最近日本でもMediaTekのLTE対応機がどんどん出てきていてとても嬉しい限りです。
理由としてMediaTekの端末はメーカー問わずバンド固定、接続バンドの確認ができます。
今回はその方法を紹介していこうと思います。

EngineerModeへの行き方


MediaTekの端末でバンド固定や接続バンド確認をするためにはEngineerModeという専用のモードに入らなくてはなりません。
入り方はいたって簡単。
ダイヤラで

*#*#3646633#*#*

と入力すると多くの端末はEngineerModeに推移すると思います。

もし推移しない場合は、QuickShortcutMaker(ショートカットツール)というアプリでEngineerModeを探して起動してください。

S51119-231140.jpg

EngineerMode対応状況


FREETEL 雅
Acer Liquid Z530 (アクティビティから行く必要あり)
UPQ A01
Meizu MX4
Meizu MX5
Meizu M2 Mini

バンド固定方法


EngineerModeに入ったら、一番左の「Telephony」という画面にある「Band Mode」を開きます。

S51119-231204.jpg

Band Modeに入ったら、対応してる周波数、バンドにチェックが入っているので、固定したいバンドのみにチェックを入れてください。
また、Band1とBand19のみ、Band3とBand19のみなど、複数に固定することも可能です。



また、ここで対応してる周波数も確認できます。例えば、WCDMA-800にチェックが入っていない場合はFOMAプラスエリア非対応です。

接続バンド確認(LTE)


MediaTekの端末では元々3Gの接続バンドは見れていましたが、LTEは後から対応したので別の個所に確認メニューが出来ています。

先ほどのEngineerModeを開いた時のTelephonyに戻り、今度は「LTE Infomation」を開いてください。

S51119-231204_2.jpg

そしたら一番下の「EL1」にチェックを入れ、右上の…をタップして「Check Infomation」をタップしてください。
※端末によって「Check Infomation」が表示されず、空白のボタンが出る場合が有ります。

S51119-231227.jpg

他にも色々メニュー有りますが、正直よくわかっていません・・・。誰か教えてほしいです。
開くとこんな感じで沢山表示されますが、代表的な物だけ記載しておきました。

S51119-231233.jpg

接続バンド確認(3G)


正直LTEよりややこしいです。まずは先ほどと同じようにTelephonyに戻り、今度は下の方の「NetworkInfo」をタップしてください。

S51119-231254.jpg

色々表示されるので、下の方の「3GCsceEMServCellSStatuslnd」にチェックを入れ、右上の…をタップして「Check Infomation」をタップしてください。
※端末によって「Check Infomation」が表示されず、空白のボタンが出る場合が有ります。

S51119-231303.jpg

開くとまた色々なのが出てきますが、Bandの所に接続中のバンドが表示されます(今はLTE接続の為表示されていません)

S51119-231312.jpg

このとてもいい機能。潰されなきゃいいですが・・・(SoCの方のベースに入ってるので基本的にほとんど入っていますが)
スポンサーサイト
 

最近日本でもMediaTekのLTE対応機がどんどん出てきていてとても嬉しい限りです。
理由としてMediaTekの端末はメーカー問わずバンド固定、接続バンドの確認ができます。
今回はその方法を紹介していこうと思います。

EngineerModeへの行き方


MediaTekの端末でバンド固定や接続バンド確認をするためにはEngineerModeという専用のモードに入らなくてはなりません。
入り方はいたって簡単。
ダイヤラで

*#*#3646633#*#*

と入力すると多くの端末はEngineerModeに推移すると思います。

もし推移しない場合は、QuickShortcutMaker(ショートカットツール)というアプリでEngineerModeを探して起動してください。

S51119-231140.jpg

EngineerMode対応状況


FREETEL 雅
Acer Liquid Z530 (アクティビティから行く必要あり)
UPQ A01
Meizu MX4
Meizu MX5
Meizu M2 Mini

バンド固定方法


EngineerModeに入ったら、一番左の「Telephony」という画面にある「Band Mode」を開きます。

S51119-231204.jpg

Band Modeに入ったら、対応してる周波数、バンドにチェックが入っているので、固定したいバンドのみにチェックを入れてください。
また、Band1とBand19のみ、Band3とBand19のみなど、複数に固定することも可能です。



また、ここで対応してる周波数も確認できます。例えば、WCDMA-800にチェックが入っていない場合はFOMAプラスエリア非対応です。

接続バンド確認(LTE)


MediaTekの端末では元々3Gの接続バンドは見れていましたが、LTEは後から対応したので別の個所に確認メニューが出来ています。

先ほどのEngineerModeを開いた時のTelephonyに戻り、今度は「LTE Infomation」を開いてください。

S51119-231204_2.jpg

そしたら一番下の「EL1」にチェックを入れ、右上の…をタップして「Check Infomation」をタップしてください。
※端末によって「Check Infomation」が表示されず、空白のボタンが出る場合が有ります。

S51119-231227.jpg

他にも色々メニュー有りますが、正直よくわかっていません・・・。誰か教えてほしいです。
開くとこんな感じで沢山表示されますが、代表的な物だけ記載しておきました。

S51119-231233.jpg

接続バンド確認(3G)


正直LTEよりややこしいです。まずは先ほどと同じようにTelephonyに戻り、今度は下の方の「NetworkInfo」をタップしてください。

S51119-231254.jpg

色々表示されるので、下の方の「3GCsceEMServCellSStatuslnd」にチェックを入れ、右上の…をタップして「Check Infomation」をタップしてください。
※端末によって「Check Infomation」が表示されず、空白のボタンが出る場合が有ります。

S51119-231303.jpg

開くとまた色々なのが出てきますが、Bandの所に接続中のバンドが表示されます(今はLTE接続の為表示されていません)

S51119-231312.jpg

このとてもいい機能。潰されなきゃいいですが・・・(SoCの方のベースに入ってるので基本的にほとんど入っていますが)
 

11/11日追記
11/19日から購入事務手数料が廃止されます!
実質24,192円になりました!これは最安ですね。

【A・D】端末追加購入(機種変更)時の契約事務手数料およびSIMカード再発行手数料の廃止について

そして、なんかコメント来てますが、誰もSIMとの新規手数料の話なんてしてないんですがよく読んでくださいね。既にmineo持ってる人でも事務手数料が掛かっていたのが意味不明ということです。

先日発表されたmineoのarrows m02の価格ですが、32,400円で、先行予約で10,000円のAmazonギフト券が貰えるというモノ。

実質22,400円!安い!

と誰もが思ったでしょう。しかしそれは罠だったのです。

まず、32,400円。これ税抜です。108円税抜並みに腹が立つ値段ですね。

そしてなんと端末買うのに事務手数料3000円が掛かるという意味不明な仕様。

結局

32,400+3,000-10,000=25,400円。

25400円+税2,032円=27,432円。

こういう見た目安く見せるやり方はどうなんでしょうね。