX2にFlyme 2.5.2がリリースされました。現在は中国版のみのリリースとなっています。

Meizu MX2用 Flyme 2.5.2 202MB
MD5: 81dacbd701703acc30710732e8d0afeb
http://firmware.meizu.com/Firmware/Flyme/MX2/2.5.2/cn/12328/e8d0afeb/update.bin
http://download.meizu.com/Firmware/Flyme/MX2/2.5.2/cn/12328/e8d0afeb/update.bin

Source:MX2 Flyme 2.5.2 稳定固件(国内版)

※アップデート方法
(1)NAND直下にupdate.binファイルを置く
(2)Vol+ボタンを押しながら起動する。
(3)アップデートが完了し、再起動後、設定→システム情報で確認してバージョンアップできていれば完了。
 

今まで散々文句を言ってきたEMOBILEの4G契約に関することですが、どうやらEMOBILEに問い合わせれば以前の契約に戻すことは可能なようです。

↓今までの散々の文句は以下の記事でご確認ください。
EMOBILEの「チェンジ4G 長期ご利用ありがとう割」がウマいことしか書いてなくて騙す気満々な件
EMOBILEを契約する際は「4G」契約と「LTE」契約にご注意を!

結局電話勧誘で、3日1GB制限とか都合の悪い話はしない訳で、
逆にそういう「重要な事を話していない契約」なんて無効と言っても過言じゃないでしょって事で。

で、実際に結構LTE契約(以前の契約)に戻せた人も多くいるようです。

騙されて変えてしまった人は今からでも遅くないので契約を戻してもらいましょう。

都合の悪いことは話さないで変更させたEMOBILEに遠慮なんて要りませんから・・・

ま、難癖付けてくるかもしれませんけどね。負けちゃいけませんよ?
 

bnr_change4gthank.jpg

今年4月2日からEMOBILE LTE契約からも適応されたこの「チェンジ4G 長期ご利用ありがとう割」ですが、内容をふと見てみたらかなりウマいことしか書いてなくて・・・という感じです。

では一つずつ確認していこうと思います。
チェンジ4G 長期ご利用ありがとう割

最初に「特典」としていかにも交換すると良いという事が書いてありますねぇ・・・

・契約変更時の契約事務手数料が無料
→当たり前だけどLTE機種から変えなかったら契約事務手数料なんて掛からないよね??
・契約変更の翌月までの基本使用料無料(端末分割支払金除く)
→まあこれは悪くないでしょう。他の改悪点が8,000円という価値に見合ってるのかは不明ですがね。
・2014年8月利用分まで月間データ通信量10GB*3を提供
LTE端末から変えなければ(今の所)ずっと10GB制限ですよ?

なんかLTEは10GB制限というのを必死で隠してるように思えますね・・・

そして改悪点なら沢山ありますから↓をご覧ください。
EMOBILEを契約する際は「4G」契約と「LTE」契約にご注意を!


ではこのキャンペーンを適応させ、
LTEから4Gに変えるとEMOBILE(SoftBank)にどのような利点があるか確認していきましょう。

同じ価格で総量制限が10GB→7GBに下げさせられる
②ほぼ無いに等しかった366MB/日制限をほぼ確実の1GB/3日制限を付けられる
※制限の時間が21時-2時まで(行われない事も結構)→当日6時-翌6時(終日)規制(ほぼ確実)
EMOBILEとSoftBankの2契約になり契約数水増しが可能になる
※こんなことで契約数を増やして純増No.1とか言ってるんですから・・・

さて。③は正直ユーザーへの不利益はあまりないと思いますが、①と②は確実にユーザーへの不利益ですね、

そういえばコレ。25か月経ってないユーザーにも紹介してるみたいです。
2年経ってないユーザーを変えさせたら新たに2年縛りが発生してEMOBILE(SoftBank)はウハウハですねぇ・・・

さて、ウマいことだけ言って悪い所をひた隠しにして契約させる。そんなEMOBILE及びSoftBankをあなたは契約したいですか?

おいしい話に騙されるな。あれ?これって詐欺とかの対策じゃね?

