・・・といってもまだトライアルサービスですけどね。



Wi-Fiスポット 期間限定トライアルサービス - OCN モバイル ONE -

でもこの先アクセスポイント増えるみたいですし、いつかは正式サービスにもなると思います。

金取るとかケチなことは言わないでくださいね?

提供されるSSIDは「0001_Secured_Wi-Fi」というSSIDのようで、WPA2-EAPのIDとPASSでの認証になります。

ここ重要

WPA2-EAPでの認証なんですこれ。要するに0001docomoとかと同じですね。

そしてWPA2-EAPにて認証となると、個人的にはMR03LNがEAP認証対応してくれるんじゃ無いかって期待してます。

そしたら0001docomoでも使えそうですし(WM3600Rで出来てたので対応は出来るはず)

あとは0000_Secured_Wi-FiってSSIDも飛んでるんですが、これはWPA2-PSK認証。多分EAP非対応の物向けだと思われます。

でもどうせEAPならSIM認証対応させて欲しかった・・・

しかしWPA2-PSKとWPA2-EAPだけとはさすがですね。どっかみたいにパス無しとかWEPとか大量にSSID量産してる会社と違ってね。

(でもなぜかまだ少し残ってる「docomo」はそろそろ全廃してほしい。)

そしてOCNがトライアルサービス始めた中BIGLOBEはWi2使えなくなるみたいですよ。もともとプレミアム無いWi2なんて無意味なレベルですが。

【重要】Wi-Fiスポット 一部サービスエリア提供終了

とりあえず今後実測等もしていこうと思います。
スポンサーサイト
 

Meizu MX4にFlyme 4.2.1が来ており早速上げてみました。

個人的に気づいたのはこれ。



SmartTouchの機能を個別に設定できるようになりました。コレは便利



・・・

なのですが。どうもまだ調子が悪い。
まず、上スライドでのアプリ終了が動作してくれない(他に設定すると問題なし。

あとスリープ機能を付けることができるのですか、個人的には長押しでスリープにしたいのだけども長押しには設定できない。。。



この辺次の更新で良くなればいいですが・・・
 



あれ?MX4は?

ということで、国際版MX2,MX3にFlyme4.1がリリースされました。

しかしMX4だけ正式版Flyme 4.1来ないんですけどw

Meizu MX3用 Flyme 4.1.3.5 560MB
http://firmware.meizu.com/Firmware/Flyme/MX3/4.1.3.5/intl/20150119140849o/a89524b5/update.zip
http://download.meizu.com/Firmware/Flyme/MX3/4.1.3.5/intl/20150119140849/a89524b5/update.zip

Meizu MX2用 Flyme 4.1.3.5 506MB
http://firmware.meizu.com/Firmware/Flyme/MX2/4.1.3.5/intl/20150119143508/780a0f5c/update.zip
http://download.meizu.com/Firmware/Flyme/MX2/4.1.3.5/intl/20150119143508/780a0f5c/update.zip

Meizuさーん。MX4向け正式版Flyme4.1まだですかー??

Source:Flyme
 



Actions(炬芯科技有限公司)がCES2015にて、Cortex-A53搭載のATM9009を発表しました。

仕様としては、Cortex-A53のクアッドコア1.8GHz(公称)、GPUにPowerVR G6230 600MHzを搭載しています。

PowerVR G6230といえばAllwinner A80に搭載されてましたね。でもコア数とか書いてないから単純な比較は出来ませんが・・・。


以下仕様等
名称:ATM9009
ベース:Cortex-A53
コア数:4コア
周波数:1.8GHz
GPU:PowerVR G6230 600MHz
プロセス:28nm



Source:Actions炬芯@微博
 

オクタコアの次はエニアコア(10コア)ですか。。。

そしてさらにはドデカコア(12コア)。

ドデカコア。ギャグみたいですがそうみたいです。

他社がbig.LITTLEでオクタコアを実装していく中A7のオクタコアで作ったMediaTekならあり得なくもない気がしますが。

(Cortex-A57とCortex-A53のbig.LITTLEはまだまだ問題ある感じですし・・・)

今のところ、Cortex-A53のクアッド、オクタコアが出ているので、単純に考えるとCortex-A53の10、12コアでしょうか?

