4/27日より発売される401HW専用(現在)のプラン。「Pocket Wi-FiプランS」だそうです。
ん・・・?

契約種別「さんねん」

(つд⊂)ゴシゴシ

契約種別「さんねん」

(;゚ Д゚)

え?ついに3年縛りですか?そしてウリ?が

「月々のお支払いをセーブ。リーズナブルに使うなら。」

いや、他のプランと値段変わってないし。
というか無制限(制限が無いとは言っていない)のPocket Wi-Fiプラン+と値段同じってのがまずおかしいでしょ。

※Pocket Wi-Fiプラン+(305ZT)の悪評に関してはこちらを参照願います^^
やっぱり予想通りの305ZTの制限強化の流れ。いつものソフトバンクの汚いやり方。
3日1GB制限発動!305ZTが3日1GB使用すると下り1Mbpsにする規制を始めたようですよ。


じゃあ制限が無いのか。そんな訳ないわけで、7GB制限は良いとして、いつもの3日1GB制限に関しても記載が追加されていました。

通信速度の制御について←ここにPocket Wi-FiプランSも記載されています。

7GB制限で、3日1GB制限、動画規制、画像強制圧縮と。こんな酷い回線を3年間も縛り付けるんですか??

そして端末も画面もない、CAも非対応な上、LAN側は1アンテナの65Mbps(実質40M程度でしょう)の最廉価機レベルの代物。

壊れたらSIM差し替えようにもプランを変えてきている以上IMEI制限が掛かっている可能性が高いですし。(実際Pocket Wi-FiプランとPocket Wi-Fiプラン+でのSIMの差し替えは不可)

Pocket Wi-Fiプラン AXGP+LTE Band3+3G 2.1GHz+3G 1.7GHz+3G 1.5GHz
Pocket Wi-Fiプラン+ AXGP+LTE Band1+LTE Band3+LTE Band8+3G 1.7GHz (CA対応)
Pocket Wi-FiプランS AXGP+LTE Band1+LTE Band3+LTE Band8+3G 1.7GHz (CA非対応)


対応ごとにプランを分けているという・・・非常にわかりずらい。

だれかこのプランの有利点を教えていただけないでしょうか?Huaweiに対するイジメでしょうか?
どう考えてもZTEの305ZTの方が値段的にもスペック的にも優遇しているような気がしてならないんですけどねぇ・・・
(でも305ZTの制限で大炎上してて「305ZT 遅い」などと機種名言われてるので微妙なのかも)

そういえば「Pocket WiFi」と「S」の組み合わせ。なんか懐かしい感じがしたんですよ。
かなり前にHuaweiのIDEOSって端末が「Pocket WiFi S」として発売されてたんですよね。
Pocket WiFi S (S31HW)

いやーGL01P発表した時のEMOBILEとHuaweiのドヤァ感はとても良かったんですけどねぇ。
端末の安定感も抜群でしたし、回線も変な制限ナシ、地下鉄でも使えると文句なかったのに・・・。

今やそんな過去の栄光も無くなりどうしようもないキャリアに成り果ててますけど。
正直今のPocket WiFi買うならアウトレットのGL04P買った方が確実に幸せになれると思いますよ(エリア内なら)

Y!mobile オンラインストア(GL04P) 月々2,550円ですよ。そして変な画像圧縮とかもないですし。

スポンサーサイト
 

305ZTの件でY!mobileにサポートセンターに電話する人へ。0570なんかに掛けなくて良い

(対策されました!もうできません!!)ヨドバシポイントを最大限現金化及び有効活用する方法。。。。

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)