どうしてもEMOBILEを存続したいなら解約月に一度解約して、GL06P以前の機種を新たに契約した方が良いですよ。

EMOBILEの思う壺にはまらない様に注意してくださいね。

 

Meizuの次期フラッグシップと見られるMeizu MX4G(LTE対応という意味かと思います)が来月に発表されるという噂が出てきました。

Xiaomiが5月に発表するという噂が出ているので、同じ位にぶつけてくるとは思いますので、6月でもはじめ位になるんでしょうか?

取りあえず、発表だけでも早くしてほしいというのが願いですね・・・。

Source:科技全球汇-微博
 

Xiaomiの次期フラグシップのXiaomi Mi3Sと見られる画像がリークされていました。

c1b91dfagw1eg0w0of2zlj20960eldgl.jpg

c1b91dfagw1eg0w0palu3j209g0fy75b.jpg

c1b91dfagw1eg0w0q97onj208x0eo3zl.jpg

Mi2とMi2Sは形状はあまり変わっていなかったですが、Mi3Sは結構変わっているようですね。
今月中に発表されるという噂も出ているので、正式発表に期待ですね。

Source:superskywood-微博
 

いきなり何言い出すんだと思いますが、最近こんなことを考えていたりするんです。

確かに今の世の中は便利です。以下に一例を記してみたいと思います。
・いつでもどこでも欲しい物が買える。
・何か分からないことが有っても携帯電話、パソコン等ですぐに調べられる。
・連絡したいときに電話すれば何時でも連絡ができる。
・道が分からなくても携帯電話でいつでも調べられる。


確かに便利ですよね。特に携帯電話。今ではなくてはならないものだと思います。
何時でもどんな情報でも手に入れられ、何時でも人と繋がれる。確かに便利ですし、幸せなのかもしれません。

でも逆に、最近はとにかく「何時でも連絡ができる」という点で不幸になっているのではないかと思っています。

昔、携帯電話もインターネットも無い時代だったら、会社から退社したら、もう仕事はしなくても問題ありません。
帰社中に電話が掛かってくることも無いですし、家で仕事のメールを返信、なんてこともありません。

何故か。「出来ない」からです。連絡のしようがないですから。

でも今ならどうか。何時でも携帯電話で連絡ができます。
家でもインターネットが繋がっていればメールができます。

退社したはずなのにまた仕事の事をしなくてはならない。
家でのんびりしていても会社のメールに対応しなくてはならない。

これが幸せなのでしょうか?私はそうとは思えません。

でも今からネットも携帯も無い時代に戻れと言われても微妙です。
ネットのおかげで一般人がこのブログのように気軽に公に発信することもできるのですし。

まとめると人はネットワークという便利さの犠牲休息を失っているのではないかという考えですね。
 

中国のWeiboにてXiaomi Mi3Sが今月発表されるとの情報が出てきました。
正直合わせてMeizuも何か今月に出してくれると嬉しいのですが・・・。

Xiaomi Mi3に関しては、Snapdragon S801(MSM8974AC) 2.5GHzを搭載し、3GBのRAMを搭載しているとの情報が出ています。
取りあえず公式からの予告が出るのを期待ですね。

Source:C科技-微博
 

Wi-Fi_ALL.jpg

今現在各社から沢山Wi-Fiルーターが発売されていますが、ありすぎてどれが良いのかと悩んでいる人も多いはず。
という事で簡単に価格、規制、エリア等を比較してみたいと思います。

まずは、今現在モバイルWi-Fiルーターで出ている物をまとめてみます。

●UQ WiMAX(無印)
UQ WiMAX ホーム - 超高速モバイルインターネットWiMAX2+
まず無制限が良い!というのであればもうWiMAXしかありません。他の選択肢は無いです。
しかし、WiMAXでも無印WiMAXとWiMAX2+という2つのサービスを行っています。

基本的には料金は使い放題(制限一切ナシ)3991円(税込)で使用可能です。
エリアに関してはこちらで確認が可能です。

肝心の通信速度ですが、理論値的には下り40Mbpsで上り15Mbpsです。

WiMAX2+は無印WiMAXの上位互換であり、WiMAX2+対応端末で無印WiMAXサービスを使用することも可能です。
料金に関しても通常契約すればどちらも料金は変わらず、一見初代WiMAXを契約する意味は無いように思えます。

