前の発表の時に記事で対応してないとか書きましたが、発売の今日に発表されましたね。

LTE対応ハイエンド・スマートフォン「STREAM X(GL07S)」がSoftBank 3Gエリアでも利用可能に
LTE対応ハイエンド・スマートフォン「STREAM X(GL07S)」でソフトバンクWi-Fiスポットが利用可能に

まあWiFiスポットに関しては5GBなんて使わない人は使用する必要はないでしょう。

まあ本題は3Gエリアで使用可能になるお話。まあ要点ごとに書いてきましょう。
①プラチナバンドに非対応
これ周波数的に900Mhz非対応です。これどう見てもわざと外したとしか思えませんよね。
なので、そこまでエリアは広くならないでしょうね。(ある程度は広くなるけど)

②3Gってデータ?それとも音声だけ?
この奴は多分優先順序的にはLTE>3G>ソフトバンク3Gとなると思いますが、
ソフトバンク3Gエリアではデータ通信できるのでしょうか?多分できると思いますが・・・。

③コレ契約上はどうなるの?
グループ会社とはいえ、一応他社の回線に乗り入れるわけなので、ローミング扱いなんでしょうか?
それともまさかコレ契約するとソフトバンクの契約も+1されるなんて事ないですよね。まさかね。
もしそうだったらどこまで必死に契約数伸ばしたいのかって思っちゃいますが。

しかし都会では、ソフトバンク3Gは無いほうが安定してるかもしれませんがね。
プラチナ無いから逆に不安定になると思いますよ。EMOBILEは繋がっていれば安定してますし。

スポンサーサイト
 

世界初のUbuntu(Touch)タブレット「U7」はATM7029搭載?

PHSx3GのDIGNO DUAL WX04KにAndroid 4.1アップデートを提供へ。

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)