でも12コアとかAndroid対応してるのでしょうかね・・・。

Source:消息称联发科正研发10-12核处理器
 

Meizu MX4 Proでモバイルネットワークが中々掴まない件

以前こんな記事を書きましたが、今回通用版でも掴ませる方法が判明したので記載しておきます。

※SMSなしのMVNOSIMでは以下の手順を行っても繋がりません。
なお、Meizu MX4、MX4 Pro、m1noteにてSMS無しのSIMでは使用できない模様です。SMS有りの物を使用してください。

①必要なもの
まずは以下の2つのFWをダウンロードしてください。
そして、通用版をNAND直下に置き、联通版を他の場所においてください。
●MX4 Pro(联通版)Flyme OS 4.1.1.1U
http://firmware.meizu.com/Firmware/Flyme/MX4_Pro/4.1.1.1/wo/20141223235546/8cb707ce/update.zip

●MX4 Pro(通用版)Flyme OS 4.1.1.1A
http://firmware.meizu.com/Firmware/Flyme/MX4_Pro/4.1.1.1/cn/20141224000011/0e5c423f/update.zip

②ドキュメントアプリから联通版のROMを選択してFW更新をします。

③更新後起動したら以下の記事でも書きましたがAPN設定をしてBand固定を行いLTEを掴ませます。
Meizu MX4 Proでモバイルネットワークが中々掴まない件

④掴んでいる状態で電源を切ります
⑤Vol+を押しながら起動し、リカバリーを起動させます
⑥リカバリーから通用版のROMを書き込みます。
⑦起動したらまたBand固定を行ってください。

以上の手順を踏めば通用版でもLTEが掴めると思います。
また、通用版のROMをドキュメントアプリから書き込んでしまうと、掴めなかったのでリカバリーから書き込んでください。
 

最近軽く調べてみた感じでもちまちまMeizuのスマホの購入者が出てきていますが、色々気になる所もあると思います。
買う際に、気になると思われるであろう点を書いていこうと思います^^

①移动版とか联通版とかどっち買えばいいの?
まずMeizu MX4/MX4 Pro、M1 noteには中国移动(ChinaMobile)版と中国联通(ChinaUnicom)版が存在します。
あと国際版も有りますが、正直高いので自分はあんまりおススメしません。

で、どちらを買えばいいのか。中国联通(ChinaUnicom)版を買ってください。

間違えても中国移动(ChinaMobile)版を買ってしまうと・・・
・3Gは通信できません(TD-SCDMAの為)
・LTEもモデルによっては通信できません(m1 noteは双4Gじゃないので)

なので大事なことなのでもう一度言います。中国联通(ChinaUnicom)版を買ってください。

②対応規格、対応バンドは?
中国联通(ChinaUnicom)版を購入した場合、以下の規格、バンドに対応しています。

FDD-LTE
Band 1
Band 3

Band 7

TD-LTE
Band 38 (m1 noteは非対応)
Band 39 (m1 noteは非対応)
Band 40 (m1 noteは非対応)
Band 41

W-CDMA
2.1GHz
900MHz
(MX4 Proは未確認)
850MHz
800MHz (MX4 Proは未確認)

赤文字の部分は日本で使えるバンドになります。
MediaTekのSoCを搭載しているMX4とM1 noteはFOMAプラスエリアに対応していると思われます。
また、実際にSIMをさして接続したわけではないのですが、3Gを900MHzのみにしてネットワークサーチを実施した際、SoftBank 3Gを検索できたため、900MHzにも接続可能な物と思われます。
MX4に関しては、FOMAプラスエリア(W-CDMA Band6)に接続可能なことを確認しています。

3Gのみですが、800MHz、900MHzに対応しているため、ドコモとソフトバンクでは問題なく運用できるかと思います。

またMX4 Proに関してですが、接続バンドを確認できないので、プラスエリア対応かどうか不明です。
しかし、以前のMeizu MX、Meizu MX2にてプラスエリアに接続可能だったことから、可能な可能性が高いです。

※Meizu MX4 Proに関してはモバイルネットワークに接続する際に色々問題が有ります。以下の記事をご覧ください。
Meizu MX4 Proでモバイルネットワークが中々掴まない件

②電池持ちどうなの?