しかし、以下の点で初代WiMAXはWiMAX2+より優れている点があります。

①契約期間
WiMAX2+は契約期限が2年間となっておりますが、無印WiMAXは契約期限が1年間となっています。
②料金
無印WiMAXはMVNO等で数万円分のポイントや、値引き等で実質価格が安く運用できることが多いです。
(でも後述しますが、WiMAX2+も条件が満たされれば月1800円程度で運用できるのであまり利点が無いかもしれませんが)
③機器追加サービス
WiMAX2+に無くてWiMAXにある物で結構大きいものは、機器追加サービスです。
これは月額200円で1つの契約で複数の端末で使用可能にできるサービスです(MVNOでは対応していない場合あり)
例えばパソコン内蔵のWiMAXを使用しつつ、他のルーターでも使用することもできます(同時に使用することは不可)
④WiMAX2+ルーターの評判が微妙
今現在WiMAX2+対応の機種がHWD14という機種のみだけなのですが、これがあんまり評価が良くありません。
なので、自宅がWiMAX2+エリア外等の時は、逆に無印WiMAX端末の方が安定して通信できる可能性が有ります。

また、UQのサイトでエリア確認等の15日間無料貸し出しサービスを行っています。

Try WiMAXレンタル

●UQ WiMAX2+(KDDI)
前述した無印WiMAX2+の後続サービスがWiMAX2+です。

他社がLTEサービスで7GBや10GB制限を行っている中、唯一総量制限が無いサービスとなっています。

また名称がUQ WiMAXとなっていますが、UQの親会社のKDDIでも同じ端末を販売しており、
もし購入するのであれば条件を満たせばKDDI版の方が安く運用できることが多いと思います。

まずWiMAX2+に対応している端末ですが、今現在HWD14のみとなっています。(5/8日に新機種発表されるんでしょうか・・・?)
UQ版→ Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14
KDDI版→Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14

料金に関しては通常に契約すればWiMAXと同じく3991円(税込)で使用可能です。
通信速度はWiMAX2+エリアでは下り110Mbps/上り10Mbps、WiMAXエリアでは下り40Mbps/上り15Mbps、
追加1005円で使用可能なLTEエリアの速度は下り最大150Mbps(75Mbps)、上り最大25Mbpsとなっています。
※LTEを使用可能なエキストラオプションを使用すると、月7GB制限が行われます。

エリアに関してはWiMAX2+は首都圏などではあまりエリアは多くないですが、LTEを使用するとほぼ全国で使用可能です。
エリアマップはこちらから確認可能です。

また、UQのサイトでエリア確認等の15日間無料貸し出しサービスを行っています。
Try WiMAXレンタル

③NTT docomo Xi
NTT docomoが行っているXiサービスもデータ通信サービスを展開しています。
でも正直ドコモの契約が無い場合だと結構高くなります。ドコモの契約が無いと正直あまりお勧めできませんが・・・

今現在ドコモの最新機種及びドコモの全エリアで使用可能な機種はL-02FとHW-01Fが有ります。
Wi-Fi STATION L-02F | 製品 | NTTドコモ
Wi-Fi STATION HW-01F | 製品 | NTTドコモ

この2機種では今現在ドコモがサービスしている全エリアで使用可能なため、対応エリアは非常に広いです。
サービスエリアに関してはこちらからご確認ください。

通信速度に関しては、下り最大150Mbps/上り最大50Mbpsとなっております。
※エリアによっては下り112Mbps/上り37.5Mbps、下り75Mbps/上り25Mbpsエリアもあります

料金に関しては、通常に契約し、7GBプランにした場合は6681円となっており、正直あまり安くありません。
しかしコレはあくまで普通に契約した場合であり、色々すればかなり安く運用することが可能です。
その内容に関しては後ほどまとめてご紹介します。


④EMOBILE(SoftBank)
まずEMOBILEとSoftBankに関しては機種も同等な上、価格も同じ、エリアも同じなのでまとめて紹介します。

EMOBILEでは4GとLTEという2つのサービスを行っています。

4GとLTEの違いですが、以前まとめているため下記をご確認ください。
EMOBILEを契約する際は「4G」契約と「LTE」契約にご注意を!

