ニュース等でソフトバンクモバイルが900Mhz帯を確保したというニュースが出ていて、

電波状況が改善すると思われます

という風に報道されていますがなぜ?と思った方も居るかもしれません。

うまく伝わらないと思いますが、説明してみたいと思います。

まず一つ誤解している人が(居ればですが・・・)

今までの携帯の電波が良くなる訳ではありません!

まあ当たり前っちゃ当たり前なんですがね・・・

もともとソフトバンクの端末は一部を除き2100Mhz帯(1500Mhz帯も対応の物もあります)のみ対応となっています。

なので元々対応していないので対応できるワケもなく・・・・

今後の端末で電波が良くなるということです。


iPhone及びHTC製の端末に関しては900Mhz帯に対応しているため、良くなる可能性があります。


また、なんで900Mhz帯を躍起になって確保しようとしているのかというと、
電波というのは周波数が低いほうが電波の飛び(というか室内等の電波の入り)がいいです。

なので2100Mhz帯よりも、900Mhz帯の方が電波の入りが良いわけです。

で、ソフトバンクは以前から電波悪い悪い言われてきましたが、

「うちはプラチナバンド(900Mhz)がないから電波悪いんだよゴルァ」

と言っていたのですが・・・
でも正直言ってSIMフリーの800Mhz帯対応していない端末のDOCOMOで比較しても、

ソフトバンク電波悪くないですか????汗

これからに期待ですね。。。


 
スポンサーサイト
 

LTE比較 ドコモXi VS EMOBILE LTE

郊外にて再度速度測定検証です。

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。