はい。MX4とMX4 Proしかありませんが、お世辞にも電池持ちが良いとは言えません。
というかFullHD+のMX4とWQHD+のMX4 Proがあんまり電池の消費が変わらないんですよね。

MX4に関しても初期よりは結構電池持ち良くなってはいますが、電池持ちは期待しない方が良いです。。。

③Google Playって使えるの?
問題なく使えます。しかし、標準では入っていないので、専用のアプリを使用しインストールする必要が有ります。

MX4向け→ MX4 Google Installer 谷歌安装器
MX4 Pro、M1 note向け→ Google Installer 谷歌安装器

下のGoogle Installer 谷歌安装器はMX4にも使える・・って書いてあるんですが、なんかエラーになって使用できません。

④OSアップデートとかどうなの?
ここではFlyme OSではなく、Android OSの話になりますが、やっぱり気になりますよね。
まだMX4系列にはOSの更新は来ていませんが、過去の実績的には問題ないと思います。
しかし2012年6月に発売されたMX Quadと半年しか違わないMX2がこの差なのはMX Quad持ちとしては悲しいですね。。。

MX (2012年1月発売) 2.3.5→4.0→4.1.1
MX2 (2012年12月発売) 4.1→4.2.2→4.4.4
MX3 (2013年9月発売) 4.2.2→4.4.4

また、MeizuのカスタムAndroidであるFlyme OSに関しては、MX4は毎週更新されていますがMX4 Pro、M1 noteは毎週更新されていません。

⑤root権限取れる?
MeizuはFlyme 2.0から公式にroot権限を取得可能となっているので、取得も容易です。
Flyme OS 4.0でのRoot権限の取得方法 【Sayaka's Style -SsS-】

⑥じゃあどれ買えばいいの?
どれを買えばいいのか。まあ何を求めるかにもよりますが・・・

安いのが欲しいならm1 noteで良いと思いま・・・すが。個人的にはあれホントに安いなりな気がするんですよね。
液晶もOGSじゃないし、視野角も良くないし・・・カメラも・・・

千元的补位者 魅蓝note手机专业评测から引用

101635fuccznst1tqftc0s.jpg

あと大きな差が液晶のアスペクト比がMX4/MX4 Proは15:9なのに対し、M1 noteは16:9なところです。

101608c7vttu8889kqzk77.jpg

個人的にMeizuの大きな特徴が液晶が15:9な所だと思っているので・・・。
あと実際15:9って横幅広いのでウェブページとかSNSとかでも見やすくてすごい良いんですよ。ほんと。

MX4からはFullHD+になったのでFullHDの動画等も問題なくなりましたし・・・。

じゃあMX4 ProとMX4ならどっちがいいか。まあスペック的にはMX4 Proのが良いんですが、前述したとおりMX4 Proにはモバイルネットワーク関連の問題が有ります。
あとは値段ですね。MX4は4万円前後で購入可能ですが、MX4 Proは5万円後半になっています。結構高いんですよね(スペックから考えたら安いけど)

差は液晶サイズと、解像度、Hi-Fi対応とNFCと指紋センサー、そしてRAM容量です。

自分は両方買いましたが、実際MX4でも不便なく、逆にホームボタンがハードボタンじゃないMX4のが使いやすかったり・・・。

あとはユーザー数が圧倒的にMX4のが多いでしょうし、OSも毎週更新されている、モバイルネットワークも普通に(今現在は)使えるのも大きいです。

という訳で、結論はMeizuの端末。取りあえず最初に買うならMX4をお勧めします。MX4 Proを買うというなら止めませんが、M1 note買うならもう少しお金足してMX4買った方が確実に満足度は高いと思います。