またSoftBankで行われているサービスは規制等含め、EMOBILEの4Gサービスと全く同じです。


では一通りサービスを紹介してきましたが、表でまとめてみたいと思います。

料金(税込)契約期間総量制限
UQ WiMAX3991円1年制限なし
UQ WiMAX2+3991円
エキストラオプション(EX)
使用時は+1005円
2年制限なし
EX使用時は7GB/月
NTT docomo Xi6681円(7GBプラン)2年7GB/月
EMOBILE(SoftBank)3991円2年4G契約:7GB/月
LTE契約:10GB/月


今までの掲載内容はあくまで何も割引サービス等が付いていない場合です。
これからは各社の割引サービスを適用させた場合を確認していこうと思います。

●UQ WiMAX2+
これは最大限安くするためには2つの条件を満たしていないといけません。
2つの条件とは以下の2つです。ちなみにUQ版では無理なのでKDDI(au)版を買いましょう。
①HWD14を新規一括0円で購入する。
②auでフラット契約しているスマートフォンがある。


まず①の条件を満たせばHWD14に適応される毎月割1180円が通信費から引かれることになり、
3991円-1170円=2821円で運用が可能です。

①の条件を満たすだけでも安いですが、②の条件が有ると、auスマートバリュー mineが適応され、
この価格からさらに1008円が割引され、3991円-(1170円+1008円)=1813円で運用が可能です。

●NTT docomo Xi
こちらも最大限安くするためには2つの条件を満たしていないといけません。
ドコモでは3GBプランと7GBプランが有りますが、7GBプランでの解説です。
①L-02Fを新規一括0円で購入する。
②docomoでフラット契約しているスマートフォンかパケホダブル契約しているガラケーが有る。


まず①の条件を満たすと、L-02Fに適応される月々サポート972円、新生活Xiルーター割が両方通信費から引かれることとなり、
6681円-(972円+1080円)=4629円で運用が可能です。
※新生活Xiルーター割は新規一括0円で契約しなくても適応されます。

そして②の条件です。②の条件を満たすと「+Xi割」が適応され、さらに1909円値引きされます。
6681円-1909円-(972+1080円)=2720円で運用が可能です。

※新生活Xiルーター割は今月14日まで、+Xi割は8/31日までのキャンペーンとなっています。

●EMOBILE(SoftBank)
こちらは4G契約(SoftBank)とLTE契約で最安値が異なっています。

まず4G契約を最大限安くするためには2つの条件を満たしていなければなりません。
①GL10Pを新規一括0円で契約する
②SoftBank及びEMOBILEでフラット契約しているスマートフォンが有る


①の条件を満たすと、GL10Pに適応される毎月割の1750円が通信費から引かれ、
3991円-1750円=2241円で運用が可能です。

そして②の条件を満たすとWi-Fiセット割が適応され、さらに1008円が値引きされて、
3991円-1750円-1008円=1233円で運用が可能です。

次にLTE契約を最大限安くするためには1つの条件を満たしていなければなりません。
①GL06Pを新規一括0円契約する。

まあこれだけです。これでGL06Pに適応される毎月割1439円が通信費から割り引かれ、
3991円-1439円=2552円で運用が可能です。

では各社の割引サービス等をすべて合計したものも合わせて各社の料金をまとめた表が以下です。
WiMAXに関してはMVNOで安くなるため、色々異なるため今回は載せていません。

通信費用まとめ標準料金同社契約無最安値
UQ WiMAX2+
エキストラオプション
使用時は+1008円
3991円2821円1813円
NTT docomo Xi6681円4629円2720円
EMOBILE(SoftBank)3991円(4G)
3991円(LTE)
2241円(4G)
2552円(LTE)
1233円(4G)
2552円(LTE)

NTT docomoに関しては、5/14日を過ぎるとこの最安値での契約は不可能になります。

では次に規制に関してのまとめです。

通信規制まとめ総量制限その他規制備考
UQ WiMAX2+WiMAX/2+:無制限
LTE使用時:7GB/月
※LTE使用時も
WiMAXは無制限
2015年4月以降
3日/1GBを超えた場合
総量制限時:128Kbps
NTT docomo Xi7GB/月3日/1GBを超えた場合総量制限時:128Kbps
EMOBILE(SoftBank)7GB/月(4G)
10GB/月(LTE)
3日/1GBを超えた場合(4G)
1日/366MBを超えた場合(LTE)
総量制限時:128Kbps

各社3日/1GB制限を行っていますが、EMOBILE(SoftBank)の4G契約はかなり酷いと酷評なのでご注意を。
EMOBILEを契約する際は「4G」契約と「LTE」契約にご注意を!

