Wi-Fiルーターの位置情報ってなに?って思う方も居るかもしれませんが、

本体に位置情報が有るわけではなく、Wi-FiのSSIDに位置情報が保管されてたりするんですよね。

一番注意したいのは初期のSSIDのままで使用している人。

初期状態のSSIDの位置情報が例えば自宅とかで登録されちゃうと、もし手放した際に住所がばれてしまう可能性が有ります。

じゃあ登録しなきゃいいじゃんって事なんですが、
これ勝手に登録されちゃうので、初期のSSIDで使用している場合は対処方法は無いです。

なので、まずモバイルWi-Fiルーターは初期SSIDのままで使用しない事。

あとはSSIDの最後に「_nomap」を付ければ勝手に位置情報が登録されないので安心です。

固定のWi-Fiルーターは位置情報登録されても問題ないですが、

モバイルWi-Fiルーターは変に登録されるとマップで関係ない所が現在地として出たりして弊害が多いので「_nomap」を付けることを推奨します。
スポンサーサイト
 

「Xiaomi Mi4」にマルウェアがって話が有ったのでMi3の中を確認してみた。結果問題なかった。

楽天WiMAXがW01をセットにした、2年間無制限プランを行っている模様。

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)