他にも質問等有りましたらコメントか、Twitter(個人垢)までお気軽にご連絡ください^^
 



Cortex-A53のオクタコアのようです。64bit対応でAndroid 5.0にも対応しています。



スペック等
名称:RK3368
ベース:Cortex-A53
コア数:8コア
クロック数:1.5GHz
プロセス:28nm

GPUはまだ出ていないようですね。

Source:大小姐_Chanel@微博
 

通用版でモバイルネットワーク掴ませる方法判明しました↓
Meizu MX4 Pro通用版でモバイルネットワークを掴ませる方法

さて今までレビューを書いてきましたが、ちょっと気になる点が有ったので記事にしました。

問題的にはタイトル通りなのですが、結構厄介そうなんですよね。
まずMeizu MX4 Proの中国版にはChina Mobile版とChina Unicom版が有るのですが、China Unicom版じゃないとW-CDMA対応していないのでご注意を。

私はもちろんChina Unicom版を買ったのですが、(今後記事ではUnicom版を前提に記載します)どうにもLTEを掴まない。3Gしか掴まないんですよ。
そしてMX4 Proには通用版と联通版(Unicom)のFlyme OSがあり、MX4では通用版のROMを導入して普通にLTEを使用しているのですが、MX4 Proでは通用版ROMを焼いたら3Gすら全然掴まない・・・

じゃあ電波を見れていないのか、とネットワークサーチしたのですが、そこでは正常に電波を見れているんですね。
そこで登録しても電波を掴まない。機内モードオンオフしても無理。

結果諦めました。

もうどうやっても通用版で電波掴まないんです。3Gすら掴まない。稀~に掴んでも再起動するとダメ。

でも联通版(Unicom)もLTE全然掴まない。3Gはちゃんと掴むんですけどね。

でも联通版(Unicom)では一応LTEを掴ませる方法は確立したので紹介しておきます。(ドコモでしか確認してません)

①ダイヤルで*#*#4636#*#*を入力
②以下の画像の画面でB1、B3を選択して「Set Band」を選択

S50101-215832.jpg

これを実行するとLTEを掴んで通信可能です。(通用版では同様手順実施してもダメでした。)
というかこれネットワークモードにLTE/WCDMAというのが無いんですよね。Unknownが標準で選択されています。

また、再起動するとまた3Gしか掴まなくなるので、再起動するたびに上記手順が必要です。
OS更新で解消されればいいですが・・・更新されるたびに確認していこうと思います。

2015/01/01 Flyme 4.1.1.1A/Uにて確認済み
 

前回は簡単な外観紹介でしたが、今回はソフトウェア面のレビューになります^^

前回記事はこちら↓
Meizu MX4 Pro日本最速レビュー!MX4と比較しています。

まずは取りあえず測ってみたいベンチマーク結果です。

MX4 Pro
S50101-215758.jpg


MX4
S50101-215751.jpg

ベンチマーク自体は、MX4が51847点、MX4 Proが47146点とMX4 Proの方が低くなっていますが、解像度がMX4はFHD+、MX4 ProはWQHD+という事を考えると、WQHD+でこの点数が出ているのはかなり高性能だと思います。

※Meizu MX4及びMeizu MX4 Proは15:9というアスペクト比を採用しており、FHD、WQHDより若干解像度が良くなっています。

次はOSのバージョンです。Android OSのバージョン的には、MX4が4.4.2、MX4 Proが4.4.4となっていますが・・・

MX4 Pro
S50101-220030.jpg

MX4
S50101-220009.jpg

Flyme OSのバージョンに関してはMX4が4.1.6、MX4 Proが4.1.1.1とMX4の方がバージョンが上となっています。
(MX4はSmart Touchのボタンがスクリーンショットで消えていますが、MX4 Proの方は消えていないとか・・・)