WiMAX2+に関しては、エキストラオプションを使用しない場合は総量制限はありません。
エキストラオプションを使用し、7GB通信した場合でも、無印WiMAX(ノーリミットモード)では通信規制はされません。

では次にエリアをまとめてみます・・・が、正直各社基準が違うので公平な比較はできないです。
また、場所によってエリア内でも通信が不可能な場所等も有るので、一概には言えないのが現状です。

エリアまとめ3GエリアWiMAXエリアLTEエリア(4G、WX2+、Xi)
UQ WiMAX2+非対応人口カバー率:94%①WiMAX2+
人口カバー率:未公開
②au 4G LTE
実人口カバー率:99%
※1
NTT docomo Xi人口カバー率:100%
※FOMA全エリア対応
非対応2014年度内
人口カバー率:98%予定
※2
EMOBILE(SoftBank)①EMOBILE 3G(4G/LTE)
人口カバー率:95%
②ULTRA SPEED(4G)
人口カバー率:未公開
※SoftBankの2.1GHzと
900MHzには非対応です。
※3
非対応①EMOBILE 4G(4G)
全国政令都市
人口カバー率:100%
②EMOBILE LTE(4G/LTE)
全政令都市及び
全県庁所在地

人口カバー率:99%
※4
※5

※1
「人口カバー率」と「実人口カバー率」は基準が異なりますので、単純な比較は出来ません。
※2
2014年5月現在の結果が発見できなかったため、予定の結果となっています。ご了承ください。
※3
SoftBankのiPhoneや、Androidスマートフォン、EMOBILEのGL07SやNexus5などとはエリアが異なります
※4
「人口カバー率」と「全国政令都市人口カバー率」、「全政令都市及び全県庁所在地人口カバー率」は基準が異なりますので、単純な比較は出来ません。
※5
SoftBankのiPhone及びhybrid4GLTE端末、EMOBILEのNexus 5とはエリアが異なります

※1や※4に関してですが、なんでこんな分かりずらい表記をするのかと言ったら、

単純に数値をデカくして良く見せようとしてるだけです。

各社「人口カバー率」に統一してもらいたいところですね・・・

次にあまり意味がないと思っている最高速度一覧。
何故あまり意味がないのかと言えば、あくまで最高であり、結局使う所でその速度が出なければ意味もないので・・・

最高速度まとめ3GエリアWiMAXエリアLTEエリア(4G、WX2+、Xi)
UQ WiMAX2+非対応下り:40Mbps
上り:15Mbps
①WiMAX2+
下り:110Mbps
上り:10Mbps
②au 4G LTE
下り:150Mbps
上り:25Mbps(15Mbps)
※1
NTT docomo Xi下り:14.4Mbps
上り:5.7Mbps
非対応下り:150Mbps
上り:50Mbps
※2
EMOBILE(SoftBank)①EMOBILE 3G(4G/LTE)
下り:21Mbps
上り:5.7Mbps
②ULTRA SPEED(4G)
下り:42Mbps
上り:5.7Mbps
非対応①EMOBILE 4G(4G)
下り:110Mbps
上り:10Mbps
②EMOBILE LTE(4G/LTE)
下り:75Mbps
上り:25Mbps
※3

※1
正確には周波数帯によって速度が変わります。
Band1:下り最大150Mbps/上り最大15Mbps
Band11:下り75Mbps/上り25Mbps
Band18(俗にいう800Mhz):下り75Mbps/上り25Mbps

※2
正確には周波数帯によって速度が変わります。
Band1:下り最大75Mbps/上り最大25Mbps
Band3:下り150Mbps/上り50Mbps
Band19:下り最大112.5Mbps/上り最大37.5Mbps
Band21:下り最大112.5Mbps/上り最大37.5Mbps

※3
一部下り37.5Mbps/上り12.5Mbpsエリア有り

取りあえずまとめてみました。
質問等ありましたら、コメント欄及びTwitter(個人アカウント)のリプにお願いします。
多分返信はTwitterの方が早いかと思います。。。

間違い等もご連絡いただけると幸いです。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。