FC2ブログ

今日出ていた情報なのですが、どうやらRedmi2は2.3GhzのMT6592Tを使用する模様です。

Antutuとか出てくるのを期待ですね。

また、その他の仕様ですが、5.5インチHD、800万画素カメラを搭載し799元で4月頃に発表される見通しです。

また、LTEには非対応とのこと。まあまだ出てないですしね。

Source:红米2代曝惊人消息!

 



Xiaomi Mi4の物ではないかと見られるベンチマーク結果がリークされていました。

これによると、CPUがMSM8974AC、Android 4.3搭載、液晶解像度が1920x1080、カメラに関しては背面1300万画素、前面800万画素となっています。

また、RAMが3GBに増えているようですね。

しかし、確かにスペックは上がっていますが、劇的に上がっているわけではないため、Mi3Sの物ではないかとも言われています。

Source:小米4硬件配置曝光:3GB RAM+1080P屏幕
 

やっと。。。。やっとXiaomi Mi3が到着しました。

本当はもっともっと早く手に入るはずだったのですが、
買った先の業者が最初違う物送ってきて何だかんだで届くまでひと月程度掛かりましたorz

そんなこんなでなんとなんと今日アスキーに書かれてしまったという悲惨な出来事。
なので外見レビューに関しては以下をご覧ください。(暗くて上手く撮れなかったからというのは内緒)
アップル、サムスン、ソニモバも恐れるシャオミの最新スマホ『Mi3』レビュー

では今回は取りあえず皆さんが気になるであろう下記の点に関してのレビューというか解説です。
①Google Play入るの?
まず単刀直入に答えを言ってしまうと入ります。しかし元の状態では入っていません。

Screenshot_2013-11-27-20-59-12.png

なのでまずは独自マーケットを開き、
「Google Play」と検索してトップに出てくる「谷歌応用下載器」をインストールします。

Screenshot_2013-11-27-20-59-55.png

Screenshot_2013-11-27-20-59-37.png

そしてこのアプリでGoogle Playをインストールすると、
他の必要な物も同時にインストールされるのでそちらもインストールします。
※この後でGoogle Playがうまく起動しないときは、一度アンインストールして再度インストールしてください。

②root権限取れるの?

これももちろん?取れます。しかしsetting内をいくら見回してもありません。じゃあどこにあるか。
ホーム画面上に「permission」というアプリがあり、そちらに入っています。

Screenshot_2013-11-27-20-53-21.png

端末のみで取れるので簡単ですね。これで有効にしたらSuperUser等のソフトでsuの更新をお勧めします。

あとroot取った場合には(というか取らなくても)
NANDメモリー上にMIUIのzipファイルを「update.zip」とリネームして置いておいてください。

こうすることによってリカバリーから焼くことができ、もしもの際に復元可能です。

取りあえず気になる点だけ急ぎで書いてしまいました。
というかROMに関してはMIUIなので色々な端末で試せるのであまりやる意味を見いだせないのですが・・・

ちなみに直販価格は1999元ですが、
日本に住んでいるとなかなか難しいと思うので買う際は+10kを覚悟しておいた方が良さそうです。
 

Xiaomi Mi3については今現在TD版しか発売されていませんが、
ようやくW-CDMA版が発売されるようです。

TD版との違いは
①名前の通りW-CDMA対応
②CPUがTegra4ではなく、MSM8974AB搭載
③無線LANがac対応。

スペックに関しては以下の通りです。
名称:Xiaomi Mi3 (W-CDMA)
SoC:MSM8974AB 2.3Ghz
画面:5インチ 1920x1080 IPS液晶
内蔵メモリ:16GB/64GB
RAM:2GB
無線LAN:IEEE802.11 ac/n/g/b
Bluetooth:v4.0
その他:NFC対応、OTG対応

価格:1999元(16GB)/2499元(64GB)

Source:小米3联通版12月19日开卖 搭配小米路由
 

先日小米红米手机2(Xiaomi Red Ice2)がMT6592を搭載して登場するとの話が出ていましたが、
どうやらMT6588を搭載した紅米1S(Xiaomi Red Ice 1S)も出る模様です。

MT6588は4コアで周波数が最高1.7Ghz、GPUがMali450なのはMT6592と同一ですが、
クロック数がMT6592の700Mhzから600Mhzに落とされています。

こちらも続報に期待ですね。

Source:红米2真八核明年 小米或推MT6588红米1S