Flyme 4.5からAndroid 5.xになり、Xposedがそのまま入れられなくなりました。

端末エミュレータなどからも入れられるのですが、今回簡単に入れられるアプリを見つけたので紹介します。

「魅化UI」というアプリなのですが、Google Playにはないので、公式のAppCenterで「魅化UI」と検索してください。





まず、Xposedの導入方法です。

S50627-102037.jpg

囲われているところを選択します。

S50627-102105.jpg


この画面になったら下の下載を選択し、ダウンロードが完了したら開く…それだけです。



すると自動的に再起動が掛かるので、起動完了まで待っていてください。
※ブート中に何度も再起動掛かりますが、異常ではありません。

起動完了後、Xposedを開くとこんな感じで導入完了していると思います。





またこのアプリですが、他にもアンテナバーのデザインを変えたり、フォントを変えられたりと色々便利なので、MEIZUユーザーは入れておいて損はないと思います。









あともともとサクサクなのであまり使うことがないとも思いますが、MX4 Proの解像度をFHD+に切り替える機能もあります。

スポンサーサイト
 

Y!mobileがどうしようもないプランを発表。AXGPだけ無制限(7GB制限なし)で今までより高い!

UQ WiMAXは「通信の最適化」を行っているのか?問い合わせてみた。

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)