これに関しては、~MX4は毎週火曜日に更新されていますが、MX4 Proは毎週更新では現在無いため、このような逆転現象が起きています。

(そういえばFlyme 4.1.5でIME入力時にはナビバー非表示にしても表示されるようになったのにFlyme 4.1.6で表示されなくなったの何故なんだ。せっかく便利になったと思ったのに)

ではお次は結構皆さん興味あるらしい日本語の対応です。(結構検索ワードで来てる・・・)
これに関しては、言語設定には日本語は無いです。これしかないです。

MX4 Pro
S50101-220250.jpg

MX4
S50101-220244.jpg

でも日本語になってますよね?一応言語に日本語を指定すること自体はmorelocale2で可能です。
root取得も簡単にできるので、日本語化も簡単です。フォントもちゃんとモトヤフォントが入っているので問題ありません。

※root取得方法は下記ブログで詳しく解説されているのでご覧ください。
Flyme OS 4.0でのRoot権限の取得方法 【Sayaka's Style -SsS-】

日本語化と一緒に心配なのがGoogle Playが入るかどうか。これも問題ありませんでした。
Meizuのアプリストアにあるこのアプリを使用して導入可能です。(でもこれMX4だと使えなかったんだよなぁ・・・)

S50101-215636.jpg

また、MX4ではOS更新するたびにGoogle Playをインストールし直さなければなりませんでしたが、MX4 ProではOS更新してもPlayはそのまま導入されています。(導入アプリの違い?)

さて、次はMX4 Proの目玉?機能の指紋認証関連です。
実際指を登録してロック解除に使用してみましたが、すぐに認証されて普通に常用可能な感じです。やっぱり便利です。

また、アプリ毎のロック解除にも指紋認証を使用することが可能で、見られたくないアプリ等にロックを掛けることも可能です。

S50101-220310.jpg

余談。MX4 ProでもLTEのみですがバンド固定可能なようです。固定は出来ますがバンド表示は出来ませんが・・・

S50101-215832.jpg


 

続記事→Meizu MX4 Proのソフトウェア面レビュー

Meizu MX4に続きMeizu MX4 Proも国内最速入手ができてとても嬉しいです☆

※写真の画質が悪くて申し訳ないです。部屋が暗いのと環境が・・・・

まずはMeizu MX4とMeizu MX4 Proの箱の比較。

IMGP0436.jpg

正直箱に関しては大きさに差異はほぼ無いですね。

では次は本体の比較。液晶サイズはMX4は5.36インチで結構デカいのですが、MX4 Proは5.5インチなのでさらに大きくなっています。

MX4 Proはホームボタンが指紋センサーも兼ねているので、物理キーになっています。ホームキーが物理なのは初代MX以来ですね。

そういえば余談ですが、MX4のホームボタンって蛍光塗料が使われているようで、電源を切っていても暗い所でうっすら浮かび上がって場所が分かるという便利機能?付きです。
MX4 Proは指紋センサーになっているので、暗い所でも何も光りません(汗)

IMGP0432.jpg

画面に関してはWQHDなのでMX4 Proの方が断然綺麗・・・なのですが、パッと見正直あんまり差がないと思います。
また、ここでは見えませんが、MX4 Proには液晶上部に通知LEDが搭載されています。

IMGP0433.jpg

MX4とMX4 Proを横に並べてみました。ちょっとMX4 Proの方が縦の長さが長いですね。

IMGP0424.jpg

MX4とMX4 Proを最高光度で表示してみました。個体差かもしれませんが、MX4よりもMX4 Proの方が液晶が黄色い感じがします。
個人的にはあまり気になりませんが、気になる人は気になるかも・・・

IMGP0437.jpg

取りあえず簡単な紹介でした。次回はソフト面をMX4と比較していきたいと思います。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。