今までもUbuntu(標準ARM版)が搭載されたタブレットは出ていましたが、
今回はUbuntu Touchの世界初のタブレットの話です。

どうやらオーストラリアの「Intermatrix」という会社が作っているらしく、
スペックに関しては以下の通りです。

●公称スペック
名称:U7
CPU:Cortex-A9 Quad 1.5Ghz
GPU:Vivante GC1000+
液晶:7インチ 1280x800
RAM:1GB
ROM:16GB

●多分本当のスペック
名称:U7
CPU:ATM7029 1.5Ghz
ベース:Cortex-A5 4コア
GPU:Vivante GC1000+
液晶:7インチ 1280x800
RAM:1GB
ROM:16GB

SoCに関してはGPUがGC1000なので多分ATM7029でしょう。そしてATM7029ってことはA5です。
まあこんな感じですね。しかし、Nexus7にてプレビューした際あまり良く動かなかったらしく、
正直それより低いスペックで満足に動くのでしょうかね・・・?
スポンサーサイト
 

3/14日追記 ソフトバンクの4G(AXGP)が酷い件。

GL07Sへソフトバンク3G網&WiFiスポットが使用可能に。ちょっと意見込み。

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。