banner.jpg

MEIZUのスマホってバンド的に日本で使えるものでは同じ型番でも2種類あるって知ってました?
末尾が「M」の物と、末尾が「U」の物。ちょっと2種類手に入れる機会が有ったので、日本で使うにはどっちでもいいのですが、何が違うのか確かめてみました。

まずこれ「M」と「U」の違いですが、「M」が「公开版」で移动と联通のLTEと3Gに対応していて、「U」が「联通版」で联通のLTEと3Gに対応しているというのが公式的見解になっています。

日本で使える3G、LTEに関してはどちらも対応は同じなので、日本で使う分にはどっちを買っても使えるバンドは変わりありません。

①外箱
P50925-101923.jpg

P50925-102021.jpg

表面と、開けた所では特になんか違いは有りません。

P50925-102057.jpg

P50925-102105.jpg

P50925-102131.jpg

こちらが裏ですが、裏の表記に一部差異が有ります。上が「M」で、下が「U」なのですが、一部対応周波数の表記が異なっているのが分かると思います。

②内部的な違いは?
では外箱は見たので次は中の情報を確認していこうと思います。まずはengineermodeで対応しているバンドを確認します。

S50925-093754.jpg

まずはFDDモードでの対応確認ですが、見ての通りMもUも対応しているバンドは全く同じです。箱の差異は何だったんでしょうか。

S50925-093839.jpg

次にTDモードの対応確認です・・・がこれも全く同じですね。

③まとめ
正直今回確認した限りでは違いが分かりませんでした。一応初期に入れられているFWは違いますが、どちらも変えることもできますし、多分違いはないんじゃないでしょうか・・・?
スポンサーサイト
 



同じ容量でも実は容量が違うということご存知ですか?


MVNO各社の容量と値段がほとんど同じになっている状況ですが、あまり比較等にも書かれていない所で違いがあったりします。それは1GBを何MBとするかということ。

1GBといいますが、これは10進法、2進法により二つの容量が存在します。

1GB = 1000MB
1GB = 1024MB

正直どっちも正しく、どちらもよく使われているのですが、実はMVNO各社でこの値が異なっています。
1GBでは差は24MBですが、GB数が増えていくにあたって結構差が開いています。

1GB = 24MB差
2GB = 48MB差
3GB = 72MB差
5GB = 120MB差
7GB = 168MB差
10GB = 240MB差


では、これらを踏まえたうえで各MVNOの1GBあたり何MBとしているかを確認していきましょう。


各MVNOの1GB = 1000MBなのか、1024MBなのかの一覧表


ブランド名1GBあたり何MBなのか3GBプランの値段
IIJ *11000MB972円
OCNモバイルONE1024MB972円 (110M/日)
BIGLOBE1000MB972円
日本通信1000MB
U-Mobile1024MB1,598円 (5GB)
So-net1024MB842円 (2GB)
DMM mobile1000MB918円
mineo (au/docomo)1024MB972円
UQ mobile1024MB1,058円

結構違いがあることがわかると思います。MVNOを選ぶ際にはこういうのも確認してみるといいと思います。

*1 IIJはクーポンをSIM内に10MBごとに付与する仕組みのため、10MB単位じゃないとシステム的にできない模様。
 

おいMX5とMX4の比較レビューの続きはまだかよ・・・とか、
おいM2 Mini自体のレビューが先なんじゃねーのかよ・・・とか

そういうご意見が非常にあるかと思いますが、取り急ぎさっさと記事にできるものだったので記事にしました。
まあ表題通りなのですが、今回キャンペーンでmineoを契約し、今月だけSMSなしのIIJとSMSありのmineoという組み合わせで所持しているのでお互いに検証してみました。

①まず認識するの?
まず肝心なのは認識するかどうか、SMSなしでもありでも問題なく認識します。以前はSMSなしのSIMでは全くデータ接続できませんでしたが、Flyme 4.5以降でしょうか?ベースバンドが変わったのか繋がるようになっています。

