9/27追記

本日この記事にて問題にしておりました点ですが、
サイトを確認しました所、以下の言葉が付け加えられておりました。
http://superwifi.rakuten.co.jp/lte/

今回提供の端末(GL04P)は700MHz帯に対応しておりませんが、
今後発売の端末にて対応を検討していきます。

どうやら修正されたようですね。ちゃんと「GL04Pは700Mhz帯に対応していない」
という所が強調されており、わかりやすくなっていました。これでもう誤認する心配はありませんね。
担当者がこのサイトを見てくれていたのでしょうか?ちゃんと修正されて良かったです。

追記終わり


まあ要するにドコモやソフトバンク、auほどは知名度がないEMOBILEが
「楽天」というブランドを使用し、販売を促進及び知名度の向上を図ったものと思われます。

楽天側も、ポイント3倍、またkoboの無料プレゼント等で
楽天のサービスを使用してもらえるという利点がありますね。

それでそのサービス名が「楽天スーパーWiFi」という物で以下が公式サイトです
http://superwifi.rakuten.co.jp/ 楽天スーパーWiFi公式サイト

一通りサイトを見てきたのですが、一つ気になった所があります。
このページの下の方にプラチナバンド700Mhz割り当て決定!とあり
プラチナバンドでモバイル環境がさらに快適に!とあります。

・・・ちょっと待ってくださいね。700MhzってGL04P対応してませんよね?
http://superwifi.rakuten.co.jp/wifi-router/
このページにも以下のように書かれています。

通信方式
LTE(UE Category4 ※1):1800MHz
DC-HSDPA / W-CDMA:1700MHz / 2100MHz

この通りLTEでも3Gでも700Mhz帯対応していないんですね。
となるともし始まってもそのままでは使用できず、機種変更が必要になるかと思われます。
しかし先ほどのページには「快適に」「つながりやすい」等の言葉しかなく、
GL04Pが非対応であることが書かれていませんので、
一般の人は端末自体が対応している物だと誤認してしまう可能性が高いと思います。

契約し、700Mhzがスタートしてから対応していないことが分かっても、
その時にはもう違約金なしでの解約はできないと思いますし、少々問題かと思います。

スポンサーサイト
 

9/23追記 auのLTEエリアマップが「エリアマップ」でない件

まだ発表すらされていないGalaxyS Ⅳ(4)ですが、中国ではもうクローンが出ていました。

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)