タイトルの他でもというのはDoCoMo、EMOBILEやSoftBankに対してなんですね。

一部のお店等で独自に行っている場合もあるようですが、基本公式で行っているのはWIMAXのみです。

個人的にこのお試しサービス。他社でやっても利点しかないと思うんですよね。
貸し出す際はクレジットカード等で確認し、もし返却されない場合は料金を徴収する。
これで盗難対策になると思います。

では本題。このお試しサービスはキャリア側にもユーザー側にも利点があると思います。
今現在、従来の3G回線はほぼエリア内ならどこでも繋がるようになってきていると思います。

しかし、今主流になってきたLTEなどの回線はまだ発展途上でエリアも3Gに比べれば狭いです。

そこでまずユーザー側の利点として、事前にエリア、速度確認ができる事。
家や職場、通勤中の経路、またよく行く所など15日もあれば十分確認可能です。
エリアマップでは問題なくても実際使用してみたら使えなかったという事もありますし。

また基本契約は2年契約で、一定価格の物が多いです。
なので使えなくても使い続けるしかありません。
もし、解約が認められたとしても、一度契約してからでは手間が掛かりますが、
お試しでしたらそのまま返却すればいい話です。面倒な手続きも不要です。

ではキャリア側の利点は何か。それは先ほども言いましたが、
エリアマップ内で使用できる範囲だとしても、万が一家等で使用できなかった場合の
クレームを少なくできる事です。エリアが心配な人にお試しを勧めて、
問題なければ、その人も安心して契約が可能です。また、エリアの穴を発見することも可能です。

また、もしお試しをせず契約して、クレームを言ってきた場合に、
「お試しの無料サービスで確認しなかったのですか?」
という事もできます。要するに無料で試せるのに試さなかったのが悪いと言えるわけです。
(まあそんなこと知らなかったと言われたは元も子もないのですが・・・)

取りあえず、新しく始まったサービスでエリアが不安な人も多いと思います。
そういう人たちのためにWIMAX以外でもお試しサービスを始めてほしいと思います。
スポンサーサイト
 

Meizu MX2とみられるスマートフォンの画像がリーク

魅族の新端末のMeizu MX2のスペックがリーク

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。