そしてMeizu M2 miniはデュアルスロットですが、両方にSIMを差し込んでも認識します。同時の待ち受けは出来ないので、設定から切り替える必要がありますが・・・(約10秒くらいで切り替わります。auとかソフトバンクSIMでも確認したいところ)

SIM1(SMSなしのSIMで接続)

S50909-003437.jpg

SIM2(SMSありのSIMで接続)
S50909-004509.jpg

②じゃあ安いSMSなしのSIMで良いよね?
まあ正直全く使えないという訳ではないので、少しでも安くしたいのであればSMSなしので良いかもしれませんが、今回SMSありのSIMを差し込んで分かったことが有ります。それは4Gへ上がる速度の差。

上の画像でも出ていますが、SMSなしの物はH(3G)、SMSありの物は4Gになっていますよね。これSMS有りのは切り替え後すぐに4Gに接続されるのですが、SMSなしの物はかなりの時間置いておかないと4Gに切り替わってくれません。4Gに固定しても圏外表示になってしまいます。

S50909-005225.jpg


セルスタンバイ自体は大体6%位なので、SMSなしでもあんまり気にすることはないと思いますが、4Gに中々上がらないというのを気にする人ならSMS有りを、別に気にしないって人ならSMSなしを選ぶといいと思います。

また、SMSなしの物でも一度4Gに上がれば基本的にはずっと4Gに繋がっていますので最初だけって感じですね。

他の人のブログでもMVNOの検証をしていますが、M2 miniじゃなくMX5だからなのか、ちょっと挙動が異なっているようです。
Meizu端末を購入する際に気を付けること(MVNO編)  【ReaMEIZUさん】
 

今キャンペーンで半年間800円引きという大盤振る舞いをしているmineoですが、どうせならできる限り安く契約したいものです。

ならまず節約するならなにか。新規事務手数料です。3,240円も払いたくないならAmazonでパッケージを買いましょう。
今は1,600円になっています。

mineoエントリーパッケージ au/ドコモ対応SIM(マイクロ、ナノ、標準) データ通信/音声通話 月額700円(税抜)~ <最低利用期間なし> 511015

また、ヨドバシをよく使う人ならヨドバシで買うのもいいかもしれません。以下から購入できます。1,760円ですが、ポイント10%還元で実質1,584円になり若干安くなります。
ケイ・オプティコム K-OPTI.COM mineo エントリーパッケージ

これで新規手数料が1,600円程度で済みますので、3,240円-1,600円で1,640円節約できます。


でもまだ1,600円新規手数料代わりに掛かりますよね?これをもう少し圧縮したいと思います。
その方法はポイントサイトを使用する方法。例えば下のちょびリッチを経由してmineoを契約すると1000ポイント(500円分)のポイントが貰えます。ポイント交換は1000ポイントからなのでこれだけで交換でき、Amazonギフト券や現金などに交換できます。

※なんかエントリーコードはダメって書いてありますね。。。自分やった時はポイント来ましたけどどうなんでしょ・・・?

(下のバナーから登録してくれるとかえざくらに少しポイントが・・・・)
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

1ポイントもあげたくない人は以下からどうぞw
https://www.chobirich.com/regist/

これで1,600円から-500円で実質新規手数料が1,100円になります。

最終的には何もしないで契約するより2,140円も安くすることができます。せっかくの「格安SIM」なので、少しでも安く契約してみては?
 

タイトルの通りなのですが、先日auのガラケーの白ロムを買いました。

そしてプロフィール画面で『*6#27』と入力し、回線登録確認が『0』なのを確認して購入。

回線登録確認が『1』の場合にL2ロックが掛かっている物だと思っていました。



でもこの状態で他のICカードを差し込んだらカードが異なるため使用できませんの文字が…

とりあえずauショップにてICロッククリアを行って貰ったら問題なく認識しましたので、何かおかしいわけでは無さそうです。SIMさした後回線登録確認が『1』になりました。

回線登録確認が『0』だからとICロッククリアされてるとは限らないようなのでそれだけで判断しない方が良さそうですね。

また、この件に関して何か知ってる方居たら教えてくださると嬉しいです。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。